ラジオ深夜便

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラジオ深夜便
ジャンル トーク・情報
放送方式 生放送(一部録音あり)
放送期間 1990年4月28日 -
放送時間 番組の時間割を参照
放送局 NHKラジオ第1
NHK-FM
NHKワールド・ラジオ日本
制作 NHK
パーソナリティ 出演アンカーを参照
テーマ曲 テーマ曲を参照
公式サイト 公式サイト
特記事項:
1990、1991年度は特集番組扱い、1992年度より定時番組
テンプレートを表示

ラジオ深夜便』(ラジオしんやびん)とはNHKが毎日放送している深夜放送番組ラジオ第1放送FMラジオ放送ラジオ国際放送が放送。 毎月全国各地で催行されるラジオ深夜便リスナー向けのイベントである『ラジオ深夜便の集い』として公開収録している。

概要[編集]

番組開始の背景[編集]

かつて、NHKのラジオ放送は災害時やオリンピック中継等を除き、ラジオ第1は5時、FMは6時に放送を開始し双方とも当初は翌0時、FMは1988年4月以後翌1時に放送休止時間帯に入っていた。当時の最終番組は一時期の23:50 - 翌0:00を除き、23:55 - 翌0:00の最終版のNHKニュースと、翌0:00の君が代演奏の後チェレスタによるインターバル・シグナルであったが、その前の番組は1965年4月 - 1984年3月が「夢のハーモニー」、1984年4月 - 1992年3月が「お休みの前に」[注釈 1] が放送され、この枠でも基本的にディスクジョッキーを務めるアナウンサーが聴取者に語り掛ける雰囲気で話し、クラシックなど比較的静かな音楽を放送していた。

しかし、1988年9月に昭和天皇が重体になって以降、天皇の容態を随時伝える目的でNHKは総合テレビ・ラジオ第1・FMを24時間放送し、本来の放送休止時間帯にあたる未明・早朝帯にフィラーとしてクラシック音楽と関連ニュースを放送した。この速報体制は1989年1月7日の昭和天皇の崩御をもって終了したが、「静かな音楽を終夜流す」という放送形態が支持を呼び、常時24時間放送出来ないかという投書が数多く寄せられた。

1989年11月の3連休に「67時間ラジオいきいきラリー」と題した特別放送を実施し、通常は保守点検を行う深夜の時間帯に音楽や落語などを放送すると、中高年層から「大人が聴ける静かな番組」として支持されて「ラジオ深夜便」の誕生に繋がった。

従来は深夜時間帯の自然災害や突発的なニュースの発生時に、放送設備の電源投入や宿直・仮眠中の職員の準備など放送を開始するまでに10 - 15分を要したが、本番組の開始により初期対応の迅速化も図れる。

このNHK初となる本格的な終夜の深夜放送を開始するにあたり、当時の担当ディレクターから番組の題名を社内公募して「ミッドナイトシャワー」「深夜のがんばるマン」など、100以上の提案[1] を得た。

ラジオ深夜便創設以降の歴史[編集]

1990年4月28日(27日深夜)から不定期放送で「特集 ラジオ深夜便」として0時から放送を開始する。1990年度は大型連休梅雨シーズン、年末年始春休みなどのほか、10月以降は週末にも放送した。1991年は、4月から仮定時放送に移行して月末を除いてほぼ毎日放送された。1992年度から23時台開始に繰り上げられて24時間放送[2] が始まるが、設備機器の保守作業や点検などで月に数回の休止日があり、#過去の放送時間に詳細を記す。1996年度からラジオ第1放送休止時にFM放送でリレー放送を開始[注釈 2][注釈 3][注釈 4] するが、当初はモノラル放送であった。1998年度から、放送時間は1:00 - 5:00となりラジオ第1とFM放送はステレオ同時放送が開始され、当初は月曜日の未明から早朝と保守点検実施日は休止であった。

  • 1992年頃は、日本放送協会労働組合である日本放送労働組合が、「労働強化」を理由に放送のレギュラー化に反対[注釈 5] した。
  • 1995年4月から、金曜日深夜に『関西発ラジオ深夜便』、月末の金曜日に『地方発ラジオ深夜便』、[注釈 6] それぞれの放送が始まる。
  • 1998年に菊池寛賞を受賞する。
  • 2000年に放送開始10周年を記念し、同番組のテーマソングをアレンジして芹洋子がイメージソング「夢」を発表する。
  • 2005年4月の放送開始15周年を記念して、画家エムナマエが製作したマスコットキャラクターを2004年11月に制定した。名称は一般公募で2005年1月末まで募集され、3月13日にNHKホールで開催した「ラジオ深夜便の集い」で「ゆめぞうくん」に決定した。
  • 2019年4月27日より4月30日まで、放送開始30年を記念し、「平成とともに30年『ラジオ深夜便』新時代へ」のテーマで、特別放送を実施。
  • 2019年8月に土曜日放送分の前座番組である『らじらー!』・『あさイチ』・『クローズアップ現代+』・『NHKスペシャル』・『今夜も生でさだまさし』とのコラボレーションで『この世界の片隅に』放送記念企画「#あちこちのすずさんプロジェクト」の一環として当番組公式サイト投稿分のエピソード紹介を放送した。
  • 2020年3月30日に、ラジオ深夜便30周年記念特番「ラジオ深夜便のつどい・30周年スペシャル」 (2020年3月8日:東京・渋谷NHKホールにて収録)を放送。
  • 2020年8月9日(8日深夜付け)・16日(15日深夜付け)の『深夜便ビギナーズ』にて前日の前座番組である『らじらー!』・『あさイチ』・『クローズアップ現代+』・『NHKスペシャル』・『今夜も生でさだまさし』とのコラボレーションで「終戦75年特別企画・#あちこちのすずさんプロジェクト2020」の一環としてらじらー!公式サイト投稿分のエピソード紹介を放送。

ラジオ深夜便創設後の他局への影響[編集]

深夜時間帯のラジオ聴取率で、本番組が民放ラジオを上回る曜日や地域が多い[要出典]ことから、民放局は、主に若年層や深夜勤務の運転手へ向けて制作していた深夜番組の編成を再構築するなど対策した。本番組が放送を開始する23時よりも前の時間帯で聴取層を獲得するべく[要出典]、TBSラジオは1998年10月から22時 - 翌0時[注釈 7] に「BATTLE TALK RADIO アクセス」、ニッポン放送は2009年11月から22時 - 翌0時[注釈 7] に「オールナイトニッポンGOLD」をそれぞれ開始した。

現在放送時間の変遷[編集]

放送局 放送時間 放送時間帯
午後11時台 午前0時台 午前1時台 午前2時台 午前3時台 午前4時台
NHK
ラジオ第1放送
23:05 - 29:00
(355分)
23:05 - 24:00
(55分)
24:10 - 25:00
(50分)
25:05 - 26:00
(55分)
26:05 - 27:00
(55分)
27:05 - 28:00
(55分)
28:05 - 29:00
(55分)
NHK-FM放送 25:05 - 29:00
(235分)
(放送なし)

放送体系[編集]

2020年度の放送体制を以下に記す。放送機器の点検・保守、台風報道や選挙報道および重大ニュース、プロ野球やオリンピックなどのスポーツ中継、組閣会見、国会でのNHK予算審議など、様々な要因による放送時間の変更に関しては後述する。

