松平近禎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平 近禎
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 寛文5年7月24日1665年9月3日
死没 享保10年8月24日1725年9月30日
改名 巳之助(幼名)
戒名 大智院
墓所 東京都文京区小石川の伝通院
官位 従五位下筑前守、相模守、阿波守、右近将監、対馬
幕府 江戸幕府奏者番寺社奉行
主君 徳川綱吉家宣家継吉宗
豊後府内藩主
氏族 松平氏大給松平家
父母 父:松平近陳、母:阿部重次の娘
兄弟 近禎近苗、娘(三宅康雄正室)
正室形原松平典信の娘
虎之助(長男)、娘(植村家敬正室)、娘(松平近貞正室)、娘(内藤頼卿正室)
養子:近貞

松平 近禎(まつだいら ちかよし)は、豊後府内藩の第3代藩主。一生系大給松平家5代。

第2代藩主・松平近陳の次男。母は阿部重次の娘。

宝永2年(1705年)11月11日、父の隠居により家督を継ぐ。奏者番寺社奉行を兼務した。藩政においては新川新港の建設や、城下でたびたび起こる火事に備えての防水路拡大建設に努めている。長男の虎之助は早世していたため、甥で婿養子近貞が跡を継いだ。