松平近儔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平近儔
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 宝暦4年3月27日1754年5月18日
死没 天保11年2月16日1840年3月19日
改名 秀之助(幼名)→近儔
諡号 不騫
戒名 光沢院馨誉香華月不騫
墓所 東京都文京区小石川伝通院
官位 従五位下長門守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家治家斉
豊後府内藩
氏族 大給松平家
父母 父:松平近形
兄弟 近儔蒔田定祥近義酒井忠恭継室、紀井
正室:松平乗佑
近賢近訓近喜近思
松平乗尹正室、大関増陽正室、
大沢基昭正室、松平近訓養女、
石川総登正室
養子:近義
テンプレートを表示

松平 近儔(まつだいら ちかとも)は、江戸時代中期から後期にかけての大名豊後国府内藩6代藩主。一生系大給松平家8代。官位従五位下長門守

生涯[編集]

宝暦4年(1754年)3月27日、5代藩主・松平近形の長男として誕生。明和7年(1770年)7月21日、父が病気を理由に隠居したため家督を継いだ。天明6年(1786年)から天明7年(1787年)、享和元年(1801年)の虫害による大凶作を始め、災害や大火が相次いで藩財政は逼迫した。その一方で文武を奨励し、府内藩の文武の発展に尽力している。

実子・近訓が幼少のため、文化元年(1804年)12月6日に弟・近義を養子として家督を譲り隠居した。しかしその後も藩政の実権を握り、文化4年(1807年)に近義が死去すると近訓を藩主として擁立し、やがて近訓とも藩政改革をめぐって対立したため、天保2年(1831年)に隠居させてその養子である近信を擁立し、自らは天保11年(1840年)2月16日に死去するまで藩政の実権を握り続けた。享年87。

系譜[編集]