今村翔吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
今村 翔吾
(いまむら しょうご)
誕生 (1984-06-18) 1984年6月18日(35歳)
日本の旗 日本京都府
職業 小説家
国籍 日本の旗 日本
活動期間 2016年 -
ジャンル 時代小説
代表作羽州ぼろ鳶組』(2017年〜)
主な受賞歴 伊豆文学賞(2016年)
 九州さが大衆文学賞(2016年)
角川春樹小説賞(2018年)
デビュー作火喰鳥』(2017年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

今村 翔吾(いまむら しょうご、1984年6月18日 - )は、日本時代小説作家。京都府出身。滋賀県在住[1]

略歴[編集]

ダンスインストラクター、作曲家守山市での埋蔵文化財調査員を経て、専業作家に[1]

今川氏真の生き様を鮮烈に描いた、短編『蹴れ、彦五郎』で第十九回伊豆文学賞の小説・随筆・紀行文部門最優秀賞を受賞。

豊臣秀吉の小田原征伐を北条氏規の視点から描いた短編『狐の城』で第二十三回九州さが大衆文学賞大賞・笹沢左保賞を受賞。

2017年、羽州ぼろ鳶組『火喰鳥』でデビュー。同作で啓文堂書店時代小説文庫大賞を受賞。

2018年、『童神』で第十回角川春樹小説賞を受賞。各社より新刊が刊行予定。

受賞歴[編集]

作品リスト[編集]

  • 羽州ぼろ鳶組シリーズ(祥伝社文庫
    • 火喰鳥(2017年3月)
    • 夜哭烏(2017年7月)
    • 九紋龍(2017年11月)
    • 鬼煙管(2018年2月)
    • 菩薩花(2018年5月)
    • 夢胡蝶(2018年8月)
    • 狐花火(2018年11月)
    • 玉麒麟(2019年3月)
  • くらまし屋稼業シリーズ(ハルキ文庫
    • 第一巻(2018年7月)
    • 第二巻「春はまだか」(2018年8月)
    • 第三巻「夏の戻り船」(2018年12月)
  • 童の神(角川春樹事務所)(2018年10月)
  • ひゃっか!(文響社)(2018年10月)
  • てらこや青義堂 師匠、走る(小学館)(2019年2月)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 今村翔吾 羽州ぼろ鳶組” (日本語). www.shodensha.co.jp. 2018年5月25日閲覧。
  2. ^ 静岡県/しずおか文化のページ/伊豆文学フェスティバル/第19回伊豆文学賞入賞作品決定” (日本語). www.izufes.net. 2018年5月25日閲覧。
  3. ^ 九州さが大衆文学賞受賞作・候補作一覧1-24回|文学賞の世界” (日本語). prizesworld.com. 2018年5月25日閲覧。
  4. ^ reserved.,http://www.riverfactory.co.jp, Copyright (C) RIVER FACTORY, INC. All rights. “第10回角川春樹小説賞決定のお知らせ - 株式会社 角川春樹事務所” (日本語). www.kadokawaharuki.co.jp. 2018年5月25日閲覧。
  5. ^ 第七回歴史時代作家クラブ賞発表! - 歴史時代作家クラブ公式ブログ」『歴史時代作家クラブ公式ブログ』、1530486331。2018年8月3日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]