井出孫六

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

井出 孫六(いで まごろく、1931年9月29日 - )は、日本小説家、ルポライター。

来歴・人物[編集]

長野県南佐久郡臼田町(現佐久市)生まれ。旧制東京都立九段中学を経て東京大学文学部仏文科卒。政治家井出一太郎、医学者井出源四郎は兄、評論家の丸岡秀子は姉、厚生大臣などを務めた井出正一は甥、衆議院議員の井出庸生は甥の子。また、兄・井出正治の孫である井出一平(EPPAI[要出典]は、東京都公認ヘブンアーティスト。

中・高校教師、中央公論社勤務の後、『秩父困民党群像』で文壇に登場。1975年川上冬崖の謎の最期を描いた『アトラス伝説』で第72回直木賞1986年、『終わりなき旅 「中国残留孤児」の歴史と現在 』で第13回大佛次郎賞。『抵抗の新聞人桐生悠々』『島へ』『ねじ釘の如く』ほか。

日本文芸家協会理事、日本ペンクラブ会員。

九条の会」傘下の「マスコミ九条の会」呼びかけ人を務めている[1]

著書[編集]

  • 秩父困民党群像 新人物往来社、1973
  • 峠の廃道 明治十七年秩父農民戦争覚え書二月社、1975
  • 自由自治元年 秩父事件資料・論文と解説(編著)現代史出版会、1975
  • 犯罪者たち 筑摩書房、1976
  • 峠の軍談師 連作・秩父困民党稗史 河出書房新社、1976
  • 明治・取材の旅 現代史出版会、1977
  • 虚栄の時代 毎日新聞社、1978
  • 変貌する風土 三一書房、1978
  • 昭和ヒトケタの遺恨 柏書房、1978
  • 秩父困民党紀行 平凡社カラー新書、1978
  • 秩父困民党 講談社現代新書、1979
  • 私の秩父地図 たいまつ社、1979
  • 峠をあるく 筑摩書房、1979
  • 明治民衆史を歩く 新人物往来社、1980
  • 抵抗の新聞人桐生悠々 岩波新書、1980
  • 自由民権機密探偵史料集(編著) 三一書房、1981
  • 日本百名峠 桐原書店、1982
  • 杏花爛漫 小説佐久間象山 朝日新聞社、1983
  • 峠 はるかなる語り部 白水社、1984
  • 島へ 筑摩書房、1985
  • 終わりなき旅 岩波書店、1986
  • その時この人がいた 毎日新聞社、1987
  • 保科五無斎 リブロポート(シリーズ民間日本学者)、1988
  • 昭和の晩年 みすず書房、1989
  • 山の貌 新樹社、1990
  • 一九四五年、ぼくは中学生だった 河出書房新社、1991
  • ルポルタージュ戦後史 岩波書店、1991
  • 日本の風景を歩く 大修館書店、1992
  • 満蒙の権益と開拓団の悲劇 岩波ブックレット、1993
  • インドシナの風 桐原書店、1994
  • 風変わりな贈り物 新樹社、1994
  • 朝河貫一 北樹出版、1995
  • 信州奇人考 平凡社、1995
  • ねじ釘の如く 岩波書店、1996
  • 八月十五日ぼくはナイフをすてた ポプラ社、1998(新・のびのび人生論)
  • ふるさと讃歌 家の光協会、1998
  • 歴史のつづれおり みすず書房、1999
  • 石橋湛山と小国主義 岩波ブックレット、2000
  • 歴史に学ぶ 風濤社、2000
  • 柳田国男を歩く 岩波書店、2002
  • 新・千曲川のスケッチ 郷土出版社、2002
  • 国を越えた日本人 風濤社、2003
  • 野口英世 岩波ジュニア新書、2004
  • 男の背中 平原社、2005
  • 文学作品に見る太平洋戦争と信州 一草舎出版、2005

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ マスコミ九条の会(よびかけ人はだれですか)