劇団東演

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

劇団東演(げきだんとうえん)は、日劇団1959年結成。

概要[編集]

1959年に俳優の相沢治夫と演出家の八田元夫下村正夫を中心に前身である「東京演劇ゼミナール」を結成。第1回の上演作品はチェーホフの「できそこない」だった。 1962年に現在の「劇団東演」に変更し、八田と下村が交互に演出した。八田と下村が亡くなった後、1978年下北沢を本拠地に移し、小劇場「東演パラータ」を開場した。

映画放送部として「株式会社ぱらーた企画」が存在していたが、現在は解散している[1]

代表作[編集]

脚注[編集]

  1. ^ モガの選択その2”. 敏腕Pの日々のつぶやき(高橋俊也公式ブログ) (2006年11月27日). 2013年4月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]