松平信宝 (上山藩主)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平信宝
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 文化14年5月19日1817年7月3日
死没 明治5年3月7日1872年4月14日
別名 茂三郎(通称)、鶴山(号)
戒名 浄桜院殿光誉法玉鶴山大居士
墓所 山形県上山市軽井沢の浄光寺
官位 従五位下、山城守、中務少輔
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉家慶家定家茂
出羽上山藩
氏族 藤井松平家
父母 父:松平信行、母:三橋氏
正室戸沢正胤の娘)
継室松平宗発の娘
側室:吉田氏、土屋氏、茂木氏
信庸信安、娘(青木重義正室のち久世広業正室)、典子(山内豊福継室)、娘(生駒親敬正室)

松平 信宝(まつだいら のぶみち)は、江戸時代後期から幕末大名出羽上山藩の第8代藩主。藤井松平家嫡流14代。

生涯[編集]

文化14年(1817年)5月19日、第7代藩主松平信行の長男として生まれる。天保2年(1831年)10月9日、父の隠居により家督を継いだ。同年12月に叙任する。外桜田門番、和田倉門番、大坂加番などを務め、天保の大飢饉では飛び地領から米を輸送し領民の救済に充てた。天保11年(1840年)に天輔館に代わる新たな藩校を設置し、名を明新館とした(現在の山形県立上山明新館高校の起源)。安政6年(1859年)、領内に社倉を設置して農民に米穀の備蓄をさせた。文久2年(1862年)4月6日、長男の信庸に家督を譲って隠居し、明治5年(1872年)3月7日に死去した。享年56。