竹中重義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
竹中 重義
時代 江戸時代前期
生誕 不詳
死没 寛永11年2月22日1634年3月21日
別名 重興
官位 従五位下、采女
幕府 江戸幕府
豊後府内藩
氏族 竹中氏
父母 父:竹中重利、母:竹中重元の娘
兄弟 重義重信
正室:松平康重の娘
源三郎、娘(西尾忠照正室)、娘(秋之坊安順正室)

竹中 重義(たけなか しげよし)は、江戸時代初期の大名豊後府内藩2代藩主。初代藩主竹中重利の長男。

概要[編集]

徳川秀忠長崎奉行として抜擢された。幕府の意向に従って過酷なキリシタン弾圧を実施し、穴吊りなど多くの拷問法を考案した。記録上、汚職を咎められ切腹させられたことになってはいるが、事実は重義が秀忠の寵臣であったため、徳川家光に代替わりした時に粛清されたものと思われる。

生涯[編集]

元和元年(1615年)に父重利の跡を継いで藩主となり、配流された松平忠直を府内に迎えている。寛永6年(1629年7月27日水野守信に代わって長崎奉行に着任する。重義を長崎奉行に推したのは土井利勝で、それまでの長崎奉行は幕府の3000石級の旗本から選ばれるのが慣例であり、大名クラスが抜擢されたのは異例であったとされる(幕末まで長崎奉行に任ぜられた万石クラスの人物は重義を入れて2名のみ)。重義の時代に壮絶なキリシタンの弾圧が行われ、穴吊りなど多くのキリシタンを殉教棄教に追い込んだ拷問が考案された。さらに肥前島原藩松倉重政の勧めで雲仙地獄におけるキリシタンの拷問を開始、多くのキリシタンが殉教した。寛永8年(1631年)には有名な絵踏み(踏絵)が初めて雲仙で行われたという記録が残っている。

寛永9年(1632年)に大御所秀忠が卒し、家光が完全に権力を握ると、最初の鎖国令を発した。これと連動するかのように、重義は密貿易など職務上の不正を訴えられた。すでに寛永6年(1629年)10月に書かれた平戸オランダ商館長の手紙には、「彼が幕府にしか発行できない朱印を勝手に発行して東南アジアとの密貿易に手を貸している」とある。調査の結果、寛永10年(1633年)2月に奉行職を罷免され、切腹を命じられた。寛永11年(1634年)2月22日、嫡子源三郎と共に浅草海禅寺で切腹、一族は隠岐に流罪となった(検死役は前任の長崎奉行で、当時大目付であった水野守信であった)。これにより府内藩竹中氏は改易・廃絶となった。

『通航一覧』によると、堺の商人・平野屋三郎右衛門が、己の妾を重義に奪われ挙句に追放になったとして江戸の町奉行に訴え、その際に重義の不正の数々を告げた。取り調べたところ、それに間違いなしとして、重義は処罰されたとある。また、『バタヴィヤ城日誌』によると、告発者は長崎代官末次平蔵とその他数名の長崎町民で、竹中采女正が唐人の貨物を着服したり、自ら国禁の海外貿易に手を染めているという訴えであったとしている。