阿部知二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1949年

阿部 知二(あべ ともじ、1903年明治36年)6月26日 - 1973年昭和48年)4月23日)は、日本の小説家英文学者、翻訳家である。

人物[編集]

1903年明治36年)6月26日岡山県勝田郡湯郷村大字中山(現・美作市中山)に出生。父は阿部良平、母はもりよ。次男。中学教師であった父の赴任により、生後2ヶ月で島根県大社町に移り、さらに9歳のとき姫路市坊主町(ぼうずまち)に移る。旧制姫路中学(現・姫路西高校)を5年制のところを4年で修了し、旧制第八高等学校(現・名古屋大学)文科甲類(英文学科)、東京帝国大学(現・東京大学英文学科を卒業。兄・公平の影響で文学に近づき、短歌を学んで島木赤彦に接し、またトルストイチェーホフを愛読する。東京帝大時代にはじめての小説「化生」を大学の文芸部の雑誌「朱門」に発表し、その後、小説を中心に取り組む。1930年昭和5年)、27歳で雑誌新潮に「日独対抗競技」を発表してデビュー。同年、「主知的文学論」を発表、また結婚する。1936年発表の『冬の宿』が代表作となる。その後も小説や翻訳を発表し、明治大学教授として英文学を講じる。1941年白鯨』を初めて訳し、これが翻訳の代表作となる。1954年の長編『人工庭園』は、女子寄宿舎を描いて、「女の園」として木下恵介監督で映画化、キネマ旬報ベストワンになった。

翻訳も活発に行い、「世界文学全集」の編者として翻訳界の盟主の観があった。シャーロック・ホームズシリーズの訳者としても知られる(創元推理文庫)。「捕囚」の口述筆記中に、1973年昭和48年)4月23日、食道ガンのため死去。69歳。河出書房新社より、『全集』全13巻が出された。

戦後は「新日本文学会」に所属、世界ペンクラブ大会日本代表として各地の平和運動に感銘を受けるなど進歩的文化人としても活躍した。しかし戦時中は「無限の発展の可能性を包蔵するところの新世界創造の時機が来た。わが民族に与えられたこの使命は元より歴史の始原のときから明らかになっていたことではあるが、同胞は今更にこの偉大な自己発見の感動に打たれている」(昭和十七年七月『婦人公論』誌掲載「闇を追う光明の戦」)という戦争讃美や陸軍宣伝班員として敵性図書の検査・没収を行っていた。戦後イギリスの新聞記者に「イギリスの捕虜を殺す間接の手伝いをしたかもしれない」と書かれたことがある。暴露本『進歩的文化人 学者先生戦前戦後言質集』には阿部について、つぎの副題が付けられている。

阿部知二(作家・日本文学学校長)戦争謳歌で浮かれ狂う便乗作家

『進歩的文化人 学者先生戦前戦後言質集』全貌社、昭和32年

長男は阿部良雄フランス文学者、東京大学名誉教授)、次男は阿部信雄(1948-、美術評論家・元ブリヂストン美術館学芸部長)。

作品[編集]

小説[編集]

  • 『恋とアフリカ 短篇集』新潮社(新興芸術派叢書) 1930
  • 『海の愛撫』新潮社 1930
  • 冬の宿』第一書房、1936 のち新潮文庫、角川文庫、岩波文庫
  • 『幸福』河出書房(書きおろし長篇小説叢書) 1937
  • 『幻影』版画荘 1937
  • 『北京 長編』第一書房 1938 のち角川文庫
  • 『微風』創元社 1939
  • 『光と影』新潮社 1939
  • 『街』新潮社 1939 のち角川文庫
  • 『風雪』創元社 1939 のち角川文庫
  • 『朝霧』新潮社 1940 のち角川文庫
  • 『旅人』創元社 1941
  • 『たをやめ』新潮社 1941
  • 『孤愁』利根書房、1941
  • 『道』新潮社、1941
  • 『貴族』文芸社 1946
  • 『青葉』山根書店 1947
  • 『草原の午後』洋々書房 1947
  • 『大河』新潮社 1947
  • 『うつせみ』洋々書房 1947
  • 『わかもの』高島屋出版部、1947
  • 『死の花』新文藝社、1947
  • 『夜の人』実業之日本社 1948
  • 『緑衣』山根書店、1948
  • 『城 田舎からの手紙』創元社 1949
  • 『月光物語』大丸出版社 1949
  • 『新聞小僧』講談社 1949
  • 『黒い影』細川書店 1949 のち新潮文庫
  • 『生きるために』新潮社 1950
  • 『砂丘』中央公論社 1950
  • 『小夜と夏世』池田書店 1951
  • 『漂泊』創元社 1951
  • 阿部知二作品集』全5巻 河出書房 1952-53
  • 『人工庭園』大日本雄弁会講談社 1954
  • 『朝の鏡』朝日新聞社 1954
  • 『沈黙の女』東方社 1954
  • 『花と鎖』角川書店 1954
  • 『兄と妹』東方新書 1955
  • 『河岸落日』東方新書 1956
  • 『青い森』大日本雄弁会講談社 1956
  • 『夜のなげき』鱒書房(コバルト新書) 1956
  • 『雅歌』宝文館 1957
  • 『日月(じつげつ)の窓』講談社、1959
  • 『花を踏む』東方社 1960
  • 『白い塔』岩波書店 1963
  • 『捕囚』河出書房新社、1973
  • 阿部知二全集』全13巻 河出書房新社 1974-75
  • 『未刊行著作集 13』白地社 1996

評論[編集]

  • 『主知的文学論』厚生閣書店(現代の藝術と批評叢書)1930
  • 『文学の考察』紀伊国屋出版部 1934
  • メルヴィル』研究社(英米文学評伝叢書)1934
  • バイロン』研究社(英米文学評伝叢書)1937
  • 『文学論集』河出書房 1938
  • 『文学論』河出書房(学生文庫)、1939 
  • 『文学のこころ』古今書院 1941
  • 『火の島 ジャワ・バリ島の記』創元社 1944 / 中公文庫 1992
  • 『抒情と表現』養徳社 1948
  • 『文学入門』河出書房 1951
  • 『ヨーロッパ紀行』中央公論社 1951
  • 『世界文学への道』養徳社 1951
  • 『現代の文学』新潮社(一時間文庫)1954
  • 『我が胸は自由 ブロンテ姉妹の生涯と芸術』朝日新聞社(朝日文化手帖) 1954
  • 『歴史のなかへ』大月新書 1955
  • 『小説の読み方』至文堂 1955
  • 『夜明けに進む女性』大日本雄弁会講談社(ミリオン・ブックス)1956
  • 『ブロンテ姉妹』研究社出版(新英米文学評伝叢書) 1957
  • 『女性・文学・人生』彌生書房 1958
  • 『現代知性全集2 阿部知二集』日本書房 1958
  • 『世界文学の流れ』河出書房新社 1963、改訂版1971、新版1989
  • 『良心的兵役拒否の思想』岩波新書 1969
  • 『求めるもの 変動する世界と知性の試練』勁草書房 1970
  • 『文学と人生』日本書房 1971

翻訳[編集]

英文学の講義を行った大学[編集]

その他の功績[編集]

兵庫県立姫路西高等学校(彼の母校、旧制姫路中学の新制下での学校)の校歌作詞を依頼され、「友にあたう」と題する校歌を作詞する。作曲は山田耕筰。昭和27年。

昭和27年の血のメーデー事件において、姫路中学の後輩黒岩敏郎が被告人となり、彼の依頼を受けて特別弁護人として法廷に立った。

映画化作品[編集]

関連項目[編集]