水谷あつし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
みずたに あつし
水谷 あつし
本名 水谷 敦
別名義 水谷 敦詞[1]
生年月日 (1965-07-26) 1965年7月26日(52歳)
出生地 日本の旗 日本, 神奈川県横浜市
民族 日本人
血液型 AB型
ジャンル 俳優脚本家演出家
活動期間 1984年 - 現在

水谷 あつしみずたに あつし、本名:水谷 敦1965年7月26日 - )は日本俳優脚本家演出家神奈川県横浜市出身。獅子座。血液型AB型。身長183cm、体重67kg。

経歴[編集]

  • 1984年、神奈川県立港北高等学校卒業後東京キッドブラザースに入団。徐々に頭角を現す。
  • 1988年、劇団同期の俳優・長戸勝彦萩本欽一氏プロデュース番組のオーディションを受けるも不合格。しかし、後に長戸と共に萩本氏プロデュースによるユニット・JA-JAを結成。芝居のみならず、歌手活動もこなす事となる(1990年まで)。
  • 1991年、退団後、芸能プロダクション芸映に移籍。活動の幅をテレビ・映画等にも広げる。
  • 1995年、自身で作・演出・出演を務める「サボテンの会」発足。多数の舞台公演を行う。
  • 2001年、芸映と契約解消し、個人事務所「Office ASH」を設立。
  • 2004年には新プロジェクト「Happy ever After」を始動。新宿シアターサンモールにて『ゴレンズ 〜この人生には再生紙を使用しています。〜』を上演。

人物・エピソード[編集]

  • JA-JA時代より脚本家・君塚良一との親交が深く、『さよなら、小津先生』『ホーム&アウェイ』『役者魂!』映画『容疑者 室井慎次』等数多くの君塚脚本作品に出演している。また、芸映所属時代は何故かTBS系列のドラマに出演する事も多かった。
  • 劇団時代は本名の水谷敦で活動していたが、姓名判断したところ、名前をからあつしにすると「すごくいい(本人談)」という事で1990年改名。また、1995年頃は水谷敦詞にしていた事もあったが、再び水谷あつしとなる。
  • バラエティ番組『コサキンルーの怒んないで聞いて!!』の1コーナー・『初めての女装コンテスト』でチャイナドレスを着て女装を披露。しかし、その前に東京キッドブラザースの舞台作品『夕空晴れて』にてウェディングドレス姿で登場した事もあったので、実は“初めて”ではなかった。
  • 筋金入りのお笑い・コメディ好きで、自身が手掛けるプロデュース舞台もコメディが主。交友関係も芸人が多い。そのギャップに驚かされる者も多く、『大当たり!夫婦茶碗』『俺はお殿様』で共演したコロッケは、水谷の事を「二枚目だけど、なんか」と称した。
  • 大の沖縄フリークで、以前は暇さえできれば沖縄へと足を運んでいた(「寒いのが嫌い」だからとの事)。また南国好きでも知られ、2004年12月26日に発生したスマトラ島沖地震には、贔屓にしていた店が災害に遭った事を知り、心を痛めていた。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ[編集]

CM[編集]

舞台[編集]