  • ラジオ第1放送
    • 毎日23:05 - 翌5:00。12月31日放送分は放送開始時間が変更になる。(詳細は後述
  • FM放送(いずれもステレオ放送)[注釈 8]
    • 毎日1:00 - 5:00、ラジオ第1放送が別番組を放送[注釈 9] の場合も1:00から通常番組を放送する。年末年始などFMが特別番組を編成する場合は放送時間の短縮や休止する場合がある。
  • NHKワールド・ラジオ日本
    • 毎日23:05 - 翌5:00。
    • かつては日曜日は2:00 - 2:45に1週間前のNHKのど自慢を再放送、2:45 - 2:55に名曲スケッチ、2:55 - 3:00に海外安全情報を放送していた。2013年度の番組改編でこれらの番組が1時台から移動した[注釈 10]
    • 月曜日は1:00 - 2:00に日曜討論を放送した時期があった(衛星ラジオは国内同時放送を行っているため再放送扱い)。原則として前日の日曜討論が放送時間枠拡大された場合や休止の場合は録音放送が休止となり、引き続き1時台も深夜便を同時放送するが、時間枠拡大の場合も時報を跨いで番組をそのまま続け、終了次第、途中飛び乗りで深夜便を同時放送することもあった。2013年度の番組改編で、「日曜討論」は日曜日9時台の国内同時放送に一本化されて録音放送枠は2013年3月末で打ち切りとなり、4月から深夜便の同時放送枠に変更された。
    • 1990年代後半から放送開始したが、開始当初は23時台と翌4時台のみ放送したのちに、独自制作番組や独自編成時間の大幅な縮小と引き換えに国内同時放送枠が拡大された。2009年4月から現在の放送体系である。国際放送は、短波放送は地域により放送される時間帯・周波数が異なるが、衛星デジタルラジオは同一チャンネルですべての時間帯を聴取できる。ラジオ第1放送が別番組を放送する場合[注釈 9] は1:00まで別番組に差し替えて、1:00以降はFM放送と同時に通常番組を放送するが、国会中継の録音放送で終了時間が1:00を越える場合は終了まで差し替え放送を継続する。2007年4月22日の日曜日は、深夜放送分の23日0:20 - 5:00にラジオ第1放送と完全に同時放送され、国際放送は同時放送開始以来初めて1時台、2時台、3時台が放送された。毎時、時報の1分前にネット音声回線を遮断して次の日本語放送の周波数告知案内を行ったが、通常は番組放送中の周波数案内は深夜便のみ[注釈 11] である。

インターネット聞き逃し配信[編集]

2017年5月より、NHKネットラジオ らじるらじるにて、原則放送翌日の19時以後(金・土・日・祝日は翌平日に更新)、翌週の同じ曜日の19時までの範囲で聞き逃し配信(アーカイブ配信)を提供している。ただし、著作権の関係で音楽が多用される翌2・3時台は配信されない。

また、民放ラジオポータルサイト「radiko」にて、NHKラジオの実験配信(2017年10月2日~2018年3月30日までと[3]、同年4月12日より1年間[4][5])が実施されているが、radikoでのタイムフリーサービスは利用出来ない。

放送時間の変遷[編集]

曜日は放送開始時刻基準。特記なきものは毎日同じ時間で放送
メンテ日=年2回、春・秋の特定期間を対象とした放送設備集中点検日。
  • 1992年-1995年まではこの期間の月曜-金曜深夜。
  • 1996年以後はラジオ第1は土曜・日曜を含むこの期間のおよそ10日間程度。FM(1998年以後)はこの期間の月曜-木曜2週間連続だが、各局任意となった2000年7月以後は金・土曜日に休止にする局も一部あり。
定時の休止日であっても、有事や大型連休お盆年末年始などは通常放送した日もある。
年度 ラジオ第1 FMラジオ 休止日 特記
1990年 0:00 - 5:00 放送なし 不定期(本文参照) 4月 - 9月:不定期放送
10月 - 3月:土曜 - 月曜は定時放送、他の曜日は不定期放送
1991年 毎週火曜と月末の火曜 - 金曜 月末の火曜-金曜を除いてほぼ毎日放送
1992年 - 1995年[2] 23:15[注釈 12] - 翌5:00 毎週月曜・メンテ日は
1:00終了
1992年4月よりラジオ第1・定時の24時間放送移行[2]
23:10スタートの時代(年度不明)は23:55 - 24:00にローカルニュース・天気予報を挿入したことがある。
1996年・1997年 1:00 - 5:00 ラジオ第1:第2・4月曜・メンテ日は1:00終了
FM:ラジオ第1休止日に1:00から続けて放送
ラジオ第1休止日にFMで放送開始。
ただし、日曜日は週によって地上波全チャンネル共通メンテナンスに当てていたため24時終了で
FMへのリレーがない日もあった
1998年 - 2000年6月 23:15 - 翌5:00 ラジオ第1(第2・4月曜・メンテ日)
FM(毎週日曜・メンテ日)
いずれも1:00 - 5:00
1998年4月より1:00 - 5:00はFM放送でも同時放送開始と共にFMも定時の24時間放送移行
2000年7月 - 2005年 ラジオ第1(第2・4月曜・メンテ日)
FM(第1・3日曜・メンテ日)
いずれも1:00 - 5:00
2000年7月より一応のメンテナンス日は設定するが、
休止は緊急有事対応のため各局任意となる
これは地震台風豪雨などの天災が発生した場合の災害対策基本法や、テロなどの大規模な有事が発生した場合の諸法律の義務を履行するための措置(総合テレビも同様)。
※ただし、大規模なメンテナンスにならない限り、両方の電波が止まることはほぼない。
2006年 月曜 - 金曜 23:20 - 翌5:00
土曜 23:10 - 翌5:00
日曜 23:40 - 翌5:00
ラジオ第1(第2月曜・メンテ日)
FM(第1・3日曜・メンテ日)
いずれも1:00 - 5:00
2006・2007年度は日曜日は「日曜名作座」を放送のためスタート時間変更
2007年 月-金曜 23:20 - 翌5:00
土曜 23:10 - 翌5:00
日曜 23:45 - 翌5:00
2008年 - 2010年 月 - 金曜 23:20 - 翌5:00
土曜 23:10 - 翌5:00
日曜 23:15 - 翌5:00
2008年度のみ第4日曜は翌0:10開始。
2011年 月 - 金曜 23:20[注釈 13] - 翌5:00
土曜 23:10 - 翌5:00
日曜 23:40 - 翌5:00
火曜 - 土曜:
1:00 - 5:00
日・月曜:
2:00 - 5:00
2011年4月より
ラジオ第1は日曜日のみ渋マガZ・「新・日曜名作座」、
FMは金曜日に「岡田惠和 今宵、ロックバーで〜ドラマな人々の音楽談義〜」、土曜日に「青春リアルスピンオフ・君の思いを受け止めた!」をそれぞれ放送するため開始時刻繰り下げ
※但し金・土曜日のFM放送は週により1時開始の場合もある
2012年・2013年 月曜 0:10頃 - 5:00・23:20[注釈 13] - 翌5:00
火 - 金曜 23:20[注釈 13] - 翌5:00
日曜 0:10頃 - 5:00
1:00-5:00 ラジオ第1、新番組「wktkラヂオ学園」編成のため、日曜日は0時台スタートに、月曜日は0時台開始分と23:20開始分の2回放送に変更(ただし、0時のニュースの進行状況によるため、必ずしも0:10丁度開始とは限らず)
ラジオ第1・FMの同時放送が1年ぶりに毎日1:00 - 5:00に戻る
2014年 月 - 金曜 23:20[注釈 13] - 翌5:00
土・日曜 23:10頃-翌5:00
ラジオ第1、土曜放送復活・日曜は未明ではなく深夜に放送・月曜の2回放送の廃止で(「wktkラヂオ学園」の23時台廃止に伴う放送時間短縮による)、全曜日23時台スタートに戻る[6]
2015年 - 2018年 23:15[注釈 13] - 翌5:00 ラジオ第1、平日の放送時間を5分繰り上げ、土・日曜の放送時間を5分繰り下げることにより、祝日を除き23:15スタートに統一
2019年 - 23:05 - 翌5:00 ラジオ第1の放送開始を10分繰り上げ、23:05スタートに統一

