里見義弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
里見義弘
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 享禄3年(1530年
異説大永5年(1525年
死没 天正6年5月20日1578年7月5日
別名 太郎(幼名)、義舜(初名)
戒名 瑞龍院殿在天高存居士
官位 左馬頭
氏族 里見氏
父母 父:里見義堯、母:土岐為頼の娘
正室青岳尼
継室足利晴氏の娘
梅王丸正木義俊薦野頼俊

里見 義弘(さとみ よしひろ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての安房国大名安房里見氏の第6代当主。

経歴[編集]

享禄3年(1530年)、安房国の大名・里見義堯の嫡男として誕生。はじめ義舜を名乗った。

永禄年間初めに父より実権を譲られて、義舜から義弘へと改名したといわれている。

永禄4年(1561年)、越後国上杉謙信北条氏康攻めに呼応したり、永禄7年(1564年)の第二次国府台合戦北条綱成と戦うなど、父と同様に後北条氏と徹底して対立した。しかし、この第二次国府台合戦で北条軍に大敗して安房国に退却し、更に北条水軍などの攻撃と正木時忠土岐為頼酒井敏房上総国の有力領主の離反によって上総国の大半を喪失してしまう。

このため、里見氏の勢力は一時衰退したが、永禄10年(1567年)に義弘は三船山の戦いで北条軍を撃破して勢力を挽回し、佐貫城を本拠地として安房国から上総国・下総国にかけて領国体制を築き上げ、里見氏の最盛期を誇った。

しかし永禄12年(1569年)、上杉謙信と北条氏政の間で越相同盟が締結されたことで上杉氏の支援を失い、また下総関宿城が陥落したことなどにより、後北条氏は攻勢を強めていく。そしてついに天正5年(1577年)、これまでの態度を一転、後北条氏と和を結んだ(房相一和)。

天正6年(1578年)、久留里城にて急死した。だが、遺言に弟(庶長子とも)・義頼と嫡男・梅王丸への領土分割を命じた事から、死後に里見氏の分裂を招いた。

統治[編集]

義弘は落首を推奨し、民衆からの声を統治に反映させていた。『里見九代記』によると義弘が領内を見回っている際に

  • 福原の都人とは聞きつれど 年貢につけてしなのあしさよ

という落首を見つけ、これが福原信濃守の年貢徴収の不正を告発したものであると知り、福原に処分を下している。