女・おとこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
女・おとこ
ジャンル テレビドラマ
放送時間 木曜 20:00 - 20:56(56分)
放送期間 1971年10月21日 - 1971年11月18日(5回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NETテレビ
演出 皇達也
関口恭司
脚本 佐々木守
出演者 萩本欽一
ほか
テンプレートを表示

女・おとこ』(おんな・おとこ)は、1971年10月21日から同年11月18日までNET系列局で放送されていたNETテレビ(現・テレビ朝日)製作のテレビドラマである。全5話。放送時間は毎週木曜 20:00 - 20:56 (日本標準時)。

概要[編集]

主演は萩本欽一。演出は、後に萩本の番組『欽ちゃんのどこまでやるの!?』のプロデューサーとなる皇達也が担当していた。

番組は日本のテレビ黎明期のようにドラマを生放送で行い、かつ視聴者参加型にするという珍しい手法を採っていたが、わずか5回で終了した。

出演者[編集]

スタッフ[編集]

ネット局に関して[編集]

関西地区では当時NET系列に属していた毎日放送ではなく、独立UHF局のKBS京都=近畿放送(現・京都放送)とサンテレビがネットしていた。当の毎日放送はこの時間帯を使い、東京12チャンネル(現・テレビ東京)の『ただ今ヒット中!』を同時ネットしていた。

出典[編集]

  • 『故郷は地球 佐々木守 子ども番組シナリオ集』 三一書房1995年、裏から数えて8頁。
NET系列 木曜20:00枠
前番組 番組名 次番組
太陽の恋人
(1971年7月22日 - 1971年10月14日)
女・おとこ
(1971年10月21日 - 1971年11月18日)
談志・円鏡のファミリー寄席
(1971年11月25日 - 1972年1月27日)