石井筆子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

石井 筆子(いしい ふでこ、文久元年4月27日1861年4月27日) - 昭和19年(1944年1月24日)は、日本の近代女子教育者の1人である。日本初の知的障害者福祉の創始者の一人。

生涯[編集]

肥前国大村藩士の渡辺清・ゲンの長女として生まれる。父・清は幕末から明治維新にかけての志士で、明治政府では福岡県令元老院議官等の要職を歴任し、男爵に叙せられた。筆子の叔父・渡辺昇も同じく幕末から明治維新の志士で坂本龍馬と親交を持ち、薩長同盟の周旋をした功労者である。渡辺汀は弟(父の養子)で滝乃川学園の3代目学園長である。

筆子は東京女学校を卒業後、1880年に皇后の命によりヨーロッパに留学[1][2][3][4]。帰国後の1885年、筆子は津田梅子と共に華族女学校の教師となり、筆子はフランス語科目の授業を受けもった。そのときの教え子に貞明皇后がいた。女子教育振興組織の「大日本婦人教育会」を創設、貧困家庭の女子の自立を図るための職業教育を無料でおこなう大日本婦人教育会付属女紅女学校を開校。また鹿鳴館の舞踏会にも度々参加し、「鹿鳴館の華」と評判だった[5]。さらに静修女学校の校長に就任し、近代女子教育者としても活躍した。静修女学校は後に津田が主宰していた女子英学塾に引き継がれ、現在の津田塾大学となる。

筆子は同郷の高級官吏・小鹿島果(1857-1892)と1884年に結婚するが、生まれた3人の娘のうち2人は知的障害があり、あとの1人は虚弱で出産後ほどなく死亡。その上、1892年に夫の果が35歳で死去する。その頃、キリスト教の洗礼を受けてクリスチャンになる。[6] その後、娘を石井亮一が主宰する滝乃川学園に預けていた経緯から学園に経済的・精神的な援助を惜しまないようになる。その過程で園長の亮一の人間性に惹かれ、再婚。知的障害者の保護・教育・自立に献身する。

当時の世情は富国強兵の政策もあって、生産能力に欠ける存在とされていた知的障害への理解は甚だ乏しく座敷牢で一生涯を送る者も少なくなかった。筆子は実際に教育現場に立つ一方、華族出身であったことを生かし皇族、華族、財界人からの支援を受けることに成功し、滝乃川学園の発展に貢献した。晩年には脳出血で半身不随となり、更に学園維持のための莫大な借金を抱えたまま夫に先立たれる。学園の閉鎖も検討するが、学園の維持こそ夫の遺志を継ぐことと奮起し1937年10月16日、76歳の高齢で2代目学園長に就任する。しかし戦時中であり、生徒や教職員の戦死など困難の続く中、学園の将来を案じつつ83歳で死去した。

学園は戦争を乗り切り、社会福祉法人・滝乃川学園として維持され現在に至っている。

人物[編集]

明治政府お雇い外国人のドイツ人医師エルヴィン・フォン・ベルツは、明治22(1889)年3月に外務次官青木邸で催された宴会で袴姿の筆子を見かけ、「日本の一女性の出現によりすっかり魅了されたが、それは小鹿島夫人で、自分がこれまでに出会った最も魅力ある女性の一人だ。夫人は達者に英語、フランス語、オランダ語をしゃぺり、敢えて日本の袴を洋装に利用する勇気があった」と日記に記している[7]

出典[編集]

著書[編集]

  • 『火影』 藤本鐡助、1920年11月NCID BA36334817[8]
  • 『自然界とおとぎばなし,』 東京堂書店、1924年12月NCID BA59487293
  • 『過にし日の旅行日記 : 明治三十一年米國に使せし折の顛末』 澤田廣憲、1932年11月NCID BA49629201

石井筆子に関する文献[編集]

