角川春樹小説賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

角川春樹小説賞(かどかわはるきしょうせつしょう)は、株式会社角川春樹事務所が主催する公募の文学賞[1]。ジャンルは問わず、未発表の長編エンターテインメント小説を募集する[2][3]。プロ・アマは問わない[2]。受賞者には印税とは別に賞金100万円と記念品が贈られる[2]。2001年に第2回の受賞作が出版されて以降中断していたが、2010年に再開された。当初は枚数に上限がなかったが、その後400字詰原稿用紙換算で550枚以下と規定された。

選考委員[編集]

受賞作リスト[編集]

特記がなければ、初刊は角川春樹事務所、文庫はハルキ文庫刊。

回(年) 応募数 受賞・最終候補作 著者 初刊 文庫化
第1回(1999年) 603編 大賞 「ひらめきの風」[注 1] 辻昌利 2000年3月
特別賞 「駿府に吹く風」[注 2] 鈴木英治 2000年3月 2001年9月
最終候補 「夢幻郷」 浜田文人
「エンデュミオン エンデュミオン」 平谷美樹 2000年6月[注 3]
「どってことあらへん!」 中井順一
第2回(2000年) 276編 受賞 「南稜七ツ家秘録 七ツの二ツ」[注 4] 長谷川卓 2001年3月 2005年4月
最終候補 「ブルーブラッド」 小松多聞
「弁護士たちの墓場」 広岩近広
「平成の家族」 丸茂永津子
「遙かな武田騎馬隊」 岩崎正吾 2001年6月
第3回(2011年) 487編 受賞 「グッバイマネー!」[注 5] 又井健太 2011年10月 2014年5月
最終候補 「狂犬、注意」 朱雀遙
「ソフトボイルド」 香住泰
「少女人形 ALICE 13」 佐々木弘有希
第4回(2012年) 429編 受賞 「加羅の風」[注 6] 知野みさき[注 7] 2012年10月 2013年8月
最終候補 「七夕雨」 日向那由他
「インター・プレイ」 夏川真一
「GHOST」 刈間剛史
第5回(2013年) 385編 受賞 「港の足」[注 8] 池田久輝[注 9] 2013年10月
最終候補 「TYRANT」 天原聖海
「若犬丸暗殺記 鎌倉大草紙外伝」 津高東樹
「砂漠の下にドルは眠る」 浅野大志
第6回(2014年) 350編 受賞 「蜃気楼の如く」[注 10][4] 鳴神響一 2014年10月 2016年1月
最終候補 「影は光 愛洲移香斎明国刀法伝授記」 名月明
「さらば、我が愛しのカメリア」 清水厄
第7回(2015年) 402編 受賞 「シンデレラ異聞 小さなガラスの靴」[注 11][5] 櫻部由美子 2015年10月
特別賞 「巨眼を撃て」[注 12][6] 新美健 2015年12月
最終候補 「足溜りの家」 刈間剛史
「1992年のグッド・フェローズ」 本城美音子
第8回(2016年) 382編 受賞 「横濱つんてんらいら」[7] 橘沙羅[注 13] 2016年10月
最終候補 「開拓戸籍」 藤奈子
「ロンリー・プラネット」 雄太郞
第9回(2017年) 394編 受賞 「乱世をゆけ」[注 14][8] 佐々木功 [注 15] 2017年9月
最終候補 「宿儺村奇譚」[注 16] 高代亞樹 2018年3月
「薩摩無名もんがたり」 水無月神野
第10回(2018年) 453編 受賞 「童神」[9] 今村翔吾
最終候補 「姿なきハイジャック」 中村透
「四六の蝦蟇」 東圭一
「産土」 中上竜志

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 刊行時『ひらめきの風 黎明篇』に改題
  2. ^ 刊行時『義元謀殺』に改題
  3. ^ ハルキ・ノベルス刊
  4. ^ 刊行時『血路―南稜 七ツ家秘録』に改題
  5. ^ 刊行時『新小岩パラダイス』に改題
  6. ^ 刊行時『妖国の剣士』に改題
  7. ^ 「鈴木みく」から改名
  8. ^ 刊行時『晩夏光』に改題
  9. ^ 「池田長十」から改名
  10. ^ 刊行時『私が愛したサムライの娘』に改題
  11. ^ 刊行時『シンデレラの告白』に改題
  12. ^ 刊行時『明治剣狼伝―西郷暗殺指令』に改題
  13. ^ 「藤ノ木陵」より改名
  14. ^ 刊行時『乱世をゆけ 織田の徒花、滝川一益』に改題
  15. ^ 「 佐木コウ」より改名
  16. ^ 刊行時『勾玉の巫女と乱世の覇王』に改題

出典[編集]

外部リンク[編集]