松平重忠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平重忠
時代 安土桃山時代 - 江戸時代初期
生誕 元亀元年(1570年
死没 寛永3年7月1日1626年8月22日
別名 伝三郎(通称)、重政
戒名 桐林院英誉長安大居士
墓所 東京都文京区小石川伝通院
官位 従五位下、丹後
幕府 江戸幕府
主君 徳川秀忠家光
遠江横須賀藩主→出羽上山藩
氏族 能見松平家
父母 父:松平重勝、母:鳥居忠吉の娘
兄弟 重忠重長重則重信勝隆岩瀬氏与
正室戸田忠次の娘
娘(屋代忠正継室)、娘(松平重直正室)
養子:重直

松平 重忠(まつだいら しげただ)は、安土桃山時代から江戸時代初期の武将大名遠江国横須賀藩2代藩主、出羽国上山藩初代藩主。杵築藩能見松平家2代。

生涯[編集]

横須賀藩初代藩主・松平重勝の長男。慶長17年(1612年)に大番頭となる。慶長19年(1614年)に大坂の陣が始まると、冬の陣では大坂城攻め、夏の陣では伏見城守備を担当した。元和7年(1621年)、駿府城代に任じられた。同年に家督を継ぎ横須賀藩主となる。元和8年(1622年)には出羽上山藩4万石に加増移封された。寛永3年(1626年)7月1日、57歳で死去。

将軍徳川秀忠の命により跡を継いだ、小笠原秀政の四男で婿養子の重直は、1万石の減封をもって摂津三田藩3万石に移封となった。