鳴神響一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鳴神 響一
(なるかみ きょういち)
誕生 1962年
東京都 杉並区
職業 小説家
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 中央大学法学部卒業
活動期間 2014年 -
ジャンル 歴史小説
時代小説
推理小説
警察小説
主な受賞歴 角川春樹小説賞(2014年)
野村胡堂文学賞(2015年)
デビュー作 『私が愛したサムライの娘』
公式サイト 銀河鉄道ネット
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

鳴神 響一(なるかみ きょういち、1962年 - )は、日本の小説家2014年に『私が愛したサムライの娘』(受賞時タイトル『蜃気楼の如く』)で、第6回角川春樹小説賞を受賞し作家デビューする。

人物[編集]

1981年神奈川県立茅ヶ崎北陵高等学校卒業[1]中央大学法学部政治学科を卒業後、神奈川県内で学校事務職員として勤務。40歳前後のときに大きな病気を経験して死を意識したことで、文筆業を目指すようになる[2]2014年4月に小説執筆に専念するため、フリーとなる。社会保険労務士行政書士の資格を持つ。熱烈なフラメンコファンであり、多くのアーティストを応援している。神奈川県茅ヶ崎市在住[3]日本推理作家協会会員[4]日本ペンクラブ会員[5]

文学賞受賞・候補歴[編集]

著作[編集]

単行本[編集]

  • 『私が愛したサムライの娘』(角川春樹事務所、2014年10月1日)ISBN 9784758412452(『蜃気楼の如く』を改題)

 のち文庫(角川春樹事務所、2016年1月15日)ISBN 9784758439763

 のち文庫(角川春樹事務所、2016年7月15日)ISBN 9784758440189

 のち文庫(双葉社、2020年4月16日)ISBN 9784575669985(『エスパーニャのサムライ~天の女王』と改題)

 のち文庫(徳間書店、2021年2月10日)ISBN 9784198946296(『斗星、北天にあり 出羽の武将 安東愛季』と改題)

  • 『風巻【しまき】──伊豆春嵐譜』(早川書房、2021年3月17日)ISBN 9784152100108

シリーズ作品[編集]

「影の火盗犯科帳」シリーズ:角川春樹事務所[編集]

「多田文治郎推理帖」シリーズ:幻冬舎[編集]

「脳科学捜査官 真田夏希」シリーズ:KADOKAWA[編集]

  • 『脳科学捜査官 真田夏希』(2017年12月21日)ISBN 9784041061671
  • 『脳科学捜査官 真田夏希 イノセント・ブルー』(2018年7月24日)ISBN 9784041070055
  • 『脳科学捜査官 真田夏希 イミテーション・ホワイト』(2018年12月22日)ISBN 9784041077801
  • 『脳科学捜査官 真田夏希 クライシス・レッド』(2019年7月24日)ISBN 9784041083178
  • 『脳科学捜査官 真田夏希 ドラスティック・イエロー』(2020年1月23日)ISBN 9784041090220
  • 『脳科学捜査官 真田夏希 パッショネイト・オレンジ』(2020年7月16日)ISBN 9784041095881
  • 『脳科学捜査官 真田夏希 デンジャラス・ゴールド』(2021年1月22日)ISBN 9784041108994
  • 『脳科学捜査官 真田夏希 エキサイティング・シルバー』(2021年1月22日)ISBN 9784041109007

「謎ニモマケズ」シリーズ:祥伝社[編集]

  • 『謎ニモマケズ 名探偵・宮沢賢治』(2018年4月12日)ISBN 9784396344078
  • 『謎ニモマケズ 飛行船月光号殺人』(2018年7月12日)ISBN 9784396344399

「おいらん若君 徳川竜之進」シリーズ:双葉社[編集]

「令嬢弁護士桜子」シリーズ:幻冬舎[編集]

  • 『令嬢弁護士桜子 チェリー・ラプソディー』(2019年12月5日)ISBN 9784344429222
  • 『令嬢弁護士桜子 チェリー・カプリース』(2020年6月11日)ISBN 9784344429925

「刑事特捜隊 伊達政鷹」シリーズ:小学館[編集]

  • 『刑事特捜隊「お客さま」相談係 伊達政鷹』(2020年11月6日)ISBN 9784094068412
  • 『刑事特捜隊 伊達政鷹2 織姫の夜』(2021年4月6日)ISBN 9784094070064

「おんな与力 花房英之介」シリーズ:双葉社[編集]

文庫書き下ろし[編集]

  • 『鬼船の城塞 南海の泥棒島』(角川春樹事務所、2018年11月14日)ISBN 9784758442176 

コミック化[編集]

  • 『鬼船の城塞』が、月刊コミック乱リイド社)誌上で、『鬼船の城塞Last arrival of the Pirates』と題して2017年10月号より連載開始。作画は菊地昭夫

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 県立茅ケ崎北陵(5) - 神奈川 - 地域”. 朝日新聞デジタル. 2019年7月30日閲覧。
  2. ^ 産経新聞 2018年7月6日 朝刊
  3. ^ 角川春樹事務所PR誌『ランティエ』2014年8月号
  4. ^ 会員名簿 鳴神響一|日本推理作家協会
  5. ^ 日本ペンクラブ会報第444号
  6. ^ 毎日新聞 2014年06月24日 夕刊
  7. ^ 毎日新聞 2015年09月07日 夕刊

外部リンク[編集]