松平近信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平近信
時代 江戸時代後期
生誕 文化元年10月8日1804年11月9日
死没 天保12年3月28日1841年5月18日
改名 前田利阜(初名)、松平近信
戒名 寂静院心誉所著超勝
墓所 大分県大分市荷揚町の浄安寺
官位 従五位下信濃守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉家慶
豊後府内藩
氏族 前田氏大給松平家
父母 前田利幹佐々登娘八百
松平近訓
兄弟 近信前田利民前田利親、恵子、
鋭子、栓子、育子、誼子、前田利貫
前田利威前田利愛前田利豁
花房利種
松平近訓養女
近説近章
テンプレートを表示

松平 近信(まつだいら ちかのぶ)は、江戸時代後期の大名豊後国府内藩9代藩主。親清流大給松平家13代。

生涯[編集]

文化元年(1804年)10月8日、富山藩9代藩主・前田利幹の次男として誕生。母親の八百は松平志摩守家臣・佐々登の娘で、利幹の側室。初名は前田利阜(まえだ としおか)。天保元年(1830年)6月1日に11代将軍・徳川家斉に拝謁する。同年12月16日に従五位下、信濃守に叙位・任官する。天保2年(1831年)2月24日に8代藩主・松平近訓の隠居に伴い家督を継いだ。

しかし藩政の実権は、隠居していた6代藩主・松平近儔が握っていた。天保11年(1840年)に近儔が死去すると、養父の近訓と共同して藩政を行なったが、藩財政がさらに悪化する中での天保12年(1841年)3月28日に死去した。享年38。跡を養子・近説が継いだ。

系譜[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]