松平親明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平親明
時代 江戸時代後期
生誕 天明5年5月11日1785年6月17日
死没 文政8年11月12日1825年12月21日
改名 直之助(幼名)→親明
戒名 剛中院
墓所 東京都台東区松が谷海禅寺
官位 従五位下備中守
幕府 江戸幕府 奏者番
主君 徳川家斉
豊後杵築藩
氏族 能見松平家
父母 父:松平親貞、母:岸本氏
養父:松平親賢
兄弟 親明大久保親知松平信愛正室、
土井某室、有馬純長養女
正室:戸田忠翰娘・亀都
親良勝敬親淳親直

松平 親明(まつだいら ちかあきら)は、江戸時代後期の大名豊後国杵築藩8代藩主。杵築藩能見松平家11代。官位従五位下備中守

略歴[編集]

6代藩主・松平親貞の次男として誕生。享和元年(1801年)4月13日、松平親賢の養子となる。同年5月15日、11代将軍徳川家斉に拝謁する。同年12月16日、従五位下備前守に叙任する。後に志摩守に改める。

享和2年(1802年)11月20日、養父・親賢の死去により、家督を相続する。文政元年(1818年)8月24日、奏者番に就任する。親明自身は能楽に秀でていたと言われているが、藩政においては百姓の逃散や一揆打ちこわしが相次ぐなど多難を極めた。

文政8年(1825年)11月12日、死去。享年41。跡を長男・親良が継いだ。

系譜[編集]