青山学院大学文学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
青山学院大学 > 青山学院大学文学部

青山学院大学文学部(あおやまがくいんだいがくぶんがくぶ)は、青山学院大学が設置する文学部

ベリーホール
(日本国登録有形文化財)

概要[編集]

青山学院大学文学部は、1949年新制大学として認可され、青山学院大学として発足した際に、商学部(現在の経済学部)、工学部[1][2]と共に設置された青山学院大学最古の歴史を持つ学部である。青山学院大学は、東京英和学校を前身としていることから分かるように、長年、英語教育を重視しており、「英語の青山」と称されることもある[3][4]。その中でも、文学部は英米文学科を設置しており、青山学院の英語教育の中枢を担っていると言えよう。しかし、1944年太平洋戦争の影響から専門部を閉鎖し、英語教育を中断した歴史もある。戦後の1946年、青山学院専門学校の中で英語教育は再開された。1949年新制大学として認可を受けて文学部、商学部工学部が設置され、文学部には英米文学科、基督教学科が置かれた。翌年の1950年には、教育学科および各学科の第二部が設置される。1961年、基督教学科を神学科に改称された。その後は、フランス文学科、日本文学科、史学科、心理学科が設置され、一方で神学科は廃止された。2009年、教育学科および心理学科は教育人間科学部教育学科、同学部心理学科として独立。2011年には第二英米文学科が廃止され第二部は消滅。2012年の比較芸術学科の設置を経て現在に至る。

青山学院大学文学部は、英米文学科、フランス文学科、日本文学科、史学科、比較芸術学科の5学科から形成される。「英語の青山」に代表される文学部英米文学科では、特に英語教育に力を入れている。

沿革[編集]

  • 1874年 - ドーラ・E・スクーンメーカーにより麻布に女子学校が創設、後の青山学院のルーツの1つとなる
  • 1881年 - 東京英学校ができる
  • 1883年 - 東京英学校が青山に移り東京英和学校に改称
  • 1894年 - 東京英和学校を青山学院に改称
  • 1904年 - 青山学院高等科・神学部が専門学校に認可
  • 1915年 - 高等科を高等部と改称
  • 1916年 - 高等部に人文科、英語師範科、実業科を設置
  • 1922年 - 人文科を廃し、英文科を設置
  • 1925年 - 高等部英文科を文科と改称
  • 1929年 - 高等部と神学部の総合名称を専門部とする
  • 1943年 - 神学部を閉鎖、日本東部神学校に合同
  • 1944年 - 専門部を閉鎖し明治学院専門学校に合同、青山学院工業専門学校を設置
  • 1946年 - 青山学院工業専門学校を青山学院専門学校に改称、英文科・経済科・機械科・土木建築科を設置
  • 1949年 - 新制大学として認可、文学部、商学部、工学部を設置、文学部には英米文学科、基督教学科が置かれる
  • 1950年 - 第二部英米文学科、教育学科、第二教育学科、第二部基督教学科を設置
  • 1961年 - 基督教学科を神学科に改組、第二部基督教学科を廃止
  • 1962年 - フランス文学科を設置
  • 1966年 - 日本文学科を設置
  • 1968年 - 史学科を設置
  • 1977年 - 神学科を廃止
  • 2001年 - 文学部教育学科心理学専修コースを文学部心理学科へ改組
  • 2009年 - 第二部教育学科を廃止、文学部教育学科と文学部心理学科を教育人間科学部教育学科、教育人間科学部心理学科に改組
  • 2011年 - 第二英米文学科を廃止
  • 2012年 - 比較芸術学科を設置

学部・学科[編集]

  • 文学部
    • 英米文学科
    • フランス文学科
    • 日本文学学科
    • 史学科
    • 比較芸術学科

主な教職員[編集]

著名な出身者[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 1950年関東学院大学に譲渡(『青山学院九十年史』 515頁)。
  2. ^ 現在の理工学部は1965年に設置された(『青山学院九十年史』 553頁)。
  3. ^ 関東の大学力2017 青山学院大学”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2017年). 2019年1月17日閲覧。
  4. ^ “英語の青学”なのに国の補助金対象外、だからこそ出せる独自性とは?”. ニュースイッチ. 日刊工業新聞社 (2017年10月5日). 2019年1月18日閲覧。

外部リンク[編集]