この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

香取慎吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
かとり しんご
香取 慎吾
別名義 慎吾ママ、SHINGO、ハットリくん、両さん、慎吾ちゃん
生年月日 (1977-01-31) 1977年1月31日(40歳)
出生地 日本の旗 日本神奈川県横浜市[1]
身長 182 cm[2]
血液型 A型[3]
職業 俳優司会者歌手声優タレント
ジャンル 映画テレビドラマCM舞台バラエティ番組
活動期間 1987年 -
事務所 ジャニーズ事務所(1987年 - 2017年9月8日)
株式会社CULEN(2017年9月22日 - )
公式サイト 新しい地図
主な作品
テレビドラマ
未成年』/『透明人間』/『ドク
いちばん大切なひと』/『蘇える金狼
人にやさしく』/『HR
新選組!』/『西遊記』/『黒部の太陽
薔薇のない花屋』/『幸せになろうよ
こちら葛飾区亀有公園前派出所
MONSTERS』/『幽かな彼女
SMOKING GUN〜決定的証拠〜
家族ノカタチ
映画
NIN×NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE
西遊記』/『座頭市 THE LAST
ギャラクシー街道
備考
SMAPの全活動期のメンバー

香取 慎吾(かとり しんご[3]1977年1月31日[3] - )は、日本俳優司会者声優タレント歌手で、男性アイドルグループSMAPの全活動期(1988年 - 2016年)のメンバー神奈川県横浜市出身[1]。株式会社CULEN所属。

略歴

1987年ジャニーズ事務所に入所。

1988年4月SMAPの前身の男性グループであるスケートボーイズの中からSMAPのメンバーに選ばれた。当時11歳でメンバーの中では最年少であった。

1995年、ドラマ『未成年』で第7回ザテレビジョンドラマアカデミー賞・助演男優賞を受賞。

1996年4月、『透明人間』で連続ドラマ初主演。同年10月にはドラマ『ドク』で第11回ザテレビジョンドラマアカデミー賞・主演男優賞を受賞。

1997年、『香港大夜総会 タッチ&マギー』で映画初主演。同年4月、『香取慎吾の天声慎吾』が冠番組としてスタート。2008年9月28日まで11年間にわたって放送された。

2000年、慎吾ママ名義の「慎吾ママのおはロック」がミリオンヒットとなり、慎吾ママの「おっはー」が流行語大賞を受賞[注 1][注 2]

2001年10月、情報・教養バラエティ番組『SmaSTATION!!』がスタートし、司会を務める。

2003年には15kgのダイエットに成功し、ダイエット記を綴った本『DIET SHINGO』(マガジンハウス)がベストセラーとなった。

2004年、『新選組!』で主演・近藤勇を演じ、大河ドラマ初主演。『新選組!』の初回視聴率は26%、年間の平均視聴率は17%。

2005年から2016年まで、テレビ朝日サッカー日本代表応援団長に任命される[注 3]。同年8月、日本テレビ系列24時間テレビ 「愛は地球を救う」』では、草彅剛ともにメインパーソナリティーを務め、歴代1位の平均視聴率を記録し[4]、自身プロデュースのチャリティTシャツが、歴代1位の売り上げを記録[5]

2006年、ドラマ『西遊記』で主人公・孫悟空を演じ、全話20%越えの視聴率(関東地区・ビデオリサーチ社調べ)を記録した[6]

2007年7月14日公開の主演映画『西遊記』が興行収入43.7億円を記録した。同年7月28日、『FNS27時間テレビ みんな“なまか”だっ!ウッキー!ハッピー!西遊記!』では、総合司会を務めた。

2009年秋、ニューヨークのオフ・ブロードウェイでミュージカル『TALK LIKE SINGING』(脚本:三谷幸喜)に出演。日本のオリジナルミュージカルが初演をニューヨークで行うのは日本の演劇界では初のことだった[7]。翌年2010年には日本公演も行われた。

2014年、ミュージカル『オーシャンズ11』で主演・ダニーを熱演。

2015年、長年の夢であった草彅との二人芝居を三谷幸喜演出の『Burst!』で熱演。

2016年12月31日、SMAP解散。ソロタレントとなる[8]

2017年9月9日稲垣吾郎草彅剛とともにジャニーズ事務所を退所[9][10]。同年9月22日、稲垣、草彅と共同で公式ファンサイトを開設、10月16日本格始動とされた[11]。同時に新事務所「CULEN(カレン)」所属となることも発表した[12]

人物

親交関係

草彅剛

草彅剛とは香取が小学生のときから深い親交がある。香取は自身のジュニア時代からを振り返った際に、草彅とのことを「気がついたらいつも二人きり。仕事に関係なくずっと一緒だった」と述べているほどで、二人でプライベートの多くの時間を共有してきている[13]稲垣吾郎が2011年にSMAPのメンバーとの関係についてで昔を振り返った際に、草彅と香取の仲に対する稲垣自身を「二人がすごいくっついてたんで、あんまり入っていけない感じがあった」と述懐している[14]