出演アンカー・ディレクター[編集]

番組の進行役を「アンカー」と表現している。アンカーとは「(いかり)」という意味の英語で、「どっしり安定した頼りの綱」であるということと、「リレーの最終走者」という意味があるが、ここから派生して「放送や新聞におけるまとめ役」という意味で「アンカー(マン)」という言葉が使われる[7]

番組開始当初は、毎週同じ曜日を担当するアンカー(宇田川清江、遠藤ふき子ら)もいたが、基本的には各曜日につき2人のアンカーが担当し、それを奇数週と偶数週とに振り分けるが、2015年度から第5週のみを担当するアンカーも一部の曜日で設定された。

また、明日への言葉・ごはんの知恵袋・からだの知恵袋・インタビュー・ラジオ深夜便認知症カフェ・わたし終いの極意・時代を作った声では専属のディレクターが聞き手として参加する[注釈 14]

現在出演中のアンカー[編集]

  • 基本的にはNHKの現役、または退職した(ベテラン)アナウンサーが担当する。
  • 放送当日、特別番組や他用(地域イベントなどの出演)や病気療養などで出演できない場合は、他のアンカーが代演する[注釈 15]
  • 太字は地方局でFMリクエストアワーのパーソナリティ経験者となっている。
アンカー一覧
担当割
放送曜日 第1週 第2週 第3週 第4週 第5週
月曜日 松井 中川 松井 中川
火曜日 工藤 須磨 工藤 須磨 高橋
水曜日 芳野 石澤 芳野 石澤 二宮
木曜日 渡邊 村上 渡邊 村上 二宮/高橋/迎

地方発

金曜日 中村 住田 中村 桜井 地方発[注釈 24]
土曜日 後藤 森田 後藤 柴田 後藤
日曜日 徳田 山下 徳田 山下 徳田

現役のアナウンサーは中川、村上、中村、住田、森田、柴田。還暦を迎えたアンカーも多いが、退職後は嘱託等による再雇用やシニアスタッフ(番組出演契約[注釈 25] の場合も含む)としての契約を結んで出演を続けている。定年退職後も雇用契約を継続するかどうかは各自の判断にゆだねられる。

女性アンカーの中には遠藤ふき子のように定年前に退職し子育て等が一段落して現役復帰した者もいる。

過去に出演した主なアンカー[編集]

番組開始当初は今のような隔週交代出演制ではなく、毎週出演が多かった。正式に隔週交代制が定着するようになったのは1996年ごろからで、その際は基本的に奇数週が女性、偶数週は男性のアンカーが主に担当するという体裁ができた。

男性[編集]

  • 秋山隆(2007年4月 - 2008年3月)
  • 明石勇(2000年ごろ - 2017年3月、第2・4日曜日→第1・3日曜日→第5日曜日)
  • 伊藤健三(2012年4月 - 2013年3月、第2・4月曜日→現在は主にラジオニュースを担当)
  • 小高昌夫(1995年 - 1998年ごろ)
  • 葛西聖司(2007年4月 - 2011年3月、第2・4月曜日)
  • 川野一宇(2000年4月 - 2017年3月、第1・3水曜日[注釈 26]
  • 国井雅比古(2006年4月 - 2007年3月、第2・4月曜日)
  • 小林弘明
  • 斎藤季夫(1995年 - 2007年3月、第2・4木曜日)
  • 榊寿之(2005年4月 - 2010年3月、奇数週土曜日)
  • 高梨敬一郎(1996年4月 - 1998年3月、関西発)
  • 立子山博恒
  • 中村充(1990年 - 1995年8月、毎週日曜日)
  • 西橋正泰(1998年4月 - 2012年3月、第1・3金曜日、関西発)
  • 平岩毅(1990年 - 1993年3月)
  • 古屋明信
  • 古屋和雄(2000年 - 2006年3月、第2・4月曜日)
  • 松川洋右(1990年 - 1996年)
  • 松田輝雄
  • 松本一路(2007年4月 - 2017年3月、第2・4木曜日→第5火曜日。降板後は月に一度の4時台、自身がアンカーを務めていた頃のアンカーコーナーでもある「スポーツ名場面の裏側で」とラジオニュースを担当)
  • 水野節彦(2001年4月 - 2009年9月 第2・4火曜日。現在も番組内の「明日へのことば」インタビュアー・ディレクターを担当している。)
  • 峯尾武男(1997年4月 - 2010年3月、第2金曜日、関西発)
  • 宮川泰夫(2005年4月 - 2018年3月、第2・4月曜日)
  • 三宅民夫(2018年4月 - 2019年3月、第1・3火曜日 2019年4月1日から三宅民夫のマイあさ! の担当に伴い降板)
  • 村田昭
  • 渡辺誠弥(1995年4月 - 1996年3月、月末を除いた金曜日、初代関西発深夜便アンカーマン)
  • 和田篤(1990年 - 1995年3月、隔週木曜)

女性[編集]

  • 宇田川清江(番組開始-2010年3月、毎週土曜日→奇数週土曜日→奇数週日曜日)
  • 大越泰子
  • 加賀美幸子(2007年3月24日まで。第2・4土曜日)
  • 河村陽子(番組開始当初より参加。介護など家庭の事情から降板。2年ほどのブランクののち、現在[いつ?]に至るまで制作ディレクターと「ラジオ深夜便こころの時代」のインタビュアーを担当)
  • 久保慶子
  • 栗田敦子(2010年4月-2013年12月。病気療養のため、2013年12月21日放送分を最後に休演し、そのまま2014年3月をもって正式に降板)
  • 高橋恭子
  • 高橋美紀子
  • 日野直子
  • 広瀬修子(2005年まで。第2・4水曜日)
  • 室町澄子(1995年-2006年3月、第1・3・5木曜日、2006年4月以降も「ミッドナイトクッキング」の担当は2009年3月まで続いた)
  • 森川靄子
  • 山根基世(2007年定年退職)
  • 大沼ひろみ(仙台局への異動により降板。2016年4月 - 2019年6月)
  • 遠藤ふき子(1993年10月-2020年3月、第5月曜日。92年4月から1年間夫の赴任地であるドイツで「ワールドネットワーク」のリポーターを担当。93年に帰国後、アンカーに就任。当時としては最年少の47歳だった。)

現在出演中のディレクター[編集]

  • 遠田恵子(わたし終いの極意)
  • バーランド・和代(ごはんの知恵袋&からだの知恵袋)
  • 斎藤佳奈(ごはんの知恵袋&からだの知恵袋)
  • 佐治真規子(ラジオ深夜便認知症カフェ&からだの知恵袋&ごはんの知恵袋)

テーマ曲[編集]

  • THE CHANCE YOU TAKE(23時台、0時台)
1時台はピアノ・ソロを放送。
10月から翌年3月のエンディングはアレンジしたものを放送。かつては0:00あるいは1:00で番組が終了する際にも使われた。
これらのテーマ曲はCD「ラジオ深夜便テーマ曲集」などに収録されている。
これに歌詞をつけて「夢」という曲名で芹洋子が歌っている。
  • your tuning(2015年度からのエンディング 作曲:横山克[8]

