白石草

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

白石 草(しらいし はじめ、1969年 - )は日本のジャーナリスト。 NPO法人OurPlanet-TV代表理事。

経歴[編集]

1969年生まれ。1993年早稲田大卒業後、テレビ朝日系の制作会社、東京メトロポリタンテレビジョンを経て2001年、非営利のインターネット放送局「OurPlanet-TV」を設立。2005年NPO法人となる。2012年、日本女性放送者懇談会の「放送ウーマン賞[1]日本ジャーナリスト会議の「JCJ賞」を受賞。福島原発事故をめぐる東京電力のテレビ会議を題材にしたドキュメンタリー『東電テレビ会議49時間の記録』で2014年、日本科学技術ジャーナリスト会議の「科学ジャーナリスト大賞[2]を受賞した。

人物[編集]

自民党政権によって低所得者に手当てを厚くするために高校無償化が世帯年収910万円以上は対象外に変更された[3]ため、自身の子供が対象外となったため所得制限を設けたことを批判している[4]

著作[編集]

単著

  • 『ビデオカメラでいこう〜ゼロからはじめるドキュメンタリー制作』七つ森書店、2008年3月 ISBN-10 4822808602
  • 『メディアをつくる〜「小さな声」を伝えるために』岩波書店、2011年 ISBN-10 4002708233
  • 『ルポ チェルノブイリ28年目の子どもたち ウクライナの取り組みに学ぶ』岩波書、2013年 ISBN-104002709175

脚注[編集]

  1. ^ 放送ウーマン賞2011http://www.sjwrt.org/award/award_2011.html
  2. ^ 科学ジャーナリスト賞2014 http://jastj.jp/jastj_prize#prize_2014
  3. ^ [1]「高校無償化、世帯年収910万以上は対象外に 低所得者層に手厚く」
  4. ^ https://twitter.com/hamemen/status/859741313129828352

外部リンク[編集]