欽ちゃんファミリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

欽ちゃんファミリー(きんちゃんファミリー、通称“欽ファミ”)とは、欽ちゃんこと萩本欽一が育てた、あるいは彼のバラエティ番組ブレイクしたタレントなどを総称する芸能人ファミリー

なお、初期の欽ちゃんファミリーの事は『欽ちゃん一座』と呼ばれていた。

概要[編集]

世間的には事実上「欽ちゃんの一門」という解釈をされることが多い。だが、『欽ちゃんファミリー』とは、あくまで萩本欽一のテレビ番組で芸能人としての能力を見出された、あるいは育てられた人物の集まりである。例えば、コサキン小堺一機関根勤)は浅井企画の後輩と言うだけで、厳密に言えば萩本と師弟関係にあるわけではない。斉藤清六に至っては萩本自身「世間の皆さん、あれは違いますからね」と言明していたが、現在では唯一の弟子として認めた。

隆盛期ではメンバーは出演番組ごとに分けられていた。芸能人に対する辛口の批評家としても知られるダウンタウン松本人志は、松居直美勝俣州和はしのえみを指して「欽ちゃんファミリーは、振ったら必ず(すぐさまに)何か返すように教育されている[1](だから絡みやすい)」と評価している。

また、萩本の芸の好みもあって、欽ちゃんファミリーに分類される芸能人については下ネタ厳禁の不文律が存在すると言われており[2]、これは小堺や黒部幸英など多くの者がトークのネタの1つとしても使っている。実際、欽ちゃんファミリーとされる芸能人には概ね共通して、安易に下ネタに頼ることなく芸を磨くことが徹底されていることから、放送局やイベント運営会社にとって『欽ちゃんファミリー』は、時間帯を選ばず、さらには子供向けの番組やイベントなどでも安心して起用できる芸能人のブランドとして事実上認知されており、放送局などのほか、学校関係などからの公演や演芸の仕事の依頼が来る者もいる。

だが、その下ネタ厳禁のイメージ故に一方で、テレビ・ラジオ番組で下ネタ系の笑いを武器にしている芸能人との組み合わせが難しいという一面も持ち併せていることは否定ができず、時にはテレビ番組制作の出演者の編成に際してネックになることも見られる[3]

主なファミリー[編集]

欽ドン[編集]

欽どこ[編集]

週刊欽曜日[編集]

隆盛期衰退以降[編集]

ほか

脚注[編集]

  1. ^ これは小堺一機がよく萩本のものまねで再現しているが、何かを振った時に「え?」と聞き返したり、リアクションに詰まってしまうのを許さない(「訊いたらおしまい、0点」)。
  2. ^ 東京系の芸能で下ネタ厳禁という点では、初代林家三平一門と並んで広く知られる存在である。これは「下ネタが出たら(自分が)疲れてると思え」という萩本の師匠の東八郎からの教えを守っているものであるということと、「元気でやってるよ」という亡き師匠へのメッセージを込めてのものである、と『テレビを輝かせた100人』(フジテレビ系、2011年7月9日放送)に萩本自身が出演した際に語っている。
  3. ^ ただし、コサキン、とりわけ関根勤は自身主催の『カンコンキンシアター』などで下ネタも使用している。そのためか、関根は組む相手を選ばず、誰とでも組める名バイプレーヤーとして活躍している。もっとも、その関根もテレビで下ネタを使う事は相手芸能人次第で決して絶無ではないが、関根が自ら下ネタを積極的に振る様なことはほとんど見られない。

関連項目[編集]