番組の時間割[編集]

  • 時刻表記は日本時間(JST)
  • 時報前に天気、時報後にニュースが入る。
  • 地方発』は従来の編成を基に、独自企画を放送する。
  • 様々な要因による放送時間の変更に関しては後述
時間
23時台 深夜便かがく部、インタビュー[注釈 27] 深夜便ぶんか部、ラジオ深夜便認知症カフェ(第2・第3週)&インタビュー(第4・第5週) 旅の達人、わたし終いの極意(第2・3週)&インタビュー(第4・5週) ライフスタイル、インタビュー(第2〜3週または4週)、ママ深夜便(第4週または第5週) 日本列島くらしのたより、ボヤキ川柳(第1・2・3週)
かんさい土曜ほっとタイムから移籍

2018年度、2019年度「望遠鏡のかなたに」(大野裕明)、2020年度「南相馬便り」(第4週)

週替わり(前半)
  • 第1週 「ミッドナイトトーク」
  • 第2・3週 「深夜便ビキナーズ」
  • 第4・5週 「季刊深夜便」
ないとガイド(2006年4月から12月までは随時、0時台にハイビジョンテレビ(現・BSプレミアム

「眠れないあなたへ ラジオ深夜便から」と同時放送されていた)

  • (第1週)待ち合わせは映画館で - 青柳秀侑〈あおやぎひですけ、映画評論家・元文化放送アナウンサー)
  • (第2週)酒のある風景 - 吉田類(酒場詩人・イラストレーター)
  • (第3週)わたしのおすすめブックス- 松田哲夫(編集者)
  • (第4週)スポーツいちおし - 山本浩(法政大学教授・元NHKアナウンサー)、木ノ原旬望
  • (スポーツライター・元ジャパンタイムズ記者)、松瀬学
  • (スポーツライター)、小林信也
  • (スポーツライター)のいずれかから1名
  • (第5週、ある月のみ)旬の味・旬の食材 - 土井善晴(料理家)
23:55頃 天気概況、明日の日の出の時刻[注釈 28](2012・2013年度は土曜・日曜は0時台終盤、世界の天気の前。土・日は平日で使うBGMは流さなかった)
0時台 0:00-0:10 ニュース
日本列島くらしのたより[注釈 27] ワールドネットワーク[注釈 27] アジアレポート[注釈 29] 週替わり(後編) 日本列島くらしのたより
おとなの教養講座 からだの知恵袋 絶望名言ミニ、えほんの箱 ごはんの知恵袋[注釈 27] 週替わり
  • 第1週「小野塚アナの一球入魂」(2018年3月まで放送していた列島きょうの動きに代わって、関西発では2018年4月からの新コーナー)
  • 第2週「あなたへの手紙」
  • 第3週「未来に伝えたい!童謡」
週替わり
  • 第1週「芸の道・輝き続けて」(徳田によるアンカーコーナー)
  • 第2週「奥田佳道の”クラシックの遺伝子"」(2015年度まで第3日曜日1時台)
  • 第3週「 五木寛之の聴き語り昭和の名曲」(2015年度まで第3週土曜深夜3時台)
  • 第4週「季刊深夜便」
列島きょうの動き、深夜便のうた[注釈 30](毎月第1月曜〜木曜と毎週土曜は1時台に放送)、天気概況・世界の天気
1時の時報前(0:59)に随時、各局別で放送休止・減力放送のお知らせを放送。
不定期で日中の番組編成の都合上、総合テレビ・ラジオ第1放送で生中継による放送ができなかった国会中継の録画・録音放送を0:10から番組終了まで行うことがある。この場合、国際放送は国会中継終了(最大1:00までであるが状況によっては1:00を過ぎる場合あり)までフィラー音楽など別番組に差し替えられる。
また春の選抜高等学校野球大会や夏の全国高等学校野球選手権大会の期間中は、日曜日も8時から試合開始するので地上波では放送していた日曜討論がラジオでは放送休止となる。その為日曜討論はそのまま放送し、場合によっては1時台にまたがる様にして15分拡大で放送する事もある。
1時台 1:00-1:05 ニュース
シリーズ企画 - 平日深夜など
  • 月曜日深夜(火曜日午前1時放送)から木曜日深夜(金曜日午前1時放送)までと第4金曜日は深夜便アーカイブス(2019年度以降は関東地区で開催した「深夜便の集い」の第2部・アンカーを囲む会の様子を放送)
過去
  • ピアノが奏でる七十二候
  • アンカーコーナー
  • 終戦記念日インタビュー(毎年8月の終戦記念日前後に4-5回程度)
  • 人権インタビュー(毎年12月の人権週間期間中に4-5回程度)
  • 奇数月第1月曜日 中野雄(なかの・たけし)のクラシックを楽しむ
  • 毎月最終月曜日 インタビュー「日本のあす、わたしの提言」
  • 奇数月第1金曜日 海沼実の歌の世界(唱歌童謡など日本の歌を紹介して解説する)
  • 金曜 サウンドオアシス/人ありて、街は生き
  • 第1・第2土曜日 - 女優が演じる日本の名作(2013年度は第1・2日曜日)
  • それ以外の日(不定期) 列島インタビュー、話芸100選(2008年度まで演芸特選、2009-15年度落語100選として主に最終火・水曜日放送だったが、2016年度から2017年度は不定期随時放送となる)
    それ以外にアンコールやサウンドオアシスを放送。
    2005年は5月から8月に「シリーズ・私の戦後60年」を放送
    2010年7月-2011年1月の第1日曜日 隠居大学 - 天野祐吉
    2009年度までの第1日曜日 邦楽夜話 - 池田弘一(神田外語大学
  • 第1・第2週「人ありて、街は生き」
  • 第3週「上方落語を楽しむ」
  • ラジオ深夜便話芸100選
2時台 2:00-2:05 ニュース
* ロマンチックコンサート(主に洋楽、クラシック、映画音楽など日本外国音楽)
土曜深夜(日曜未明)は、NHKワールド・ラジオ日本のみ別番組に差し替える。
3時台 3:00-3:05 ニュース
* にっぽんの歌こころの歌(童謡、唱歌、日本のヒット曲、懐メロなど、邦楽)[注釈 31]、深夜便の歌[注釈 30][注釈 32]
この2-3時台にリスナーから寄せられる手紙を紹介することが多く、遠藤は「皆さんからいただきましたお便りは2時台・3時台に紹介させていただきます」とアナウンスしたことがあった。
ただ、一部のアンカーでは音楽を重視する観点からこの時間帯に手紙の紹介を行わない場合(宮川、柴田、明石ら)もあり、その分を1時台や4時台の余った時間に回す場合もある
2-3時台のみ通信販売限定で『ロマンチックコンサート』と『にっぽんの歌こころの歌』のCD-BOXが発売されている。
毎年5月5日前後はアニソン・アカデミーの出張版として懐かしのテレビアニメ・特撮番組の主題歌を紹介している。
4時台 4:00-4:05 ニュース
  • ラジオ深夜便明日へのことば[注釈 33]
    • 「昭和史を味わう」(月1回土曜深夜=第1日曜未明) コーナーパーソナリティー・保阪正康(作家)
    • 五木寛之の“歌の旅びと”」(月1回土曜深夜=最終日曜未明) コーナーパーソナリティー・五木寛之(作家)、アシスタント・須磨佳津江
    • 萩本欽一の人間塾」(月1回日曜深夜=最終月曜未明) コーナーパーソナリティー・萩本欽一(コメディアン)
    • 「時代を創った声」(月1回土曜深夜=第1日曜未明)
    • 「音の絵本」(月1回土曜深夜=第2日曜未明)コーナーパーソナリティー・守時タツミ、アシスタント・桜井洋子(2015年度は後藤アンカーのコーナー扱い)
    • 「私のアート交遊録」(月1回水曜深夜=第2木曜未明)
    • 「人生のみちしるべ」(月1回木曜深夜=第2金曜未明)
    • 「舌の記憶~あの時あの味」(月1回金曜深夜=土曜未明)
過去
  • エンディング[注釈 35] - 誕生日の花・花言葉・花言葉の短歌[注釈 36]、あすの予告、このあとの番組案内
その他、啓発告知「みんなで防ごう!振り込め詐欺」シリーズも流れる[注釈 37]。その後新型インフルエンザの発生を受け、予防対策などの一口メモもしばらくの間放送していた。
エンディングテーマ曲は季節により変わる(たとえば11月から翌年3月は番組テーマ曲のアレンジ版を使用。4-5月、6-8月、9-10月と、計4種類の曲が使用される)。
随時、午前5時直前(4:59)に減力放送終了のおしらせを放送
時間