単行本
  • 石井亮一 『石井亮一全集』 城戶幡太郎 他、石井亮一全集刊行会、1940年NCID BN05894604
  • 五味百合子, 編纂.「石井筆子」、『社会事業に生きた女性たち : その生涯としごと』、ドメス出版、1983年[9]
  • 河尾豊司 『石井筆子』 日本聖公会聖マルコ教会、2000年NCID BA48968733
  • 真杉章 『天使のピアノ・石井筆子の生涯』 武蔵野ネット、2000年ISBN 9784944237029OCLC 674579228
  • 津曲裕次 『石井筆子』49、青空社〈シリーズ福祉に生きる〉、2001年
  • 『無名の人石井筆子・“近代”を問い歴史に埋もれた女性の生涯』 ドメス出版、2004年ISBN 9784810706185OCLC 56824496[10]
  • 小田部雄次 『華族家の女性たち』 小学館、2007年ISBN 9784093877107
  • 歴史教育者協議会, 編纂.『歴史を生きた女性たち』第2巻、汐文社、2010年3月ISBN 9784811385518
  • 井出孫六 『いばら路を知りてささげし : 石井筆子の二つの人生』 岩波書店2013年ISBN 9784000259286
  • 津曲裕次 『「石井筆子」読本 : 鳩が飛び立つ日—男女共同参画と特別支援教育・福祉の母』 大空社、2016年ISBN 9784283013254NCID BB21002479
  • 長島要一 『明治の国際人・石井筆子 : デンマーク女性ヨハンネ・ミュンターとの交流』 新評論、2014年ISBN 9784794809803OCLC 891549392[11]
紀要・資料集
  • 津曲裕次「石井筆子先生の外国体験について」、『淳化』第7号、滝乃川学園学園史研究会、1992年
  • 津曲裕次「石井筆子の幼少期に関する研究ノート」、『高知女子大学紀要』第48巻、高知女子大学、1999年3月、 1-14頁、 ISSN 1344-8277OCLC 5172519942[12]
  • 津曲裕次「石井筆子と1898(明治31)年万国婦人倶楽部大会」、『高知女子大学紀要』第49巻、高知女子大学、2000年3月、 1-8頁、 ISSN 1344-8277OCLC 5172519954
  • 津曲裕次「石井筆子の1898(明治31)年訪米の研究 : シカゴからニューヨークへ」、『高知女子大学紀要』第50巻、高知女子大学、2001年3月、 47-54頁、 ISSN 1344-8277
  • 津曲裕次「石井筆子研究 : 『大日本婦人教育会雑誌』との関わり」、『純心人文研究』第11号、長崎純心大学2005年、 25-31頁、 ISSN 13412027
  • 「石井筆子の生涯 : 近代を拓いた女性—いばら路を知りてささげし」、大村市・石井筆子顕彰事業実行委員会、2002年
  • 米田宏樹「映画評「無名の人=石井筆子の生涯」と若干の考察 : 福祉史研究の今後」第1号、2007年5月
  • 『石井筆子(ヒロインたちの記憶): “小さき者”に愛を捧げた知的障害者教育の先駆者』 ラビューテイ編集室、オルビス〈La Beauty〉、2007年
  • 津曲裕次「滝乃川学園「石井記念文庫」の形成とその歴史的意義 : 欧文蔵書の分析を通して」、『人間文化研究』第5巻、長崎純心大学、2007年3月1日、 1-7頁。
  • 大石さちこ「私の見てある記 鹿鳴館の名花石井筆子の生涯 : 障害児教育の先駆者」、『共済新報』第52巻第4号、2011年4月、 31-33頁、 ISSN 13425234
  • 德永幸子「岩永マキと石井筆子の福祉実践の時代背景」、『活水論文集』第56巻、活水女子大学2013年3月、 109-126頁、 ISSN 18807720
  • 津曲裕次「津曲裕次教授 最終講義 石井筆子の三つの世界(長崎・日本・世界)  : 「施設史」研究からの見えてきたもの(津曲裕次教授 退任記念号)」、『純心現代福祉研究 (Junshin journal of human services)』第20号、2016年、 1-13頁、 ISSN 13421506
その他
  • 外務省記録「亜米利加国婦人倶楽部連合会大会開設ニ付キ津田梅子外一名参列一件附英国ヘ応招ノ件」(1880年(明治13年)、1898年(明治31年))

登場作品[編集]

映画

脚注[編集]

  1. ^ 『過にし日の旅行日記 : 明治三十一年米國に使せし折の顛末』 澤田廣憲、1932年11月NCID BA49629201
  2. ^ 外務省記録「亜米利加国婦人倶楽部連合会大会開設ニ付キ津田梅子外一名参列一件附英国ヘ応招ノ件」。1880年(明治13年)、1898年(明治31年)
  3. ^ 津曲裕次「石井筆子と1898(明治31)年万国婦人倶楽部大会」、『高知女子大学紀要』第49巻、高知女子大学、2000年3月、 1-8頁、 ISSN 1344-8277OCLC 5172519954
  4. ^ 津曲裕次「石井筆子の1898(明治31)年訪米の研究 : シカゴからニューヨークへ」、『高知女子大学紀要』第50巻、高知女子大学、2001年3月、 47-54頁、 ISSN 1344-8277
  5. ^ 小田部雄次 『華族家の女性たち』 小学館、2007年ISBN 9784093877107
  6. ^ 知的障害児教育の母 石井筆子” (2012年3月). 2017年1月27日閲覧。
  7. ^ 明治後期小学校女子教師の服装について : 裳袴・筒袖を中心にして岩崎雅美 (日本家政学会, 1993-01-15) 日本家政学会誌. 44(1)
  8. ^ 石井筆子著『火影』(1920年11月発行)を再録。(『石井亮一の部』1、日本精神薄弱者愛護協会精神薄弱者福祉思想研究会、日本精神薄弱者愛護協会〈精神薄弱者福祉思想研究叢書〉、1970年9月NCID BA67272645)
  9. ^ 社会事業に生きた女性たち : その生涯としごと (ドメス出版): 1983”. 2017年1月27日閲覧。
  10. ^ シンポジウムの講演録ほかを編集(大宮市民会館・2002年9月1日開催)"Kindai" o toi rekishi ni umoreta josei no shōgai : mumyō no hito Ishii Fudeko (Book, 2004) [WorldCat.org]”. 2017年1月27日閲覧。
  11. ^ Meiji no kokusaijin Ishii Fudeko : Denmāku josei Yohanne Myuntā to no kōryū (Book, 2014) [WorldCat.org]”. 2017年1月27日閲覧。
  12. ^ 石井筆子の幼少期に関する研究ノート”. 2017年1月27日閲覧。
  13. ^ 『無名の人 : 石井筆子の生涯』. ピース・クリエイト有限会社 (販売).. (2006年) 
  14. ^ a b 映画評平井雄一郎「二つの「石井筆子」映画を手がかりに(歴史のひろば 歴史ドラマと歴史ドキュメンタリー)」、『歴史評論』第705号、2009年1月、 70-81頁。