海禅寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

海禅寺(かいぜんじ)は、東京都台東区松が谷三丁目にある臨済宗系の単立寺院振袖火事の後、現在の浅草に移る。蜂須賀氏の庇護あつく、世に「阿波様寺」と呼ばれた。

かつては、臨済宗妙心寺派に属する禅宗寺院で、大雄山と号し、寛永元年(1624年)神田明神の北、妻恋に草創。江戸における妙心寺派触頭のひとつであった。

本尊・釈迦如来、開山・覚印周嘉、開基・曽我主計頭尚祐。海禅寺の称は、下総 守谷の高野(現在、茨城県守谷市高野)に現存する大雄山 海禅寺(平将門]]が創建したとされる(同寺の寺紋は、平将門に由来する九曜紋)の同名の寺の山号 寺名を引き継いだものである。(守谷の海禅寺の現住職は、浅草の海禅寺を うちの分家寺であると言っている)。梅田雲浜の墓があることでも知られる。 なお 覚印は、後に 元禄九年三月 無疑浄光禅師を諡られた。(無疑の疑は、正しくは疑の左に石が付く) 覚印は、常陸国真壁(現 茨城県桜川市真壁)の生まれであると江戸幕府に寺籍調査票の開創由緒にて上申している。 更に 覚印は 那須、黒羽の 東山 雲厳寺 中興開山の 無住妙徳禅師の 法孫にあたる。 また 海禅寺は 正法山 妙心寺 東海派の 江戸府内における最初の寺院であった。海禅寺は、前述のとおり、現在は単立ではあるが、最大時には、三浦半島、甲斐国など広範囲に子院および塔頭を配し、その数 40ヶ寺をこえる 大寺院であった。開山忌は12月である。

関東大震災で大被害、また東京大空襲では時の住職以下九名が死亡した。

塔頭[編集]

  • 霊梅軒(開基は蜂須賀阿波守。霊梅寺と改称し現地に所在)
  • 泊船軒(開基は近藤織部正。先住の隠居所であった荒川区荒川へ移転)
  • 寒窓軒(開基は加藤遠江守。廃寺)
  • 瑞光庵(開基は松平下総守。松平清道を葬る。廃寺)

江戸時代の主な檀家[編集]

大名[編集]

旗本[編集]

町人[編集]

  • 三谷三九郎(豪商)

関係する著名人[編集]

近隣情報[編集]

  • 合羽橋道具街(プロ向の厨房器材が豊富)
  • 台東区立中央図書館(池波正太郎記念文庫、郷土・資料調査室など)

外部リンク[編集]