塩田武士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
塩田 武士
(しおた たけし)
誕生 (1979-04-21) 1979年4月21日(38歳)
日本の旗 日本兵庫県尼崎市
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 関西学院大学社会学部卒業
活動期間 2011年 -
代表作 『罪の声』
主な受賞歴 小説現代長編新人賞(2010年)
将棋ペンクラブ大賞(2011年)
山田風太郎賞(2016年)
デビュー作 『盤上のアルファ』
親族 塩田えみ(姉)
テンプレートを表示

塩田 武士(しおた たけし、1979年4月21日[1] - )は、日本の小説家兵庫県尼崎市生まれ[1]関西学院大学社会学部卒業[2]

人物・経歴[編集]

幼い頃から「人を楽しませたい」という思いが強く[3]、劇団に入ったり[1]、高校時代は漫才コンビも組んでいた[3]

大学1年の19歳の時に藤原伊織の『テロリストのパラソル』を読み、作家を志して創作活動を開始[1][4]。新人賞に応募し続けるも12年間は芽が出なかったが[1]、大学卒業後に入社した神戸新聞社[2]での将棋担当記者としての取材経験を活かし、2010年、プロ棋士を目指す無職の三十男を描いた『盤上のアルファ』で第5回小説現代長編新人賞を受賞[1][5]。全選考委員が最初の投票でマルをつけ満場一致での受賞となった[5]。2011年、同作で作家デビュー。第23回将棋ペンクラブ大賞(文芸部門)を受賞した[6]

2012年に神戸新聞社を退社し[2]、専業作家となる。2013年に娘が産まれた[4]。2016年、グリコ・森永事件を題材のモチーフとした[7]『罪の声』で第7回山田風太郎賞受賞[8]。同作は2016年版の「週刊文春ミステリーベスト10」で第1位、2017年版の「このミステリーがすごい!」で第7位、第38回吉川英治文学新人賞候補に選ばれた。

姉は、関西地区を中心に活動する放送タレントの塩田えみ[1]

作品リスト[編集]

  • 盤上のアルファ(2011年1月 講談社 / 2014年2月 講談社文庫
  • 女神のタクト(2011年10月 講談社 / 2014年11月 講談社文庫)
  • ともにがんばりましょう(2012年7月 講談社 / 2017年7月 講談社文庫)
  • 崩壊(2013年5月 光文社 / 2015年8月 光文社文庫
  • 盤上に散る(2014年3月 講談社)
  • 雪の香り(2014年6月 文藝春秋
  • 氷の仮面(2014年11月 新潮社
  • 拳に聞け!(2015年8月 双葉社
  • 罪の声(2016年8月 講談社)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 塩田武士 (2011年4月). 「盤上のアルファ」第5回小説現代長編 新人賞受賞. (インタビュー). KOBECCO.. http://kobe-kobecco.com/archives/29687 2016年8月18日閲覧。 
  2. ^ a b c 塩田武士 著者プロフィール”. 新潮社. 2016年8月18日閲覧。
  3. ^ a b 塩田武士 (2012年9月17日). 【本の話をしよう】「ともにがんばりましょう」作家 塩田武士さん. (インタビュー). SANKEI EXPRESS.. オリジナルの2013-07-02時点によるアーカイブ。. https://archive.is/q3K7q 2016年8月18日閲覧。 
  4. ^ a b 塩田武士 (2016年8月16日). 『罪の声』塩田武士さん 事件の「裏」、家族描く. インタビュアー:川村律文. YOMIURI ONLINE.. http://www.yomiuri.co.jp/life/book/raiten/20160809-OYT8T50002.html 2016年8月18日閲覧。 
  5. ^ a b 大森望 (2010年10月26日). ““パーフェクト受賞”の将棋小説”. WEB本の雑誌. 博報堂. 2016年8月18日閲覧。
  6. ^ 将棋ペンクラブ受賞作品一覧”. 将棋ペンクラブ大賞. 将棋ペンクラブ. 2013年5月17日閲覧。
  7. ^ グリ森事件の「真犯人」を追い続けた作家が辿り着いた、ひとつの「答え」 - 現代ビジネス(2016年8月11日)
  8. ^ 2016年10月21日 第7回 山田風太郎賞が決定