加藤氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

加藤氏(かとうし)は、日本氏族のひとつ。

加藤氏は藤原氏の一族[1]。日本の戦国時代から江戸時代の大名である加藤光泰嘉明らが出自とする藤原北家利仁流加藤清正らが出自とする藤原北家道長流などがある。そして、加藤氏の「加」は加賀の藤原からきたものと一般にいわれる[1]

利仁流加藤氏[編集]

加藤氏
家紋
本姓 藤原北家利仁流[1]
家祖 藤原景道[1]
種別 武家
出身地 伊勢国[2]
主な根拠地 加賀国
支流、分家 遠山氏武家
伊丹氏(武家)
凡例 / Category:日本の氏族

加藤氏の初代と思われるのは源頼義に仕えた武士藤原景道[注釈 1]加賀介となったことから加賀の藤原を略して「加藤」を称するようになったとされる[1][注釈 2]。景道の孫といわれる加藤景廉源頼朝の挙兵に参加し[1][注釈 3]平家が滅亡して鎌倉幕府が成立すると鎌倉御家人となった。頼朝から安田義定を討つように梶原景時とともに加藤景廉も命ぜられた。後に遠江国浅羽荘の地頭職を得たが、梶原景時が討たれた際、景廉は景時と親しかったためか所領を没収された。

その末裔としては、美濃遠山氏やその係累である加藤光泰系の加藤氏が挙げられるが、なかでも異色の経歴を持つ者は賤ヶ岳の七本槍の一人加藤嘉明である。嘉明系加藤氏はもとは岸氏を名乗っていたとされ、父である岸教明の名が文献にみえる。嘉明の祖父加藤朝明は、元来は甲斐武田氏の家臣であったが、何らかの事情があり、三河国に移住し、徳川家康の祖父松平清康、父松平広忠に仕えたとされるが、嘉明の作成した系図以外にその名は見えず、また加藤氏も加藤景泰の猶子となったことから使用をはじめたとされる。光泰系加藤氏と系図がつながるのはそのためである。父である、岸教明は三河の一向一揆に加担して松平氏を退去し、尾張織田家に仕え、後の豊臣秀吉に見出されたという。

一族[編集]

平安・鎌倉時代[編集]

藤原景道
加藤氏の祖と言われている。
加藤景廉
伊豆国武士源頼朝の挙兵に従い武功多し。
加藤景正
加藤景廉の兄ともいう瀬戸焼の祖。

戦国時代[編集]

加藤光泰
Japanese Crest Jyanome.svg 蛇の目、上り藤
加藤光泰は豊臣秀吉に仕え、甲斐24万石を領した。光泰の子の加藤貞泰伊予大洲藩の初代藩主となった。
 歴代
  1. 加藤貞泰
  2. 加藤泰興
  3. 加藤泰恒
  4. 加藤泰統
  5. 加藤泰温
  6. 加藤泰衑
  7. 加藤泰武
  8. 加藤泰行
  9. 加藤泰候
  10. 加藤泰済
  11. 加藤泰幹
  12. 加藤泰祉
  13. 加藤泰秋
加藤嘉明
Japanese crest Sagari Fuji of Katou Yosiaki.svg 下り藤、蛇の目
加藤教明は元々松平氏の家臣であったが、三河一向一揆で主君・松平元康(後の徳川家康)に叛旗を翻して出奔した。その教明の子として生まれた加藤嘉明は豊臣秀吉に仕えて賤ヶ岳の七本槍の1人となる。豊臣政権下では小田原征伐朝鮮出兵などで活躍する。豊臣秀吉没後は徳川家康に接近し、関ヶ原合戦では東軍に属して伊予松山藩20万石の大名となる。嘉明は晩年に陸奥会津藩40万石に加増され大大名となった。しかし嘉明の死後、跡を継いだ明成は乱行を繰り返して会津騒動と称されるお家騒動を引き起こし、改易された。明成の庶子の加藤明友近江水口藩主として復帰し、嘉明系は小大名として明治維新まで存続した。
 歴代
  1. 加藤嘉明
  2. 加藤明成
  3. 加藤明友
  4. 加藤明英
  5. 加藤嘉矩
  6. 加藤明経
  7. 加藤明煕
  8. 加藤明堯
  9. 加藤明陳
  10. 加藤明允
  11. 加藤明邦
  12. 加藤明軌
  13. 加藤明実

