宇田川清江

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
うだがわ きよえ
宇田川 清江
プロフィール
出身地 日本の旗 日本
生年月日 (1935-01-04) 1935年1月4日(82歳)
最終学歴 青山学院大学英米文学科
所属事務所 NHK→フリー
職歴 アナウンサーアンカー
出演番組・活動
現在 『NHKラジオアーカイブス』
過去 ラジオ深夜便

宇田川 清江(うだがわ きよえ、1935年1月4日 - )は、元NHKアナウンサー


人物・経歴[編集]

東京府出身。元々女優志願だったが、家庭の事情もあり[要出典]1957年青山学院大学英米文学科卒業後NHK入局[1]。当時は今ほど女性アナウンサーを採用しておらず、入局後は東京アナウンス室大阪局に配属というケースが一般的であった中、珍しく札幌局へ配属された。東京へ転勤後音楽番組などを担当し、1964年に退局、フリーアナウンサーとなる。

古巣NHKでの『ラジオ深夜便』アンカー職は開始当初から務める。2007年には第七回徳川夢声市民賞を受賞したが、高齢となったことや担当が20年に及んだことから、2009年度いっぱいで降板した。宇田川枠の後任には徳田章が起用された。2009年度の放送ウーマン賞の日本女性放送者懇談会40周年特別賞を受賞する[2]

水泳インストラクターとしても活動している。趣味は麻雀

ラジオ深夜便[編集]

  • 番組では1990年の開始当初から、毎週土曜日→日曜日にまたがる分のアンカーを務めた。
  • 1999年度、山根基世アナウンサー(現・フリーアナウンサー)が月1回担当することになったため、月3~4回の担当に変わった。
  • 更に2000年度からは、加賀美幸子元アナウンサーとの交替担当となり、奇数週=第1・3・5週目の土曜日スタート分の担当となった。
  • 2005年3月19日20日にかけての放送を最後に、開始当初からずっと担当してきた土曜日スタートの担当から、奇数週日曜日スタートの担当に変更された。宇田川担当枠は、NHK放送研修センター・日本語センターに移籍した榊寿之アナウンサー担当に変わった。
  • その経験は『眠れぬ夜のラジオ深夜便』(新潮社新潮新書)にも著された。また、2010年の番組卒業に際し、これまでの業績を称えてNHKサービスセンター発行の番組機関紙から、「ラジオ深夜便読本・宇田川清江特集」が出版された。特定アンカーを取り上げた書籍は異例だった。
  • 2・3時台の音楽コーナーの楽曲について、23時台・0時台の番組案内ではその日放送が予定される楽曲を予め全部紹介していた。
  • 自他ともに認める韓国ファンであり、番組中で韓国系楽曲をかけることも多い。
  • 月一回のカットは神宮前の美容室で寺本剛が担当しているという。

出演番組[編集]

著作[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 第77回 慶応あるびよんくらぶ土曜教養講座 「ラジオの力、声の力」 - ラジオ深夜便から教えられたこと -”. 慶應あるびよんくらぶ (2013年10月12日). 2016年6月28日閲覧。
  2. ^ 歴代受賞者”. 日本女性放送者懇談会 SJWRT. 2016年6月21日閲覧。