松平重則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平重則
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 天正8年(1580年
死没 寛永18年12月27日1642年1月27日
改名 半次郎、伝次郎(幼名)→重則
戒名 松厳院殿憲誉珠宝大居士
墓所 東京都千代田区麹町の心法寺
官位 従五位下内膳正大隅守
幕府 江戸幕府
主君 徳川秀忠家光
上総百首藩主→下野皆川藩
氏族 能見松平家
父母 父:松平重勝、母:鳥居忠吉
兄弟 重忠重長重則重信勝隆
岩瀬氏与室ら
正室:屋代秀正娘・称光院
重正西郷延員正室、神保茂明継室、
松平勝隆養女

松平 重則(まつだいら しげのり)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将大名上総国百首藩主、下野国皆川藩初代藩主。官位従五位下内膳正大隅守

生涯[編集]

天正8年(1580年)、松平重勝の三男として誕生。

慶長3年(1598年)から徳川秀忠の家臣として仕えるようになり、慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、秀忠に従って信濃国上田城攻めに参加した。その後、伏見城二条城の城番となり、慶長18年(1613年)には御徒士頭となる。元和2年(1616年)に秀忠の弟・松平忠輝が改易された際、その蟄居を伝える使者役を務めた。

元和7年(1621年)1月21日に大番頭となる。寛永3年(1626年)12月に叙任する。寛永10年(1633年)4月23日、4000石を加増されて合計1万500石の大名となり、上総百首藩主となる。

寛永17年(1640年)に下野皆川藩に移封されたが、翌年12月27日に死去した。享年62。跡を長男・重正が継いだ。