加藤直泰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
加藤直泰像(法眼寺蔵、愛媛県歴史文化博物館寄託)

加藤 直泰(かとう なおやす、元和元年(1615年) - 天和2年1月5日1682年2月12日))は、伊予新谷藩の初代藩主。

伊予大洲藩初代藩主・加藤貞泰の次男。母は小出吉政の娘・法眼院。正室は小出吉親の娘。官位は従五位下、織部正。幼名は大蔵。織部。大洲藩2代藩主・加藤泰興の弟に当たる。

元和9年(1623年)、貞泰が世嗣を定めないまま死去したため、幕命により泰興がその後継とされ、直泰には1万石分与の内諾が下されたが、泰興はこれを認めようとしなかったため対立した。寛永16年(1639年)、藩内分知とすることで和解した。寛永19年(1642年)、喜多郡上新谷村に新谷陣屋を築いた。また歌道を良くし、古今伝授を受けている[要出典]

天和2年(1682年)正月5日、68歳で死去し、跡を泰興の孫で養嗣子の泰觚が継いだ。法号は要関院殿一機直入居士。墓所は大洲市新谷の法眼寺。