年末年始については#年末年始の編成の項で詳述する。

定時ニュースの担当者[編集]

  • 2014年3月30日付(3月31日未明)までは、原則として0-2時台と3-4時台の2人が交代で担当。2013年4月以後、0-2時台は基本的に17時からのラジオ第2で放送される「株式市況」(概況の件)を担当するアナウンサーが担当するが、その週に担当しない深夜便のアンカー(特に、日曜日深夜の明石、水曜日深夜の川野、木曜日深夜の松本がこれにあたる[注釈 38])、または過去に深夜便を担当したアンカー(水野ら)が担当する場合がある。また3-4時台は放送日上では当日深夜22時と、同翌日朝9時10分から同じくラジオ第2で放送される「気象通報」を担当するアナウンサーが出演していた。特に月曜深夜の0-2時台の瀬田光彦、3-4時台の石平光男、金曜0-2時台の新井成吉、隔週日曜0-2時台の水野はほぼ固定で担当している。
  • 2014年3月31日から、気象通報が16時からの1回のみとなったことや、株式市況の冒頭の平均終値などの指数放送もすべて自動音声(偶数月・瀬田、奇数月・伊藤)に変更されるなどの編成の見直しが実施された都合で、深夜シフトについても見直しが行われ、一時期はそれまでの3時を分岐としたアナウンサーの2交代制が廃止され、深夜便の放送が始まる直前の23時から4時台までのすべての定時ニュースを同じアナウンサーが担当していたが、同7月ごろから再び2交代制となり、2時までは23時台全国ニュース担当アナウンサー(原則として現役アナウンサー)、3・4時台は23時台関東・甲信越のニュースを担当アナウンサー(主に日本語センター所属者か、嘱託契約、ないしはシニアスタッフのアナウンサー)の担当に変更された。

ラジオ・テレビ同時放送[編集]

深夜便の内容をテレビで放送する試みが行われている。いずれもテレビとの同時放送が始まるとテーマ曲「 The Chance You Take 」が流れる。

  • 2004年11月6日の地震・台風災害関連特番(前述
  • 2005年3月20日-21日深夜(21日-22日未明)「NHK80周年・深夜便15周年記念深夜便スペシャル」(0時台から1時台にかけて)
    同番組は3月19日から3日間に渡って行われたが、編成の関係上19日はラジオ第1のみで行われた。
  1. 3月19日 「だから深夜ラジオは面白い 深夜ラジオの魅力」
    宇田川清江(司会)、下重暁子(作家)、五木寛之(作家)、三上寛(歌手)
  2. 3月20日 「ビッグパーソナリティー・深夜の開放者たち」
    明石勇(司会)、宇田川清江(司会)、愛川欽也(俳優)、落合恵子(作家 元文化放送アナウンサー)、斉藤安弘ニッポン放送アナウンサー、オールナイトニッポンエバーグリーンパーソナリティー)
    海賊船拉致事件人質解放の臨時ニュースが入り、テレビではこのニュースの為に一時中断。
  3. 3月21日 「シンガーソングライターの時代」
    遠藤ふき子(司会)、古屋和雄(司会)、谷村新司南こうせつ坂崎幸之助中島みゆき(コメントゲスト、録音出演)
  • 12月25日深夜(26日午前)「テレビ深夜便」午前2時から1時間、BS-hiで同時放送(2時のNHKニュースではBS-hiは渋谷駅前の中継映像を放送。音声はラジオと同時)
  • 2006年4月 「眠れないあなたへ ラジオ深夜便から」
    月2・3回の日曜深夜(月曜日0:00-1:00)に「地球特派員2006」と原則隔週交互での定時放送がおこなわれた。内容はラジオセンター132スタジオの内部(132スタジオの窓越しにはニューススタジオの内部も見える)と副調整室の様子(副調整室に2台カメラを設置)それに全国各地の天気カメラの映像や風景(観光名所の映像の一部は、放送直前に収録したものもあり)などを交えて放送された。なお、ラジオ第1放送が一部地域での気象警報・交通情報および選挙開票速報による番組中断でもBS-hiでは全国規模の場合を除き一切中断なしで通常通り132スタジオからの音声が流れた。0:00の時報後、過去に2回選挙開票速報のニュースがあったため、番組開始までの間の15分間、1回は天気カメラの映像と音楽をはさんで放送。もう1回は別番組に差し替えていた。2006年12月24日深夜(25日未明)の放送を最後に終了となった。
  • 2006年7月24日深夜(25日未明 0:40-2:00)、女性のうつ病を考えると題した特別番組として国井雅比古アンカーと迎康子アンカーの司会、ゲストに吉永みち子(作家)、加茂登志子(東京女子医科大学)、山口律子(うつ病患者の支援団体代表者)を交えた座談会を教育テレビと同時放送(FMは1:10から)。
  • 2013年3月31日深夜(4月1日未明 2:05過ぎ―約20分程度) 総合テレビで生放送中のおやすみ日本 眠いいね!とのコラボレーション。同番組司会の宮藤官九郎又吉直樹と同回ゲストの生田斗真遠藤賢司がゲスト出演(当日のアンカーは明石勇)、4月1日開始の連続テレビ小説あまちゃん」(宮藤が脚本担当)についても宣伝した。

派生番組[編集]

ラジオ[編集]

  • 2009年12月5日13:00-14:00、FM放送で『中島みゆきのラジオ昼間便(なかじまみゆきのらじおひるまびん)』を放送。深夜便リスナーという歌手の中島みゆきとアンカーの葛西聖司がトークを繰り広げた。
  • 2010年11月21日13:05-15:55で、『ラジオ昼間便』を放送(国際放送は13:15から)。深夜便の雰囲気をそのまま昼間に持ち込んで展開するもので、柴田アンカーが進行役を勤めた。ゲストとして深夜便ファンの著名人を代表して谷村新司天野祐吉後藤邑子の3人が出演し、深夜便の魅力やラジオの持つ豊かさについて語り合った。
  • 2013年5月に午前10:05頃―11:50に「ラジオ音楽便」と銘打って、「ロマンチックコンサート」を題材にしてクラシック音楽の特集を行った(アンカーは川野・森田の両名 ゲスト・グッチ祐三)。普段はリクエスト曲の募集はしていないが、この特別番組については特例でリクエスト曲を募集していた。2013年8月24日9:05頃-10:55にも、「にっぽんの歌こころの歌」のリクエスト大会を同様に開催する(アンカーは松本・須磨の両名 ゲスト・ささきいさお
    • この企画をもととして、2014年4月5日から土曜日の23・0時台に「大人のリクエストアワー」のコーナーが発足し、レギュラー化した。

