JA-JA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

JA-JA(ジャジャ)は1988年「ビギニングチャチャ」(日本テレビ系)より生まれた、当時東京キッドブラザース所属の俳優長戸勝彦と水谷敦(現・水谷あつし)からなるユニットである。

経歴[編集]

長戸と水谷は一度萩本欽一の番組オーディションを受けたが、「背が高すぎる」という理由で不合格(本人談)。しかしその背の高さが幸いして、JA-JAを結成。長身が大人の雰囲気を演出する事となる。

CHA-CHAの兄貴分として結成されたと思われがちだが、若い年齢層に支持されたCHA-CHAに対し若干高めの年齢層を狙い結成されたユニットである。結成の翌1989年8月30日『瞳を閉じてごらん』(VAP)でCDデビュー。オリコン初登場17位を記録。

1991年の水谷の東京キッドブラザース退団により、事実上解散となる。

エピソード[編集]

  • 番組開始当初は戸惑う面も見られたが、舞台俳優とは思えない程のギャグセンスを発揮。当時欽塾生だったTake2深沢邦之曰く「こんなに息の合った漫才コンビは見た事がない」。
  • ミュージックステーション」に出演した際、当時では珍しく長身の二人は司会のタモリに終始「デカいなぁ」と言わしめた。
  • 日本テレビ系アニメ「機動警察パトレイバー」のEDテーマを担当した際、営業に行くと通常のファンのみならず、アニメファンもJA-JAのステージを観に来ていた事もある。
  • 長戸はハモりが苦手。その為、全曲通してハモり部分は水谷が担当。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  1. 『瞳を閉じてごらん』 C/W『理由なきロンリー』
  2. 『CRY BABY TOWN』 C/W『風の歌を聴け』
  3. 『太陽の腕 月の瞳』 C/W『Miss Me』
  4. 『パラダイスの確率』(日本テレビ系アニメ「機動警察パトレイバー」EDテーマ) C/W『Try again』

アルバム[編集]

  1. 『Walker』全10曲
  2. 『終わらない時代』全11曲