今官一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

今 官一(こん かんいち、1909年明治42年)12月8日 - 1983年昭和58年)3月1日)は、日本小説家

青森県弘前市西茂森町に藤田三次郎(藤田匡の一族)の孫、今宮吾の三男として生まれる。東奥義塾の学生時代1926年(昭和2年)に中田重治より洗礼を受ける。

早稲田大学露文科中退。同郷出身の太宰治と親しく、桜桃忌の名は今によって名付けられた。1956年(昭和31年)、『壁の花』で第三十五回直木賞を受賞。

作品[編集]

  • 海鴎の章 竹村書房 1940
  • 竜の章 チクマ書房 1941
  • 『幻花行』文潮社 1949
  • 文学のふるさと(編)毎日新聞社 1954
  • 『壁の花』芸術社 1956
  • 第13号桟橋 芸術社 1957
  • 『詩人福士幸次郎』弥生書房 1957
  • 赤穂義士物語 集英社 1957 (少年少女物語文庫)
  • 隅田川のMississippi stylus詩鈔 今官一詩集 木曜書房 1957 (リベルタン叢書)
  • 風流博物誌 荒地出版社 1959
  • 角瓶の中の処女 竜書房 1959
  • 牛飼いの座 講談社 1961
  • にっぽん好色美女伝 SF講談 一水社 1965 (かもめ新書)
  • 太宰治 上 鶴書房 1968 (青春の伝記)
  • KONKANの津軽ぶし 津軽書房 1969
  • 『不沈 戦艦・長門』R出版 1972 (海の戦記)
  • エリアの民芸品・津軽の美 緑の笛豆本の会 1974.7
  • 今官一作品集 1 『巨いなる樹々の落葉』津軽書房 1976
  • 今官一作品 津軽書房 1980.8
  • 想い出す人々 津軽書房 1983.7
  • わが友太宰治 津軽書房 1992.6
  • パパおうちが燃えてるのよォ 緑の笛豆本の会 1996 (緑の笛豆本)
  • 銀簪・海の百合 今官一選集 津軽書房 2006.12

参考文献[編集]

関連人物[編集]