池田久輝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

池田 久輝(いけだ ひさき、1972年12月12日‐)は、日本小説家であり、脚本家。脚本家としては池田 長十(いけだ ちょうじゅう)名義で活動している。京都府乙訓郡大山崎町生まれ。

略歴[編集]

  • 1998年:同志社大学法学部政治学科卒業
  • 1999年:京都にて朗読ユニット「グラス・マーケッツ」を結成
  • 2013年:初の長編小説『晩夏光』で第五回角川春樹小説賞受賞
  • 2013年10月:『晩夏光』刊行
  • 2014年6月:日本推理作家協会入会
  • 2014年7月:『枯野光』刊行
  • 2015年4月:『まるたけえびすに、武将が通る。』刊行
  • 2015年6月:『タッグ 私の相棒』日本推理作家協会/編

人物[編集]

京都府乙訓郡大山崎町在住。同志社大学法学部政治学科卒業後、ウェブデザインに携わる。2013年に長編小説『晩夏光』で第五回角川春樹小説賞を受賞し、小説家デビューした。代表作である『晩夏光』、『枯野光』は、ともに香港の裏社会を舞台にしたハードボイルド小説。作家活動の傍ら、池田長十名義で朗読ユニット「グラス・マーケッツ」の脚本・演出家としても活動している。趣味は映画観賞、海外旅行。

受賞歴[編集]

  • 2013年‐『晩夏光』第五回角川春樹小説賞受賞

著書[編集]

小説[編集]

  • 『晩夏光』(角川春樹事務所、2013年10月1日)
  • 『枯野光』(角川春樹事務所、2014年7月31日)
  • 『まるたけえびすに、武将が通る。~京都甘辛事件簿~』(幻冬舎文庫、2015年4月10日)
  • 『タッグ 私の相棒』日本推理作家協会/編(角川春樹事務所、2015年6月13日)
  • 『虹』小説推理6月号(双葉社、2015年6月27日)
  • 『影』小説推理3月号(双葉社、2016年1月27日)
  • 『空』小説推理3月号(双葉社、2017年1月27日)

エッセイ[編集]

  • 『二次元の街』月刊J-novel2015年2月号(実業之日本社、2015年1月15日)
  • 『私のとっておきシネマ』小説推理4月号(双葉社、2015年2月27日)

外部リンク[編集]