テレビ[編集]

  • 1999年9月20日[9]・21日[10]・22日[11]NHK教育テレビジョンETV特集』で深夜便を題材にした特集が3日間放送された。
  • 2010年、深夜便20周年記念として「真夜中のきずなを求めて 200万人の深夜便リスナー」と題されたテレビ特番があった。これは深夜便に影響を持ったリスナーや、中川翔子(タレント・女優)、秋元康(プロデューサー)、辻井いつ子辻井伸行実母)らのインタビューを放送した。ナレーターは柴田アンカー。
    • 同年5月2日(再放映5日)に30分版で放送された後、5月29日(再放送6月2日)に新たにアンカーインタビューや生放送の舞台裏を収録した45分版が放送された。

地方発深夜便[編集]

  • 1990年 - 1991年の試験放送の時代から数回地方発の放送が実施されたが、本格的には1995年から実施されている。内容も、通常の放送とは一味違う構成となっている。
  • 年末年始など一部を除いた原則として金曜日の実施で、毎月1 - 3週目は大阪放送局製作の『関西発ラジオ深夜便』、4、5週目は東京、大阪以外の各地方放送局が製作する『地方発ラジオ深夜便』を放送する。年末年始など一部例外的に東京発となるときがある。ちなみに1998年度は大阪発が1・3・5週目、それ以外が2・4週目の担当だった。
  • 関東地方[注釈 39] の東京以外からの地方発ラジオ深夜便はそれぞれの放送局からではなく、通常の東京発と同じくラジオセンターCR-132スタジオから放送される事がほとんどである。関西地方の場合でも大津発(2009年5月)・奈良発(2006年11月)などを大阪のスタジオ[注釈 40] から放送し、東海地方の場合でも名古屋のスタジオ[注釈 41] で放送した。それ以外はほとんどはそれぞれの特集の舞台となる都道府県の放送局から放送される。
  • 地方発が放送される場合、事前にその土地土地にちなんだお便りの募集告知が流れる。また、関西発を除いては、直近にその地方で行われた「深夜便のつどい」の模様が放送される場合が多い。なお「地方発深夜便」の観覧募集のお知らせは、担当する放送局の総合テレビやラジオ第1のローカル枠で流れる。
  • 中国地方では、2007年2月23日深夜に「広島発・中国地方ラジオ深夜便」を全国ネットではなく中国ブロックネットで放送した。アンカーは清川徹アナウンサーが担当した。
  • 基本的には第4・5金曜が地方発に充てられるが、2012年以後の3月10日 - 3月11日にかけての東日本大震災発生日(3月11日)にちなんだ特集(2012年は「仙台発」、2013年は「福島発」、2014年と2016年は仙台から「東北地方発」、2015年は「盛岡発」として放送)など、例外として他の曜日や、第3金曜日に放送されることもある。

海外発深夜便[編集]

これまでも、「ワールドネットワーク」で部分的に海外からの中継はあったが、2011年5月18日と5月19日の放送はブラジルサンパウロとの中継を結びながら送る史上初の全編海外発となる「ブラジル発ラジオ深夜便」として放送された(現地放送局のスタジオを貸切の上で放送。毎正時のニュース・全国一斉放送の地震情報のみ従来どおり東京・ラジオセンターから放送)。日本との時差は12時間あり、現地では昼間の時間帯であった。

この番組では現地進行役に明石勇を派遣し、全編を通してブラジルについての話題、日本とブラジルとの国交や移民100周年を超えた日系人文化について、ブラジルにゆかりのある日本人へのインタビューを交えて紹介。またブラジルの文化・芸術や日系人のリスナーからリクエストを募る日本の歌特集などを紹介した(リスナーからリクエストを募る「日本の歌・こころの歌」の特集は公開生放送で行なわれた)。このため、一部のコーナーが休止や前後の日への振り替えとなっている。

イベント[編集]

  • 『地方発』の放送に併せて公開録音イベント「ラジオ深夜便の集い」を開催している。これは「こころの時代講演会(2010年以降は明日へのことば講演会としてリニューアル)」と「アンカーを囲む会」(会場によっては「ラジオ深夜便落語百選落語会」等のお楽しみアトラクション)の2,3部構成で構成されている。
    • 母体となった企画は1992年に開催された主催のイベント「心豊かな長寿社会を考える国民の集い」で行われた宇田川清江、松川洋右によるトークショー「深夜便を語る」だったが、そのやり取りが好評で、1993年に同じキャストでNHK横浜放送局主催・NHKテレビ放送開始40周年記念「横浜女性フォーラム」で講演を行い、これを定番化しようということで、1994年11月に戸田市で第1回「深夜便の集い」の公開収録が行われた。[12]
  • なお、このほか、節目の記念年度にはNHKホール(過去に1997年、2000年=深夜便10周年、2005年=深夜便15周年、2010年=深夜便20周年、2013年=NHKホール40周年、2015年=深夜便25周年、2020年=深夜便30周年)で、関西発を含む全アンカー総出演で大々的な集いを実施する。
  • 2005年1月には阪神・淡路大震災10周年記念「深夜便ウォーク」と題し、神戸市内のウォーキングイベントと集い(公開録音)を併催する試みが行われた。
  • 2015年には25周年記念展がNHKスタジオパークで行われ、公開スタジオでは、現役アンカーと歴代OB/OGアンカーによるトークショー「深夜便の集いinスタジオパーク」も行われる[13]
  • 2020年3月8日には、東京・渋谷NHKホールにて、ラジオ深夜便30周年記念特番「ラジオ深夜便のつどい・30周年スペシャル」 が、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため無観客にて収録された。(2020年3月30~31日放送)
  • 地方発の公開録音とは別に、1990年代終盤〜2000年代初めごろに、古賀政男音楽博物館・けやきホールで、同博物館が主催した池田憲一による音楽講話を放送し、またそれに合わせて池田とアンカー、ゲストの歌手を交えた「ロマンチックコンサートの集い」も行われていた。[14] また地方発においても、一部で池田による音楽講話を行ったものもあった。しかし、池田が2007年春に物故[15] してから、このけやきホールでの集い、並びに音楽講話は開催されなくなった。
  • 2019年度以降は関東地方で開催される「深夜便の集い」に限り、1時台と4時台に分割して放送される。

関連書籍・雑誌等[編集]

