深沢邦之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
深沢 邦之
本名 深澤 邦之
生年月日 (1966-09-15) 1966年9月15日(50歳)
出身地 日本の旗 日本東京都練馬区
方言 共通語
師匠 萩本欽一
コンビ名 Take2
立ち位置
事務所 佐藤企画
活動時期 1988年 -
同期 爆笑問題
さまぁ〜ず
雨上がり決死隊 など
現在の代表番組 東京マガジン
配偶者  田中美佐子1995年 - )
公式サイト 深沢邦之公式サイト

深沢 邦之(ふかさわ くにゆき、1966年9月15日 - )は、日本タレントお笑いタレント。お笑いコンビ・Take2ツッコミ担当。

東京都練馬区出身。佐藤企画所属。練馬区立大泉西中学校、城北高等学校明治大学商学部産業経営学科卒業。身長:170cm。

妻は女優田中美佐子。田中からは「クニクニ」の愛称で呼ばれている[1][2]

来歴・人物[編集]

大学在学中に萩本欽一主宰のコメディアン養成塾「欽塾」のオーディションに合格し入塾。その後、同塾の後身として結成された「欽ちゃん劇団」へ移り、劇団員として舞台を中心に活動する。1994年1月に、同じく劇団員だった東貴博お笑いコンビTake2を結成。フジテレビバラエティ番組タモリのSuperボキャブラ天国』の出演をきっかけに、一躍全国区にコンビとしての知名度を得る。その後TBS系朝の情報番組『はなまるマーケット』で、情報プレゼンターとしてレギュラー出演した(現在は単独で『はなまる』の一コーナー・「○○選手権シリーズ」に出演)。

1995年、同じ事務所所属で付き人をしていたこともある女優の田中美佐子と結婚。深沢の当時の収入は月収約10万円で、田中は年収1億円とも言われていたため、「収入格差100倍婚」とまで言われるほどであった[3]。しかしこの結婚により知名度が上がり、上記のような番組に出演するようになる。

神奈川県三浦郡葉山町に新居を構え、2002年には念願の一女をもうけた。

剣道三段の資格を所持し、芸能界屈指の強さを誇る。『SMAP×SMAP』のコント「草彅ムサシ」の剣道対決において、それまでほぼ負け知らずだった木村拓哉草彅剛の両名に圧勝している(木村とは即再戦を行い、その際は時間切れ引き分け)。これから数か月後に放送された『ウッチャンナンチャンの炎のチャレンジャーこれができたら100万円!!』の「ヒャックマン」との剣道対決では、マスクを着けたヒャックマンの行動が読み取れず敗退(対戦後にヒャックマンに対して「目ぐらい見せろ」と話している)。『芸能界特技王決定戦 TEPPEN』の剣道対決でも、深沢と同じく三段所持者である長谷川初範と対決して延長戦を何回も行うほどの激闘を演じたが負けている。

主な出演番組[編集]

コンビとしての出演はTake2の項目を参照。

現在の出演番組[編集]

過去の出演番組[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ブログのコメント欄に田中美佐子が“降臨”、夫もファンもビックリ。 - Narinari.com 2009年5月14日
  2. ^ 華道部 - Take2 深沢邦之オフィシャルブログ「深ちゃん今日もふかふか」 2009年5月12日
    コメントの14番が田中美佐子のものとされる。
  3. ^ 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.102.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]