服部真澄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

服部 真澄(はっとり ますみ、1961年7月31日 - )は、日本小説家東京都北品川生れ。早稲田大学教育学部国語国文学科卒業。

編集制作会社勤務、フリーエディターを経て、直木賞候補となった『龍の契り』が話題となる。1996年、『鷲の驕り』で、第18回吉川英治文学新人賞。日本国外を舞台にした国際推理小説で読者を獲得した。

実家は北品川で貸し間業と料理旅館を営んでいた[1]福井から古民家を移築し、現在も北品川で暮らしている。

作品一覧[編集]

  • 龍の契り(1995年、祥伝社)
  • 鷲の驕り(1996年、祥伝社)
  • ディール・メイカー(1998年、祥伝社)
  • バカラ(2002年、文藝春秋)
  • GMO(文庫版では『エル・ドラド』に改題。2003年、新潮社)
  • 清談仏々堂先生(2004年、講談社)
  • 海国記 平家の時代(2005年、新潮社)
  • 最勝王(2006年、中央公論新社)
  • エクサバイト(2008年、角川書店)
  • ポジ・スパイラル(2008年、光文社)
  • KATANA カタナ(2010年、角川書店)
  • 天の方舟(2011年、講談社)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 家を建てるあなた、建てない私ほぼ日刊イトイ、1999-06-22