加藤忠正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

加藤 忠正(かとう ただまさ、慶長4年(1599年) - 慶長12年1月27日1607年2月23日))は、肥後国熊本藩の初代藩主加藤清正の次男。母は菊池武宗の娘本覚院(川尻殿)といわれるが不詳である。幼名、熊之助。初名、清孝(きよたか)。

豊臣時代の清正の正室山崎氏(山崎片家女)に嫡男虎熊がいたが、文禄の役中に没し、関ヶ原の戦いを経て慶長8年(1603年)に徳川家康によって江戸幕府が開かれ同10年(1605年)に加藤家江戸屋敷が設けられると、熊之助は将軍家への人質として江戸に置かれた。

慶長11年(1606年)、豊臣姓を下賜され[1]、主計頭に叙任。一方、徳川秀忠より偏諱の授与を受けて忠正と名乗りを改めている。

慶長12年(1607年)正月に疱瘡を患い、将軍秀忠より名医を遣わされるがその甲斐なく、江戸屋敷で死去。享年9。法名は理性院殿宗覚日等大居士。墓所は熊本県八代市妙見町谷2445の宗覚寺

忠正の死去により、弟(清正三男)の虎藤(忠広)が後継となり熊本藩2代藩主となるが、後に改易された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 村川浩平「羽柴氏下賜と豊臣姓下賜」1996年。

参考文献[編集]

  • 水野勝之・福田正秀『加藤清正「妻子」の研究』ブイツーソリューション、2007年