日本推理作家協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

一般社団法人日本推理作家協会(にほんすいりさっかきょうかい、Mystery Writers of Japan, Inc.[1])は、日本推理作家団体。

江戸川乱歩が中心となって、1947年に設立された探偵作家クラブが前身。探偵作家クラブ賞(現在の日本推理作家協会賞)の授与、『探偵小説年鑑』の編纂などで、日本の推理小説界の発展に貢献。1954年より江戸川乱歩賞制定。1963年より法人格を有している。

沿革[編集]

第二次世界大戦中は探偵小説が禁圧され出版ができない状況であったが、戦後になると一変し、探偵小説は盛んに書かれるようになった。日本のミステリーの草分け江戸川乱歩のもとには出版関係者や作家などの訪問が増え、その後探偵小説専門雑誌『宝石』を発行する岩谷書店が入っている川口屋銃砲店の2階広間を借りて、土曜会と呼ばれる定期的な集会が始まった。

1947年6月21日に探偵作家クラブとして正式に発足。会員103人。初代会長乱歩。のち会長職には大下宇陀児木々高太郎渡辺啓助が就いている。探偵小説の発達と国際交流を計り、また犯罪の研究を通して犯罪防止に寄与することを目的とした。1948年より探偵作家クラブ賞(現在の日本推理作家協会賞)を開始。また年度別のベストアンソロジー『探偵小説年鑑』(現在講談社刊『ザ・ベストミステリーズ 推理小説年鑑』)を刊行。1954年、乱歩は自らの還暦祝賀会において、江戸川乱歩賞の設立を発表。ミステリー界に顕著な業績を残した人物や企画に贈られたが、第3回より公募の新人賞となっている。

1954年に関西探偵作家クラブ(1948年設立、会長西田政治)と合併して日本探偵作家クラブとなる。1963年に法人化、社団法人日本推理作家協会となった。ミステリーの普及・発展を通して日本文化の向上に寄与することを目的とする。初代理事長は乱歩だが、病気のため半年で松本清張が就任。出版活動は、1969年の光文社のカッパ・ノベルスからのアンソロジーや、双葉文庫「日本推理作家協会賞受賞作全集」(1995年 - )、講談社文庫「江戸川乱歩賞全集」(1998年 - )など。現在は東京港区の南青山に事務所がある。

1997年9月27日には設立50周年を記念し、北方謙三を理事長とし、辻真先が脚本を書き、協会員42名出演による文士劇『ぼくらの愛した二十面相』が上演されている(脚本は『創元推理17号 ぼくらの愛した二十面相』に掲載された)。

2007年11月、設立60周年記念イベントとして「作家と遊ぼう!ミステリーカレッジ」を開催。

2014年4月1日に公益法人制度改革により、一般社団法人へ移行。

2017年、設立70周年を記念して、日本推理作家協会賞受賞作品を対象にした評論・書評の原稿を募集。また、『推理作家謎友録 日本推理作家協会70周年記念エッセイ』 (角川文庫)及び『夢現 日本推理作家協会70周年アンソロジー』(集英社文庫)を刊行。

活動[編集]

出版

歴代理事長[編集]

1963年、「日本推理作家協会」に改組以降の理事長一覧。

脚注[編集]

  1. ^ 英語名称は日本推理作家協会公式サイトより

参考文献[編集]

  • 山村正夫『推理文壇戦後史』(全4冊、双葉社)…探偵作家クラブ発足以降、特に昭和30年代までの動向・逸話に詳しい。
  • 佐野洋『ミステリーとの半世紀』(2009年、小学館)…乱歩・清張から佐野が理事長を担当した時期の協会関係の逸話を含む。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]