  • 東京キッドブラザース公演(1985年 - 1991年)
  • 『風の行方 ピエロ明子』(1991年、博品館劇場
  • 『夢のまにまに』(1991年、博品館劇場)
  • 『夏を抱きしめたい』(1992年)
  • ロンドンミュージカル『ブラッド・ブラザース』(1992年)
  • 『花恋』(1993年)
  • ブロードウェイ・ミュージカル『レディ イン ザ ダーク』(1996年)
  • 音楽劇『ご親切は半分に』(1997年)
  • ブロードウェイ・ミュージカル『ヴィクター・ヴィクトリア』(1998年)
  • 『花粉熱』(1998年)
  • 萩本欽一奮闘喜劇公演』(1998年、新宿コマ劇場
  • ミュージカル『青空』(1999年・2001年)
  • 間寛平芸能生活30周年記念公演 『わしゃ止まると死ぬんじゃ』(1999年、なんばグランド花月
  • ミュージカル『アパートの鍵貸します』(2001年)
  • 『夢みる女』(2002年、三越劇場
  • 『おしゃべり伝六捕物帖』(2002年、明治座
  • 『江戸っ子芸者 夢奴奮闘記』(2003年、三越劇場)
  • ORB』(2003年、本多劇場
  • 『一郎ちゃんがいく。』(2003年、博品館劇場)
  • 『ねずみ小僧 危機一髪!!』(2004年、明治座)
  • 『赤い靴の女たち』(2005年、赤レンガ倉庫
  • 『狐狸狐狸ばなし』(2005年、三越劇場)
  • bambino
    • 『bambino』(2006年、新宿シアターサンモール)
    • 『bambino+』(2006年、新宿シアターアプル)
    • 『bambino due』(2007年5月 - 6月、東京芸術劇場中ホール/大阪メルパルクホール/名鉄ホール)
    • 『bambino+ in YOKOHAMA』(2007年12月、横浜BLITZ)
    • 『bambino 0』(2008年5月、新宿シアターアプル)
    • 『bambino+ in apple』(2008年9月、新宿シアターアプル)
    • 『bambino3&+』(2009年8月22日・23日、新宿シアターサンモール) - ゲスト出演
    • 『bambino final!』(2012年6月6日 - 17日・22日・23日、新宿シアターサンモール/大阪サンケイホールブリーゼ)
  • コロッケ納涼特別公演『大当たり!夫婦茶碗』(2006年、中日劇場
  • コロッケ新春喜劇公演『俺はお殿様』(2007年、新宿コマ劇場)
  • 『ヴァーサス』(2007年4月、青山円形劇場
  • メモリーズ
    • 『メモリーズ 2』(2007年8月、新宿シアターサンモール)
    • 『メモリーズ 3』(2008年4月、新宿シアターサンモール)
  • 『苦情の手紙』(2007年8月24日、新宿シアターサンモール)
  • コロッケ特別公演『しあわせ地蔵』(2007年10月、中日劇場)
  • 『ねぇ、夜は誰のためにあるの?』(2007年11月30日 - 12月2日、博品館劇場)
  • ヘキサな二人』(2008年2月、新宿シアターアプル )
  • 『ダブルブッキング!!』(2008年7月18日 - 27日、紀伊國屋ホール/シアタートップス)
  • 『7Dummy's Blues.』(2008年8月20日 - 27日、青山円形劇場)
  • 吉幾三特別公演『十六代目婿養子』中日劇場 (2008年10月)
  • イタズラなKiss』(2008年12月、新宿シアターサンモール)
  • 『K』プレビュートークショー(2009年1月、赤坂RED THEATER)
  • 『K』(2009年2月・3月、赤坂ACTシアター/新神戸オリエンタル劇場)
  • 丸美屋食品ミュージカル『アニー』(2009年 - 2010年、青山劇場 他) - ルースター役
  • 『SHURABA』(2009年7月18日 - 26日、東京芸術劇場小ホール2)
  • ミュージカル『グッバイ、チャーリー』(2009年9月12日 - 26日、東京芸術劇場中ホール 他)
  • 『青山ボーイズキャバレー』(2009年10月12日 - 16日、青山円形劇場) - ゲスト出演
  • コロッケ特別公演(2009年10月31日 - 11月24日、中日劇場)
  • 『コントンクラブ』(2009年12月2日 - 13日、博品館劇場) - 演出・出演
