テロリストのパラソル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
テロリストのパラソル
著者 藤原伊織
発行日 1995年9月14日
発行元 講談社
ジャンル ハードボイルド推理小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 上製本
ページ数 314
コード ISBN 978-4-06-207797-2
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

テロリストのパラソル』は、藤原伊織による日本ハードボイルド小説江戸川乱歩賞及び直木賞受賞作[1]

概要[編集]

1995年に第41回江戸川乱歩賞を、翌1996年に第114回直木賞を受賞した。乱歩賞と直木賞のW受賞は史上初であった[1]。また、週刊文春ミステリーベスト10で第1位に、このミステリーがすごい!では6位にランクインした。

乱歩賞では、予備選考・本選考ともに、審査員の満場一致で絶賛され受賞が決まったという。当時の審査員は、高橋克彦阿刀田高井沢元彦北方謙三西木正明であった。

1996年に萩原健一主演でテレビドラマ化された。

2002年1月19日、本作の舞台となった新宿中央公園で爆弾爆発事件が発生し、本作との類似性がニュースとなった。

あらすじ[編集]

アル中バーテンダー島村は、20年前のある事件がきっかけで、名前を変え、過去を隠して生活していた。

穏やかな秋の日、新宿中央公園。いつものように、朝から公園でウイスキーを飲みながらウトウトしかけたその時、突然爆音が響いた。何らかの爆発物が爆発し、死傷者が多数出る。

事件の被害者の中に、かつて学生運動で共に闘った友人・桑野や、3カ月だけ同棲したことのある女性・優子が含まれていたことを知る。かつて桑野と島村は、爆弾事件を起こし、警察に追われていた。爆発現場に置きっぱなしにしてしまったウイスキーの瓶から指紋が割り出され、島村は今回の事件でも疑いがかかることに。否応なく事件に巻き込まれ、島村は犯人を見つけようとする。

登場人物[編集]

島村 圭介(しまむら けいすけ)
アルコール中毒バー「吾兵衛」のバーテンダー。バーには酒類とホットドッグしかメニューがない。
旧名・菊池俊彦。東大在学時に、友人らと学生運動に興じた。その後、大学を中退し、ボクシングを始め、そこそこ実力を付けた。
タツ
20代後半のホームレス。事件の約2カ月前に島村と知り合った。事件後、島村に寝ぐらを提供する。
浅井 志郎(あさい しろう)
興和商事社長。暴対法施行直前に株式会社に鞍替えしたヤクザ。経済などに詳しい。爆発があった日の夜に、「吾兵衛」を訪れ、島村に忠告する。元警官という異色の経歴を持つ。
松下 塔子(まつした とうこ)
20年前、まだ島村が本名で過ごしていた頃に、3カ月だけ共同生活を送った園堂優子の娘。21歳。母親が爆弾事件で亡くなったことを島村に知らせに来る。祖父は現職の国会議員。
桑野 誠(くわの まこと)
1971年、島村(当時は菊池)と共に車爆弾事件を起こしたとされているが、実際は事故に近かった。今回の爆発事件で死亡が報道される。
望月(もちづき)
浅井と共に島村の元を訪れた、浅井の手下。
岸川(きしかわ)
ホームレス。法医学関連の本を英語の原書で読んでいる。
宮坂 まゆ(みやさか まゆ)
父・徹と共に公園を訪れており、爆発の直前、島村と会話を交わした6歳の少女。本人は奇跡的に軽傷で済むが、父親が死亡してしまう。

テレビドラマ[編集]

1996年11月15日フジテレビ金曜エンタテイメント」枠で放映された。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]