  • 番組機関誌「ラジオ深夜便」がNHKサービスセンターから毎月発行されている。同誌は1996年に同年夏号として季刊にて創刊し[16]、13号(1999年5・6月号)からは隔月刊[17]、40号(2003年11月号)からは月刊[18] となった。当初は会員制(定期購読専用)だったが、1998年から一般の書店でも発売されるようになった。アンカーコーナー、サンデートーク、深夜便こころの時代の紙上再録と、アンカーエッセー、お便りなどで構成されている。アンカーエッセーは現在奇数月号は奇数週、偶数月号は偶数週に担当するアンカーのコラムを載せている。
  • 番組の最後・5時前に放送される「今日の誕生日の花」のコーナーも毎年10月ごろにNHKサービスセンターから「誕生日の花・カレンダー」と題して出版される。当初この誕生日の花のコーナーは1990年の国際花と緑の博覧会(花の万博)の開催記念に制定されたものだったが、その後一部変更して特に誕生日の祝いにふさわしくない花言葉などを削除して、番組独自に再編成した誕生日の花を設定したという。更に2008年と2011年には「誕生日の花ときょうの一句」、2013年には「誕生日の花と短歌・新装改訂版」がそれぞれ発刊された。
  • アンカーコーナーも一部書籍化されている。2009年ごろまではNHK出版を中心に、2010年からはNHKサービスセンターを中心に出版されている。
  • 2005年の放送15周年を記念して書籍「ラジオ深夜便完全読本」[19] がNHKサービスセンターから発刊された。同書は歴代深夜便アンカーの現況や、4時台「深夜便こころの時代」の全放送リストなどを掲載している(2006年度-2011年度版も「深夜便年鑑」、2012・13・15年度は「深夜便ファンブック」として発行。連日放送されているヘビーローテーション曲のコーナー・「深夜便の歌」の楽曲の楽譜・CDが特典に付いている。2014年は「深夜便うた読本」と題し「深夜便の歌」「ロマンチックコンサート」「日本のうた・こころのうた」などの音楽に特化したもので発行)。
  • また自らのアンカー経験をつづった「眠れぬ夜のラジオ深夜便」[20] という本を宇田川が著している。また、2010年に宇田川が勇退するに当たり、業績を称えて番組機関紙から「深夜便読本・宇田川清江特集号」が発行された。
  • また、2006年-2010年の4年間にわたって放送された月1回のシリーズインタビュー「五木寛之のわが人生の歌語り」をまとめた書籍が角川書店(現・KADOKAWA角川書店BC)より、CDがコロムビアミュージックエンタテインメントから発行されている(第1巻「昭和の哀歓」、第2巻「昭和の青春」)。
  • その他の書籍(特記がないものは、NHKサービスセンター・ステラMOOK)には次がある。
    • 「こころの時代」 2007年-2009年に季刊として10号発売され、「あすへのことば」にリニューアルする2010年には「特選集」と題して上下2巻で発売された。
    • 「季語で日本語を旅する - 保存版「ラジオ歳時記」」(2006年)、「季語で日本語を旅する 総集編」(2010年) 機関紙に連載している俳人・鷹羽狩行の俳句コーナーの書籍化。
    • 「ラジオ深夜便 珠玉のことば 〜深夜便からの100のメッセージ〜」(2010年) 深夜便放送20年にわたる数多くのインタビューの中から、100人の有名人のコメントを集めた名言集。
    • 「ラジオ深夜便 こころのエッセー」(2011年) 深夜便の放送開始15周年と機関紙発行10周年を記念して2006年から募集を開始した「深夜便こころのエッセーコンクール」。毎回リスナーのこれまでの経験や日常の体験を描いた暖かいエッセーが寄せられたが、その第5回募集(2010年)を記念して刊行された。同書では第4回までに発表された作品から入選作43作品をとりあげている。
    • 「あすへのことば・特選集」(2011年) 「あすへのことば」で放送されたインタビューの中から抜粋して収録したもの。
    • 「誕生日の花ときょうの一句」(第1集・2010年、第2集・2011年) 番組の終わりに放送される「その日の誕生日の花と花言葉・きょうの一句」を放送年度ごとにまとめたもの。
    • 「ないとエッセー」(2012年) ないとエッセーで放送され特に好評を得たエピソードをまとめて書籍化。
    • 「よく遊びよく遊べ 隠居大学」(2011年 朝日新聞出版
    • 「隠居大学第1・2集」(2012年)
    ※同名コーナーの書籍化で、2011年刊は2010年度、2012年刊は2011年度の対談をまとめている。
    • 「女優が語る私の人生」(2013年) 2009-11年度に放送されたインタビューシリーズの書籍化。
  • iTunes Music Storeのオーディオブックから、いくつかの番組が購入可能である。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 1990年4月からの最終2年間は不定期放送であった本番組と並列放送された。
  2. ^ 当時は1時-5時に深夜便を放送し、5時の時報とともに6時まで一旦放送休止にした。ただし、5時終了時の国歌演奏はなく、時報を放送した後はそのまま各局IDアナウンスをして停波した。
  3. ^ ただし、年数回の大掛かりなメンテナンスを実施する場合は24時で放送終了とし、国際放送を除くテレビ・ラジオ全ての電波を停止した。
  4. ^ 当時は春季・秋季の一定期間、放送衛星が発生し、太陽電池が減ってしまうことから、衛星放送も深夜放送を休止したことがあった。またまれにBSアナログ放送だけ通常放送で地上系放送波のみ休止のときもあった。
  5. ^ この番組との関連性はないが、日本放送労働組合は1995年11月下旬に、終夜放送の増加に伴う労働強化に反対して、24時間ストライキを決行した事例がある。
  6. ^ 大災害等でNHK放送センターが使用不能になった場合のバックアップとして位置づけられている。
  7. ^ a b 番組後のミニ番組も含めて扱っているため、実際の放送時刻と異なる。
  8. ^ FMのステレオ放送は年1回程度、回線テストのためモノラル放送となる場合があり、当日の番組内で事前に告知した。当時はPCMデジタル回線を使用していたが、現在はAMラジオとFMは共用で光回線を運用しているためこのテストは行なわれていない[要出典]
  9. ^ a b オリンピック(2008年北京大会と2010年のバンクーバー大会では一部時間帯で同時放送を実施した事例がある)やサッカーワールドカップなどのスポーツ中継および年度末に行われるNHK予算審議(衆議院・参議院総務委員会)の中継録音放送、内閣組閣に伴う新閣僚記者会見、あるいは日中の放送ができなかった国会中継の録画・録音による放送など。詳細は#放送休止・変更の節を参照。
  10. ^ 休止の場合、引き続き1時台も深夜便を同時放送した。2011年3月27日は本番組終了後、1:45飛び乗りで深夜便を同時放送した。
  11. ^ それ以外では選挙開票速報の特別番組で2時前、4時前、5時前に行なわれるのみである。ただし、2011年3月11日に発生した東日本大震災の特設ニュース以降4月4日まで日本語放送の周波数告知案内は本番組に限らず、すべての時間帯で割愛されていた
  12. ^ 年度により23:10開始。
  13. ^ a b c d e 祝日は23:10開始。
  14. ^ ごはんの知恵袋・からだの知恵袋では過去に放送した『ないとエッセー』形式でディレクターを置かずにナビゲーター自ら話す場合がある。
  15. ^ 2014年1月-2014年3月(正式降板)まで、栗田が当時出演していた第1・3・5土曜日に、第2・4土曜日担当の柴田のほか、非番週のアンカーが交代で担当していた
  16. ^ 2016年度から第1・3週のみだったが、2018年度からは第2・4週に変わった。
  17. ^ 2018年現在、アンカーの中では唯一2006年夏からアンカーを務めてから1度も担当曜日が変わっていない。
  18. ^ 2012年3月までは第2金曜担当。
  19. ^ 第1・3・5週日曜日担当→一時降板(『NHKのど自慢』司会復帰→2016年4月より5年ぶりに第1・3週のみで復帰、2017年4月からは第5週も担当。
  20. ^ 当初は第2・4日曜日。2017年4月より第5火曜日担当。
  21. ^ 復帰した柴田と共に2020年現在2時台のロマンチックコンサートをロマンティックコンサートと発音する。
  22. ^ 当初は第2・4木曜日。2014年4月より第2・4土曜日担当。
  23. ^ ご飯の知恵袋では聞き手を担当。
  24. ^ ただし、大阪以外の近畿、東京以外の関東の各都府県を取り上げる場合に大阪・東京のスタジオから放送する場合あり。また第5週がある場合や、8月・12月など例外的に最終週(5週あれば)に東京から「フライデースペシャル」として放送する週もあり、この時は当該週の非番アンカーが担当することがある。
  25. ^ 定年、及び嘱託期間終了で実質完全にフリーアナの身分となるため。
  26. ^ 2014年12月より2015年2月まで、病気(脳梗塞)のため休演。2015年度から第1・3週のみ、2017年3月で勇退
  27. ^ a b c d e f g 毎月第1週はミッドナイトトークに差し替えにより休止。
  28. ^ 札幌→仙台→東京→名古屋→金沢→大阪→広島→松江→松山→福岡→那覇の順。地方発深夜便(前述11か所除く)では那覇の後に当日担当する放送局のお膝元の地域も加える。
  29. ^ 第4週は2019年度まではワールドネットワークに、2020年度から0時台を通しての放送となる切ない歌を探してに差し替える。
  30. ^ a b 一部のアンカー(遠藤、柴田ら)によっては0(1)時台に「深夜便のうたがある」旨をアナウンスするが、3時台はその旨の説明がない。ただし、関西発については0時台・3時台ともある旨を説明した上で、その時間放送の楽曲とアーチストの紹介がある。
  31. ^ 明石勇アンカーは、午前3時台冒頭で3時頃に起床した聴取者に向け「おはようございます」と挨拶する。
  32. ^ 4時の時報前には「NHKの番組は視聴者・リスナーからの受信料で作られている」という旨の迎康子アンカーによるBGMつきナレーションが流れる。かつては室町澄子元アンカーによるナレーションだった。関西発および地方発の場合は、このナレーションはBGMなしで、番組を担当するアンカーが言うことになっている(ただし、2009年1月の地方発では東京発と同じく迎康子アンカーによるBGMつきナレーションが流れたことがあった)。
  33. ^ 関西発の場合、午前4時台冒頭の日付と時刻の案内で、「200×年、×月×日、午前4時×分です」と年から案内する。また2017年度から4時台に入ったピアノが奏でる七十二候を流してから明日へのことばを放送する事になっている。さらに2017年度までは月曜日深夜から木曜日深夜までは必ず放送し、金曜日深夜には放送しなかったが2018年度は桜井が担当する第4週に限り、金曜日深夜も放送する事になっている。2019年度以降は関東地方で開催された「ラジオ深夜便の集い」第1部・明日へのことば講演会の様子を放送。
  34. ^ (4:05)月1回日曜深夜(最終月曜未明)に開始。各界の著名人をゲストに迎えてトークする。ただし、このコーナーは録音である。2013年10月に天野が死去したため、実質同11月放送の番組をもって終了(以後は傑作選を放送)
  35. ^ アンカーによってエンディングのタイミングが微妙に違い、放送ぎりぎりまでコメントするアンカーもいれば残り2分を残して終わるアンカー(主に減力放送終了の告知が流れる場合)もある。宮川泰夫アンカーは誕生日の花の紹介の後、花言葉や誕生日の花にちなんだ曲や、宮川自身が連想する曲を1曲流す。
  36. ^ 2005年度は短歌作家(歌人)鳥海昭子が製作した誕生日の花にちなんだ短歌を発表した。鳥海は同年10月9日に心不全で死去(享年76)したが、遺族の了解により2006年3月(2005年度末)まで引き続いて誕生日の花の短歌を発表することを継続。2006年3月31日午前4時台の放送をもって終了した。
  37. ^ 振り込め詐欺の啓発告知はNHKのテレビ・ラジオ共通の啓発告知として2008年度から行われており、ラジオ第1放送の各番組内で放送している。
  38. ^ 2013年3月まではその週に担当しない深夜便のアンカーは主に23時台のニュースに出演していた
  39. ^ 群馬栃木茨城千葉埼玉神奈川のことを指す。
  40. ^ 滋賀京都奈良和歌山兵庫のことを指す。
  41. ^ 岐阜三重のことを指す。