  • TSミュージカルファンデーション オリジナルミュージカル 『Diana-月の女神ディアナ-』(2010年10月8日 - 10月31日、東京芸術劇場小ホール1)
  • コロッケ新春特別公演 太閤記外伝『花のこみち』(2011年1月2日 - 26日、中日劇場)
  • 舞台版『花咲ける青少年』(2011年2月16日 - 27日、青山 草月ホール)
  • 『CRASH POTION〜コーポ・ゴーストの秘密〜』(2011年3月30日 - 4月3日、MAKOTOシアター銀座
  • 方南ぐみ企画公演 袋のねずみ番外編『道』(2011年7月22日 - 31日、俳優座劇場)
  • 『Letter』(2011年8月31日 - 9月4日、恵比寿・エコー劇場)
  • abc☆赤坂ボーイズキャバレーSpin Off『2回裏』(2011年12月7日 - 11日、博品館劇場)
  • 舞台版『花咲ける青少年ファイナル』(2012年1月15日 - 18日、サンシャイン劇場)
  • 『ハロー、イエスタディ』(2012年3月14日 - 18日、全労済ホールスペース・ゼロ) 
  • 『コーサ・ノストラの掟』(2012年11月1日 - 4日、CBGKシブゲキ!!) 
  • 『ダブルブッキング』(2013年1月9日 - 20日、下北沢本多劇場/劇小劇場/楽園)
  • 『MORES』(2013年4月3日 - 14日、新宿シアターサンモール/大阪ABCホール)
  • 『新贋作水滸伝』(2013年5月15日 - 19日、東池袋あうるすぽっと)
  • 『千年マチコ』(2013年6月26日 - 30日、池袋シアターグリーンBOX in BOX)
  • 『ミュージカルNicky』(2013年8月8日 - 11日、光が丘IMAホール)
  • 『異聞天狼伝』(2013年9月4日 - 11日、全労済ホールスペース・ゼロ
  • 『歌いタイツ』(2013年9月25日 - 29日、東池袋あうるすぽっと)
  • 『Can you belive ファンタスケッチ?』(2014年2月4日 - 9日、中野テアトルBONBON)
  • 『桃太郎外伝』(2014年3月12日 - 16日、築地ブディストホール)
  • 『ミュージカルNicky』(2014年8月19日 - 24日、光が丘IMAホール)
  • 『炎の蜃気楼昭和編 夜啼鳥ブルース』(2014年9月17日 - 23日、新宿シアターサンモール)
  • 『リズミックタウン』(2014年12月24日 - 28日、新国立劇場小劇場)
  • 『ユメオイビトの航海日誌』(2015年2月11日 - 15日、新宿シアターサンモール)
  • 『エデンズロック』(2015年3月25日 - 29日、新宿村LIVE)
  • 『マリオネット』(2015年5月15日 - 19日、六行会ホール)
  • 『五右衛門烈風伝』(2015年7月15日 - 20日、築地ブディストホール)
  • 『ミュージカルNicky』(2015年8月18日 - 23日、光が丘IMAホール)
  • 『逆鱗アンドロイド』(2015年9月10日 - 14日、東京芸術劇場シアターウエスト)
  • 『炎の蜃気楼昭和編 瑠璃燕ブルース』(2015年10月8日 - 13日、シアター1010)
  • 『舞台 遥かなる時空の中で6』(2015年11月27日 - 12月6日、全労済ホールスペース・ゼロ
  • 『魔王ロス症候群』(2015年12月23日 - 29日、新宿シアターサンモール)
  • 『リボンの騎士 鷲尾高校演劇部奮闘記』(2016年3月10日 - 13日、六行会ホール)
  • 『ミュージカルNicky』(2016年5月12日 - 15日、光が丘IMAホール)
  • 『HUNGRY 伝説との距離』(2016年7月21日 - 24日、CBGKシブゲキ!!)
  • 『ハロー、イエスタディ 再演』(2016年8月24日 - 31日、新宿シアターサンモール)
  • 『THE面接』(2016年9月27日 - 10月2日、俳優座劇場)
  • 『炎の蜃気楼昭和編 夜叉衆ブギウギ』(2016年10月21日 - 30日、新宿シアターサンモール)
  • 『伊賀の花嫁』(2017年1月13日 - 22日、博品館劇場)

映画[編集]

プロデュース・脚本・演出[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 10月も後半ですー。 - 水谷あつしオフィシャルブログ 2015年10月21日

外部リンク[編集]