歪んだ波紋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
歪んだ波紋
著者 塩田武士
発行日 2018年8月9日
発行元 講談社
ジャンル 連作短編集
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判変型
ページ数 282
公式サイト bookclub.kodansha.co.jp
コード ISBN 978-4-06-512351-5
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

歪んだ波紋』(ゆがんだはもん)は、塩田武士の連作短編小説集[1]。『小説現代』(講談社2017年5月号から2018年2月号に掲載の4篇に書き下ろし1篇を加え、2018年8月9日講談社より刊行された[2]。現役やかつての新聞記者を主人公に誤報にまつわる5つの物語を描いた社会派小説。第40回吉川英治文学新人賞受賞作品[3]

2019年11月NHK BSプレミアムテレビドラマ化された[1]

概要[編集]

本作は「黒い依頼」(「小説現代」2017年5月号、「ペン先の行方」からの改題)、「共犯者」(「小説現代」2017年9月号、「煙の向こう」からの改題)、「ゼロの影」(「小説現代」2017年11月号)、「Dの微笑」(「小説現代」2018年2月号)、そして書き下ろしとなる「歪んだ波紋」の短編5作品で構成されている。誤報を主要テーマとしており、それぞれの短編は誤報ともうひとつのテーマに沿った形で物語が展開されている(「黒い依頼」:誤報と虚報、「共犯者」:誤報と時効、「ゼロの影」:誤報と沈黙、「Dの微笑」:誤報と娯楽、「歪んだ波紋」:誤報と権力)。塩田はインタビューで「この作品を通して描きたかったのは“人間の弱さ”。書き終えた今、誤報を描くことは人間の弱さを描くことと同じことなのではないかと思う。誤報を容認することはできないが、誤報そのものを問題視しなかったことにも人間の弱さがあるように感じる」と語っている[4]

収録作品[編集]

  1. 黒い依頼(「ペン先の行方」改題、初出:『小説現代』2017年5月号)
  2. 共犯者(「煙の向こう」改題、初出:『小説現代』2017年9月号)
  3. ゼロの影(初出:『小説現代』2017年11月号)
  4. Dの微笑(初出:『小説現代』2018年2月号)
  5. 歪んだ波紋(書き下ろし)

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

書誌情報[編集]

テレビドラマ[編集]

歪んだ波紋
ジャンル 連続ドラマ
原作 塩田武士
脚本 向井康介
演出 佐々木章光
村上牧人
最知由暁斗
出演者 松田龍平
松山ケンイチ
小芝風花
山口紗弥加
勝村政信
勝矢
Juice=Juice
坂井真紀
キムラ緑子
真野響子
美村里江
筒井道隆
角野卓造
イッセー尾形
長塚京三
音楽 林ゆうき
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本語
話数 全8話(予定)
製作
制作統括 佐野元彦
金澤友也
髙橋練
製作 NHK
テレパック
放送
放送チャンネル NHK BSプレミアム
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2019年11月3日 - 12月22日(予定)
放送時間 日曜 22:00 - 22:49
放送枠 プレミアムドラマ
放送分 49分
回数 全8回(予定)
公式ウェブサイト

特記事項:
BS4Kにて2019年10月30日から12月18日(予定)まで毎週水曜20時40分 - 21時29分に先行放送。
テンプレートを表示

NHK BSプレミアムプレミアムドラマ」で2019年11月3日から12月22日(予定)まで連続8回に渡って放送されている[5][6]。主演は松田龍平[6]

BS4Kにて2019年10月30日から12月18日(予定)まで毎週水曜20時40分から21時29分に先行放送されている。

ストーリー[編集]