出典[編集]

  1. ^ ラジオ深夜便Q&A
  2. ^ a b c なお、「ラジオ深夜便年鑑2010」(NHKサービスセンター刊)に書かれている年表では「1995年4月より定時放送化」と掲載されている他、1994年度までのNHK番組表においても、23時台のみが定時放送として扱われ、翌0時から5時の時間帯に「随時ラジオ深夜便を編成」という件が書かれてあった。
  3. ^ NHKラジオ「radiko」に期間限定で配信 10月2日から半年間 ORICON NEWS 2017年9月20日
  4. ^ NHKラジオのradiko.jp配信、4月12日正午から全国へ拡大,AV Watch,2018年3月22日
  5. ^ ラジコでNHKラジオが聴ける4月12日(木)より、全国を対象に2018年度の実験配信を開始,株式会社radiko,2018年3月22日
  6. ^ NHK平成26年度 収支予算と事業計画〔要約〕 (PDF)” (2014年1月14日). 2014年1月5日閲覧。
  7. ^ 出典 NHKサービスセンター「深夜便・よくある質問」
  8. ^ NHKラジオ深夜便EDテーマ「your tuning」配信開始! | NHK出版 番組楽曲情報
  9. ^ ETV特集 | 番組表検索結果詳細 | NHKクロニクル
  10. ^ ETV特集 | 番組表検索結果詳細 | NHKクロニクル
  11. ^ ETV特集 | 番組表検索>結果詳細 | NHKクロニクル
  12. ^ 2015年3月19日深夜1時台「深夜便の集いinスタジオパーク」での宇田川清江の発言による
  13. ^ NHKスタジオパーク・企画展「深夜便25周年展」
  14. ^ ロマンチックコンサートのつどい(NHKサービスセンター「ラジオ深夜便」集いレポート 2005年8月分)
  15. ^ 歌と私の人生(お元気ですか?合田道人です)
  16. ^ 『ラジオ深夜便』2008年11月号(創刊100号)、3頁。外部リンクの番組機関誌公式サイトでも確認可能。
  17. ^ 『ラジオ深夜便』2008年11月号(創刊100号)、4頁。外部リンクの番組機関誌公式サイトでも確認可能。
  18. ^ 『ラジオ深夜便』2008年11月号(創刊100号)、6頁。外部リンクの番組機関誌公式サイトでも確認可能。
  19. ^ NHKサービスセンター編纂 『ラジオ深夜便完全読本―ふれあいと感動の15年』 NHKサービスセンター、ISBN 978-4871080637
  20. ^ 宇田川清江 『眠れぬ夜のラジオ深夜便』 新潮社〈新潮新書〉、2004年 ISBN 978-4106100642

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

NHKラジオ第一 深夜生ワイド番組枠(23:15(祝日は23:10) - 翌5:00)
前番組 番組名 次番組
NHKニュース
※23:00 - 23:10
お休みの前に
※23:10 - 23:50
NHKニュース
※23:50 - 24:00
放送休止時間
※24:00 - 29:00
(24時までの番組は1991年度まで。
24時以後の休止は1991年度まで原則毎日実施
深夜便放送日は休止返上)
ラジオ深夜便
(23時台のみ1992年度から、24時以後は1990年度から、
ただし、1991年度まで不定期放送で、1992年度から定時放送)
-
NHKFM 深夜生ワイド番組枠(1:00 - 5:00)
放送休止時間
※1:00 - 6:00
(1997年度まで原則毎日休止時間を実施、
深夜便放送日は5:00 - 6:00のみを休止)
ラジオ深夜便
定時放送としては1998年度から。
1996-1997年度はラジオ第1休止日に限り1-5時までの代替として放送
-