踏み絵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イエス・キリストの踏み絵
聖母マリアの踏み絵

踏み絵(ふみえ)とは、江戸幕府が当時禁止していたキリスト教カトリック教会)の信者(カトリック教徒)を発見するために使用した絵。本来、発見の手法自体は絵踏(えふみ)と呼ばれるが、手法そのものを踏み絵と呼ぶ場合も多い。当初は文字通り紙にイエス・キリスト聖母マリアが描かれたものを利用したが、損傷が激しいため版画などを利用し、製や金属製の板に彫られたものを利用するようになった。絵踏が廃止されると、そのまま廃棄されたり再利用されたりしたため、現存するものは少なく、表面が磨滅した形で現存しているものも多い。

また上記から転じて、ある事柄への該当者や反対者をいぶりだすために用いる道具や、その手段を「踏み絵」と呼ぶことがある。

経緯[編集]

江戸幕府は、1612年慶長17年)徳川家康によるキリシタン禁令1619年元和5年)徳川秀忠によるキリシタン禁令の高札設置などの度重なるキリスト教の禁止を経て、1629年寛永6年)に絵踏を導入、以来、年に数度「キリシタン狩り」のために前述したキリストや聖母が彫られた板などを踏ませ、それを拒んだ場合はキリスト教徒として逮捕、処罰したとされる。踏み絵の発案は、オランダ人によるアイデア説・沢野忠庵説など様々であるが不明である。[1]

初期の段階ではキリシタン狩りに効果があったとされたが、次第に内面でキリスト教を信仰さえすればよいという考えが広まり、役人の前では堂々と絵踏みをするが、密かに神に祈って許しを請う信者が現れ始める。そのため、後期には必ずしも『キリシタン狩り』の効果は上がらなかったといわれている。

この踏み絵に関しては、海外の記録にも残り、張登桂が1828年(明命9年)に著した『日本聞見録』という小録の中に、長崎の役所でベトナム人が四角の銅器の上に人形を陽刻したものを踏ませられたことが記されており、その理由を知らず、不思議がると、長官が、「昔、西洋人が宗教のため、乱を起こしたので、橋や道路に西洋教主の形状を刻したものを置き、同国人に踏ませ、西洋人が来ないようにしたのだ」と説明したとされる[2]

1856年4月13日安政3年3月9日)、長崎・下田などの開港地で踏み絵が廃止される。ただし、キリスト教に対する弾圧自体は明治維新後もしばらく続き、明治政府1868年に出した禁令の高札(五榜の掲示)の中でキリスト教の禁止を示している。しかし、1873年明治6年)に高札を撤去したことで日本におけるキリスト教弾圧は終わりを迎えた。

用語[編集]

  • 前述の通り、「踏み絵」とはキリストやマリアが彫られているそのものの名前のことであり、「絵踏み」とは絵を踏ませる行為・手法そのもののことである。
  • したがって、「踏み絵」と「絵踏み」は同義語ではない。

正月行事と季語[編集]

寛永5年から幕末期の安政4年まで、長崎奉行所では毎年正月(旧暦)に踏み絵を行うことが正月行事の1つであった[3]。このことから「絵踏」は春の季語とされている。

絵踏して生きのこりたる女かな[4]  虚子

脚注[編集]

  1. ^ http://www.nchs.nagasaki-city.ed.jp/oranda/endou/fumie.html
  2. ^ 松本信広 『ベトナム民族小史』 岩波新書 (5刷)1974年(1刷1969年) pp.162 - 163
  3. ^ 『季寄せ 改訂版』 34ページ / 虚子編 1983年 三省堂
  4. ^ 明治生まれの虚子には長崎の絵踏を見た経験はなく、世間に流通する絵踏のイメージをふまえつつ、経験者との出会いを詠んだ句であろうか。多聞庵の日々によれば、多くの日本人にとって長崎の絵踏は、「丸山遊女の絵踏の錦絵を見るなどして、華やかなものとして存外捉えていたのかも知れない」[1]という。

関連項目[編集]

作中において、日本を訪れたイギリス人主人公ガリヴァーが、踏み絵を拒否する場面がある。作中では日本に来訪するオランダ人が踏み絵を行うとされ、商売のためなら神にすら不敬な態度を取るオランダ人を批判する内容になっている。
作中において、イギリス人たちが馬鹿馬鹿しいと笑いながら踏み絵をする場面がある。

外部リンク[編集]


執筆の途中です この項目「踏み絵」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。