系図[編集]



庶家[編集]

道長流加藤氏[編集]

加藤氏
家紋
桔梗、蛇の目
本姓 ・藤原北家道長[4]
家祖 加藤正家[4]
加藤正信[4]
加藤頼方[4]
加藤清正
種別 武家百姓
出身地 尾張
主な根拠地 肥後出羽
著名な人物 加藤清正
加藤セチ
凡例 / Category:日本の氏族

尾張愛知郡中村より起こった。藤原道長流(藤原長家御子左家の流れを汲む)とはされているが、真偽の程は定かではない。戦国時代加藤清正豊臣秀吉に仕えて最終的に肥後熊本の領主に栄進。また豊臣家の武断派として武功も多く挙げた。秀吉没後は徳川家康に近づき、関ヶ原の戦いでも東軍に属して武功を立て、戦後52万石に加増されて熊本藩主となる。

慶長16年(1611年)に清正が死去して子の加藤忠広が継承するが、寛永9年(1632年)に第3代将軍・徳川家光に素行を咎められ、改易となった。理由は嫡男・光広が諸大名の名前と花押を記した謀反の連判状の偽物を作って遊んだこととされ、他家にも火の粉が降りかかり、ともすれば乱を起こすような行為は領主の子としての資格を厳しく問われたのである。その後、忠広は出羽に1万石の捨扶持を与えられ、余生を過ごした。

忠広の末裔は大庄屋として続き、明治時代には加藤家の屋敷に明治天皇が行幸した。日本人の既婚女性として理学博士号を最初に取得した加藤セチはそのときの加藤家当主の孫に当たる。

系図[編集]



上野原加藤氏[編集]

上野原加藤氏は、甲斐国都留郡上野原(山梨県上野原市)の国衆。都留郡上野原の上野原城(内城館)城主。上野原市大椚(おおくぬぎ)には長峰砦が所在し、『甲斐国志』によれば上野原加藤氏の城郭であるとする説がある[5]

上野原は都留郡の東端に位置し、武蔵国相模国に近い。上野原加藤氏は室町戦国期に甲斐武田氏家臣として活動が見られる。加藤景廉の後裔を称し、室町期には加藤梵玄武田信長に従い甲府盆地では河東郷(中巨摩郡昭和町)を領し、下河東(中央市)の永源寺は梵玄を開祖としている。また、上河東には加藤玄賀屋敷跡が残されており、加藤氏は当地を拠点にしていたと見られている。

関東では文明9年(1477年)に山内上杉氏の家臣である白井長尾氏長尾景春が山内上杉氏に対して反逆し(長尾景春の乱)、上野原加藤氏は景春方に属している。景春の乱はいったん収束するが、永正7年(1510年)に景春は再び反逆をし永正の乱が発生する。景春は同年には上野国における活動が知られるが、『勝山記』によれば景春は永正8年(1511年)に都留郡から武蔵国に侵攻しており、上野原加藤氏を頼っていたとも考えられている。

戦国時代には都留郡では有力国衆として小山田氏が台頭するが、上野原加藤氏は小山田氏との関係も深いものの自立しており、独自に武田氏に従属した国衆であったと考えられている[6]。戦国期には加藤虎景(駿河守)の存在が見られ、武田氏と甲相同盟を結ぶ相模国の後北条氏への援軍に赴いており、永禄4年(1561年)3月3日に越後国の上杉謙信の関東侵攻に際して北条氏照に援軍を要請されている[7]。虎景のその後の動向は不明であるが、子息には加藤氏を継承した景忠(丹後守)、初鹿野氏を継いだ昌久(伝右衛門尉)がいる[7]