地方新聞社・新神奈川日報記者の沢村政彦(松田龍平)の元に「ひき逃げ事件」の特ダネ情報が舞い込む。夫を亡くし悲しみにくれる妻、森本敦子(小芝風花)。その敦子こそが犯人である、という情報だ。久しぶりの特ダネに政彦は勢い込む。だがそれは「誤報」だった。否、政彦の同僚・桐野(筒井道隆)が仕掛けた「虚報」である事を、大学同期のネットニュース編集長・三反園(松山ケンイチ)から指摘される。姿を消してしまった桐野を追う政彦。一方、かつて全国紙・大日新聞の記者で、政彦の父と盟友だった相賀正和(長塚京三)が政彦を訪ねてくる。相賀は同僚だった垣内智成(イッセー尾形)の自殺は、垣内が16年前に出してしまった「誤報」が原因ではないかと調べ始めていた。

キャスト[編集]

主要人物[編集]

沢村政彦(さわむら まさひこ)
演 - 松田龍平
「新神奈川日報」報道部の遊軍記者。
先輩記者・桐野の情報によってひき逃げ事故の誤報記事を出してしまう。その後行方をくらました桐野を追うと共に誤報の情報元となったウェブサイト「メイクニュース」についても調査を始める。
三反園邦雄(みたぞの くにお)
演 - 松山ケンイチ[6]
ニュースウェブサイト「ファクトジャーナル」編集長。政彦の大学時代の同期。「大日新聞」の元記者。
政彦と同様にフェイクニュース作成を指南する闇サイト「メイクニュース」について調査している。
森本敦子(もりもと あつこ)
演 - 小芝風花[6]
ひき逃げ事故で夫を失った女性。
政彦の誤報記事により容疑者扱いにされ、大きく人生が変わってしまう。
野村美沙(のむら みさ)
演 - 山口紗弥加
「新神奈川日報」文化部ネットメディア担当。政彦の同僚であり元恋人。
保育園児の1人娘を持ち、仕事と子育ての両立に悩む。
桐野弘(きりの ひろし)
演 - 筒井道隆
「新神奈川日報」報道部の遊軍記者。以前は「大日新聞」の記者だった。
政彦にひき逃げ事件の虚報を提供した直後に行方不明になっている。
中島有一郎(なかじま ゆういちろう)
演 - 勝村政信
「新神奈川日報」報道部デスク。
調査報道に特化した「プロジェクトIJ」に桐野とともに携わる。アイドルグループのライブによく参加している。
沢村早百合(さわむら さゆり)
演 - 美村里江
政彦の妻。
介護士として勤務時に取材で訪れた政彦と出会う。政彦との間に1人息子がいる。
沢村一平(さわむら いっぺい)
演 - 角野卓造
政彦の父。全国紙「大日新聞」の記者。
高卒で入社して社会部記者を務め、社会部長となった後急死した。相賀や垣内と親しかった。
垣内智成(かきうち ともなり)
演 - イッセー尾形
全国紙「大日新聞」の記者。一平・相賀の元同僚。
沢村一平の17回忌法要後に謎の自殺を遂げている。
相賀正和(あいが まさかず)
演 - 長塚京三
全国紙「大日新聞」の記者。政彦の父・一平の盟友で、垣内の元同僚。
垣内が自殺した要因について調査している。

その他[編集]

井岡公昭
演 - 山口馬木也
神奈川中央警察署の副署長
吾妻裕樹
演 - 勝矢
新神奈川日報の報道部デスク
アイドルグループ
演 - Juice=Juice
本人役
垣内美枝子
演 - 坂井真紀
垣内智成の娘

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

放送回 放送日 サブタイトル 演出
BSP BS4K
第1話 11月03日 10月30日 虚報 佐々木章光
第2話 11月10日 11月06日 職業は記者
第3話 11月17日 11月13日 霧の中


NHK BSプレミアム プレミアムドラマ
前番組 番組名 次番組
令和元年版 怪談牡丹燈籠
(2019年10月6日 - 10月27日)
歪んだ波紋
(2019年11月3日 - 12月22日〈予定〉)
贋作 男はつらいよ
(2020年1月5日 - 〈予定〉)

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]