鈴木英治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木英治(すずき えいじ、1960年12月27日 - )は、静岡県沼津市生まれの時代小説家。沼津市立沼津高等学校明治大学経営学部卒業。

1999年、『駿府に吹く風』で第1回角川春樹小説賞特別賞を受賞し、作家デビュー。(『義元謀殺』に改題し、2000年刊行。)妻も歴史作家の秋山香乃[1]

2016年6月、歴史小説をイノベーションする会「操觚の会」を、九名の歴史・時代小説作家で作り(秋山香乃蒲原二郎杉山大二郎、鈴木英治、鳴神響一新美健早見俊幡大介誉田龍一(五十音順))、局長と名乗る。

作品リスト(シリーズ・出版年順)[編集]

手習重兵衛シリーズ:中央公論新社[編集]

  • 闇討ち斬
  • 梵鐘
  • 暁闇
  • 刃舞
  • 道中霧
  • 天狗変
  • 母恋い
  • 夕映え橋
  • 隠し子の宿
  • 道連れの文
  • 黒い薬売り
  • 祝い酒

(上記にて完結)

徒目付 久岡勘兵衛シリーズ:角川春樹事務所[編集]

  • 闇の剣
  • 魔性の剣
  • 怨鬼の剣
  • 烈火の剣
  • 稲妻の剣
  • 陽炎の剣
  • 凶眼
  • 定廻り殺し
  • 錯乱
  • 遺痕
  • 天狗面
  • 相討ち
  • 女剣士
  • からくり五千両 
  • 罪人の刃
  • 徒目付失踪

(上記にて完結)

新兵衛シリーズ:角川春樹事務所[編集]

(新兵衛捕物御用シリーズ:徳間書店として再版)

  • 水斬の剣
  • 夕霧の剣
  • 白閃の剣
  • 暁の剣 

(上記にて完結)

父子十手捕物日記シリーズ:徳間書店[編集]

  • 父子十手捕物日記
  • 春風そよぐ
  • 一輪の花
  • 蒼い月
  • 鳥かご
  • お陀仏坂
  • 夜鳴き蝉
  • 結ぶ縁
  • 地獄の釜
  • なびく髪
  • 情けの背中
  • 町方燃ゆ
  • さまよう人
  • 門出の陽射し
  • 浪人半九郎
  • 息吹く魂
  • ふたり道
  • 夫婦笑み

(上記にて完結)

半九郎シリーズ:角川春樹事務所[編集]

  • 半九郎残影剣
  • 半九郎疾風剣

(上記にて完結)

口入屋用心棒シリーズ:双葉社[編集]

  • 逃げ水の坂
  • 匂い袋の宵
  • 鹿威しの夢
  • 夕焼けの甍
  • 春風の太刀
  • 仇討ちの朝
  • 野良犬の夏
  • 手向けの花
  • 赤富士の空
  • 雨上りの宮
  • 旅立ちの橋
  • 待伏せの渓
  • 荒南風の海
  • 乳呑児の瞳
  • 腕試しの辻
  • 裏鬼門の変
  • 火走りの城
  • 平蜘蛛の剣
  • 毒飼いの罠
  • 跡継ぎの胤
  • 闇隠れの刃
  • 包丁人の首
  • 身過ぎの錐
  • 緋木瓜の仇
  • 守り刀の声
  • 兜割りの影
  • 判じ物の主
  • 遺言状の願
  • 九層倍の怨
  • 目利きの難
  • 徒目付の指
  • 三人田の怪
  • 傀儡子の糸
  • 痴れ者の果
  • 木乃伊の気
  • 天下流の友
  • 御上覧の誉

郷四郎 無言殺剣シリーズ:中央公論新社[編集]

  • 大名討ち
  • 火縄の寺
  • 首代一万両
  • 野盗薙ぎ
  • 妖気の山路
  • 獣散る刻(とき)
  • 妖かしの蜘蛛
  • 百忍斬り
  • 正倉院の闇
  • 柳生一刀石

下っ引夏兵衛シリーズ:講談社[編集]

  • 闇の目
  • 関所破り
  • かどわかし

惚れられ官兵衛謎斬り帖シリーズ:祥伝社[編集]

  • 闇の陣羽織  (2010.4)
  • 野望と忍びと刀

大江戸やっちゃ場伝シリーズ:幻冬舎[編集]

  • 大地
  • 胸突き坂

その他[編集]

  • 義元謀殺(上・下)角川春樹事務所(2000.3)
  • 血の城 角川春樹事務所(2000.10)
  • 飢狼の剣 角川春樹事務所(2001.6)
  • 角右衛門の恋 中央公論新社(2005.9)
  • 宵待の月  幻冬舎(2007.12)
  • 大脱走  中央公論新社(2009.6)
  • 湖上の舞  朝日新聞出版(2009.10)
  • 忍び音   幻冬舎 (2010. 5)
  • にわか雨   徳間書店(2010. 8)

[編集]

  1. ^ http://ashishi.exblog.jp/18283708/