堀川惠子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
堀川 惠子
生誕 1969年
日本の旗 日本 広島県
教育 広島大学総合科学部卒業
職業 放送記者
テレビディレクター
ノンフィクション作家
代表経歴 広島テレビ放送報道記者
広島テレビ放送ディレクター

堀川 惠子(ほりかわ けいこ、1969年[1][2]11月27日[3] - )は、日本のジャーナリストドキュメンタリーディレクターノンフィクション作家。 「堀川 恵子」とも表記[4][5][6]

来歴[編集]

広島県生まれ[1][2]1992年広島大学総合科学部を卒業[1]1993年広島テレビ放送へ入社[2]報道記者・ディレクターを経て[1]2004年に報道部デスクを最後に退社[1]2005年よりフリーのドキュメンタリーディレクターとして映像番組を制作する[2]。また、制作した映像番組の内容を文章作品としても発表している[2]

2010年「死刑の基準-『永山裁判』が遺したもの」(日本評論社)で第32回講談社ノンフィクション賞受賞。2011年『裁かれた命 死刑囚から届いた手紙』(講談社)で第10回新潮ドキュメント賞受賞。2012年放送ウーマン賞2011受賞[2]2013年、『永山則夫 封印された鑑定記録』(岩波書店)で第4回いける本大賞受賞[7]。2014年、『教誨師』(講談社)で第1回城山三郎賞を受賞。2016年、日本記者クラブ賞特別賞受賞、『原爆供養塔』(文藝春秋)で第47回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。

制作番組[編集]

広島テレビ時代[編集]

  • 島で死にたい ある老人ホームの破綻(1997年、日本テレビ系列)
  • マツダ再生への道 日米自動車野郎たち(2002年、日本テレビ系列) ※NNN優秀賞
  • スーパーモデル御用達 ニッポンの筆世界に挑む(2003年、日本テレビ系列) ※ギャラクシー賞(第40回テレビ部門選奨)、日本民間放送連盟賞(第51回テレビ教養番組部門優秀賞)
  • チンチン電車と女学生(2003年、日本テレビ系列) ※放送文化基金賞(第30回テレビドキュメンタリー番組賞)、日本民間放送連盟賞(第52回テレビ教養番組部門最優秀賞)
  • 折り鶴はこうして集まった(2004年、日本テレビ系列) ※厚生労働省福祉文化財推薦

フリー転身後[編集]

  • ヒロシマ・戦禍の恋文〜女優・森下彰子の被爆(2005年、NHK) ※ATPテレビグランプリ2006ドキュメンタリー部門優秀賞
  • 田原総一朗スペシャル BC級戦犯124通の遺書(2007年、テレビ朝日系列
  • 新藤兼人95歳 人生との格闘果てず(2008年、NHK)
  • 死刑囚永山則夫 獄中28年間の対話(2009年、NHK) ※ギャラクシー賞(第47回テレビ部門大賞)、アメリカ国際フィルム・ビデオ祭(ドキュメンタリー部門シルバースクリーン賞)
  • 死刑裁判の現場 ある検事と死刑囚の44年(2010年、NHK)
  • 法務大臣の苦悩 死刑執行の現場(2011年、NHK)

著書[編集]

共著[編集]

  • 『チンチン電車と女学生 1945年8月6日ヒロシマ』小笠原信之共著(日本評論社、2005年)講談社文庫、2015 
  • 『日本の戦争 BC級戦犯 60年目の遺書』田原総一朗監修 田中日淳編 堀川聞き手(アスコム、2007年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 外部リンク『日本評論社サイト内著者紹介』を参照。
  2. ^ a b c d e f 外部リンク『放送ウーマン賞2011』を参照。
  3. ^ 日本記者クラブ
  4. ^ 書評:永山則夫―封印された鑑定記録 [著]堀川恵子 - BOOK.asahi.com:朝日新聞社の書評サイト(評者:出久根達郎=作家、掲載:2013年04月28日)
  5. ^ 堀川恵子さんと白石草さん - 永田浩三の極私的ブログ「隙だらけ 好きだらけ日記」(2012年3月28日付)
  6. ^ 堀川恵子のプロフィール - 『エルパカBOOKS』より
  7. ^ 第4回「いける本大賞」、決まる - 『新文化』(新文化通信社)2013年11月12日付ニュース

参考資料[編集]

  • 各種外部リンク

関連項目[編集]

外部リンク[編集]