野村胡堂文学賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

野村胡堂文学賞(のむらこどうぶんがくしょう)は、日本文学賞

概要[編集]

昭和を代表する作家である野村胡堂を顕彰する目的で、日本作家クラブが主催する。選考対象は前年度に商業出版された時代小説と歴史小説。ただし、実行年度より2年以内に出版され、会員の推薦を受けた作品を含む。

受賞者には賞金30万円が贈られる。『銭形平次捕物控』の作者として知られる野村胡堂は、日本作家クラブの初代会長であった。野村家当主で、野村胡堂・あらえびす記念館の館長である野村晴一が選考に協賛している[1]

選考委員[編集]

受賞作一覧[編集]

回(年月) 受賞作 著者 初刊
第1回(2014年1月) 文学賞 翔べよ源内 小中陽太郎 2012年6月 平原社
第2回(2014年10月) 文学賞 サテライト三国志 塚本靑史 2014年1月 日経BP社【上・下】
特別賞 高橋英樹のおもしろ日本史 高橋英樹 2014年7月 ベストセラーズ
第3回(2015年10月) 文学賞 私の愛したサムライの娘 鳴神響一 2014年10月 角川春樹事務所
第4回(2016年10月) 文学賞 闘鬼 斎藤一[2] 吉川永青 2015年4月 NHK出版
第5回(2017年10月) 文学賞 吼えよ 江戸象 熊谷敬太郎 2016年2月 NHK出版
第6回(2018年7月) 文学賞 龍が哭く 秋山香乃 2017年5月 PHP研究所
第7回(2019年8月) 文学賞 絵金、闇を塗る 木下昌輝 2018年7月 集英社
第8回(2020年7月) 文学賞 八本目の槍 今村翔吾 2019年7月 新潮社
第9回(2021年10月) 文学賞 高瀬庄左衛門御留書[3] 砂原浩太朗 2021年1月 講談社

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]