景忠も虎景と同様に後北条氏への援軍を行い、永禄5年(1562年)秋には武蔵国由井(東京都八王子市)に出陣している[6]。永禄12年(1569年)に甲相同盟の破綻により武田氏と後北条氏が敵対関係に入ると、景忠は荻原豊前守の指揮下に置かれている[6]。永禄12年(1569年)に小山田信茂とともに武蔵国滝山城(東京都八王子市)を攻撃し、同年11月には後北条氏の本拠である小田原城を攻撃し、三増峠の戦いにおいても活躍したという。その後甲相同盟は回復し、景忠は天正3年(1575年)5月21日の長篠の戦いにおいて戦死したと考えられている[7]

景忠の子・信景(次郎左衛門尉・丹後守)は武田信虎の弟・勝沼信友の子息で養子に入ったとされるが、世代が合わない点が指摘される[7]。天正10年(1582年)3月の武田氏滅亡では関東へ逃れ、武蔵国箱根ヶ崎(東京都瑞穂町)において後北条勢に攻められ、滅亡したという[7]

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^
    「将軍従兵、或は以って散走、或は以って死傷、残るところは僅かに六騎あり。長男義家、修理少進藤原景通」 — 『陸奥話記』、[3]
  2. ^
    「正重(加藤、左衛尉、従五下─景道(加賀介、修理少進、加賀介たるにより加藤と号す。頼義朝臣郎等七騎その一)」 — 『尊卑分脈』、[1]
  3. ^
    「加藤太、同じき加藤次あり、狩野介に従いて」 — 『保元物語』、[3]
    「加藤次景廉以下」—治承4年8月6日条、「加藤五郎景員、同藤太光員、同藤次郎景廉」—治承4年8月20日条 — 『吾妻鏡』、[3]
    「此に当国(伊豆)住人に加藤太みつたね、加藤次景かどとて兄弟二人あり。是は『都をば霞と共に出しかど、秋風ぞふく白川の関』という秀歌を詠みたりし能因入道には、四代の孫子なり。かの能因が子息に月並みの蔵人というもの、伊勢の国に下りて、柳の右馬の入道が婿になりて、もうけたりし子を加藤五景貞といいき。後には使の宣旨をこうむりて、加藤判官とぞいいける。その子供なりければ、加藤太加藤次という。本・伊勢の国に住みけるが、父景貞に敵あり。平家の侍に伊藤という者なり。かの敵を殺して、本国には安堵せず、東国に落ち下りて、武蔵国秩父をたのみけれども、平家に恐れてこれを辞退す。千葉をたのむといえども、同じく恐れて置かざりけり。伊豆国の公藤介をたのみければ、かいがいしくこれを請取り、妹に合わせて、用心のためにたのみ置く。その故は公藤介・三戸次郎という者と中悪くして、常に軍しければ、剛の者は一人も大切なり。加藤兄弟・心際不適なりと見て、軍の方人にせんと思ければ、平家にもはばからず、親しくなりたりけるが、常に佐殿へ参りてたのみ申しければ、阻てなく思し召されけり。兄弟共に兵也けれども、景廉はことさら、きりもなき剛の者、そばひらみずの猪武者なり。折節、佐殿にはご不審のこと・ありければ、催には漏れたりけれども、世間も怱々なる心地しけるうえ、頻りに胸騒ぎのしければ、何事のあるやらんとおぼつかなくて、宿直申さんと思いて、紫威の腹巻に、太刀計を帯び、乳母子の州前三郎を相具して、鞭を揚て馳せ参る。門外にして馬より下り、佐殿の館の内へつと入る。佐殿は小具足付て縁の上に小長刀突立たまえり」 — 『源平盛衰記』、[3]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 太田 1934, p. 1563.
  2. ^ 太田 1934, p. 1566.
  3. ^ a b c d 太田 1934, p. 1564.
  4. ^ a b c d 太田 1934, p. 1567.
  5. ^ 『山梨県の地名』、p.98
  6. ^ a b c 丸島(2015)、p.259
  7. ^ a b c d e 丸島(2015)、p.260

参考文献[編集]

系譜参考

関連項目[編集]