松平近貞 (豊後国府内藩主)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 近貞(まつだいら ちかさだ、元禄2年1月22日1689年2月11日) - 宝暦7年5月13日1757年6月29日))は、豊後府内藩の第4代藩主。一生系大給松平家6代。

三河田原藩三宅康雄の次男で、母は2代藩主松平近陳の娘。正室は3代藩主松平近禎の娘。子に松平近形(長男)、三宅康之(次男)、娘(土岐頼煕正室)、娘(大給松平近朝室)、娘(久松松平定秀正室)、娘(堀田一敦室のち島津忠瑛室)、娘(加藤泰宦正室)、娘(阿部正賀正室)。官位は従五位下、主膳正、対馬守。

正徳2年(1712年)正月、先代藩主で母方のおじの近禎の婿養子となり、享保10年(1725年)の近禎の死去により跡を継いだ。享保の大飢饉や享保17年(1732年)の虫害による大被害で藩財政は一気に悪化し、幕府から3000両の金を借用して何とかする有様であった。寛保3年(1743年)4月にも城下で大火が起こり、幕府から2000両借用するなどして藩財政は破綻した。

このため、租税政策を重点において定免制度の制定や厳しい倹約令の制定、さらに商人から御用金をせしめて藩財政を再建しようとしたが、やがて失意のうちに延享2年(1745年9月18日、家督を長男の近形に譲って隠居した。宝暦7年(1757年5月13日、69歳で死去した。法号は雲晴院。墓所は東京都小石川の伝通院大分県浄安寺