香取はインタビューで主演ドラマ『人にやさしく』にちなんで「やさしさの3か条」を問われた際、その内の1か条だけ当ドラマとは関係ないワード、かつ、唯一の人物名で「草彅剛」と挙げており、草彅から感じた優しさについて述べたほか「すごい好きだって、こんなに素直に言える男はいない、彼しか」と草彅を好きな思いのほどを口にした[15]

香取にとって草彅はどういう存在だと思うかを問われた際は、草彅のために涙も流せるし、命までいけると、草彅のために捧げてもいいと思える旨を述べるに至った[16][信頼性要検証]

香取が2004年に自身の芸能界引退を本気で考えていた時期があったことをのちに公にしたが、その頃に草彅がとても多忙な中で香取の家に泊まりに行っていたり[17]、『SmaSTATION!!』の香取の楽屋に通っていたりなどしており、香取はそっと寄り添う草彅の存在に救われていた。また、香取の楽屋において草彅は、香取と共通のヘアメイク担当者に髪を切ってもらったり自由に過ごせたことが明らかになっている。香取は当時のエピソードを「僕とツヨポンの関係だからこそ成り立つ」と口にしていた[18][信頼性要検証]

2011年に香取は親友と呼べる対象として草彅の名前のみを挙げており「お互いにそれしかいないっていう感じですからね」と述べた[19]。また、香取は家族にたとえるなら、自身と草彅を「夫婦みたいな感じ」と言い表している[20]

テレビ朝日ゼネラルプロデューサーの友寄隆英はSMAPのメンバーの公の場ではない裏側もよく見てきたうえで、草彅と香取を「恋人同士」[21]と形容している。また、同様に裏側も知っている人間で草彅と香取について、脚本家の三谷幸喜は「魂で結ばれた二人」[22][23]、「(草彅は香取の、香取は草彅の)自分自身でもある」[22]と言い表している。

香取は「つよぽんにとって大きな瞬間」とのことで2013年の自身の誕生日前日に完全プライベートの1泊2日でソウルへ草彅主演舞台の韓国初公演を観に行った[24]。観劇後の誕生日当日は焼肉店で草彅とお互いの記念日を祝った[25]。香取はこのことに関し「わざわざ韓国まで追いかけて誕生日も二人で祝うなんて…恥ずかしい」[26]「誕生日は絶対カレといたい! みたいな感じですよね」[27]と発言した。

2014年に草彅がフィギュアの話をしていた流れで、香取にもらったフィギュア(某ブランドの2004年限定モノ)について「彼が2個持っていて、1個は金髪で慎吾に似ていて、もう1個は黒髪で『つよぽんに似てるからあげるよ』って」と、香取とペアで持ってることを明かした[28]

山本耕史

2004年に主演したNHK大河ドラマ新選組!』で副長・土方歳三を演じた山本耕史とはドラマの放送終了後も公私に渡り、親交がある。撮影当初から頑なに心を開かず、連絡先を教えなかった香取に対して山本は楽屋に潜入したりするなど何度もアプローチして、半ば強引に香取の連絡先を入手した[29][信頼性要検証]。また、『新選組!』放送終了後に香取が山本に黙って連絡先を変更した際には、当時ドラマ『華麗なる一族』で共演していた木村拓哉を介して連絡先を入手する[30][信頼性要検証][31]

2015年8月22日に山本が女優・堀北真希との結婚を発表した際には、同日放送の『SmaSTATION!』の冒頭で「堀北さん、俺の山本耕史……俺の山本耕史を、よろしくお願いします!ご結婚おめでとうございます!」と祝福した[32]

2016年に山本の第一子が誕生した際には山本・堀北に先駆けて香取の口から発表され祝福の言葉が送られた[33]

大河ドラマ新選組!』で共演して以来、山本耕史とは香取が「友達を作らない主義」であるにも関わらず「数少ない友人」と公言しているほど親交が深く、長年司会を務めた「SmaSTATION!!」の中で2017年、山本の結婚や第一子誕生にも触れており、最終回にも山本がゲスト出演している[34][35]

キャイ~ン

『香取慎吾の特上!天声慎吾』で11年に渡り共演したキャイ~ンとは、最終回の打ち上げの席で連絡先を交換。天野ひろゆきが2014年に元アナウンサー・荒井千里と結婚した際、香取は天野に頼まれ婚姻届の保証人になっている(もう一人の保証人は相方のウド鈴木[36][信頼性要検証][37]

2017年9月8日長年互いを親友と公言するウド鈴木が香取のジャニーズ事務所退所の日に短歌を公開すると、香取ファンから感謝の言葉が相次ぎ[38]、改めて香取ファンに対しても感謝を述べた[39]

2017年9月23日の『SmaSTATION!』最終回ではウド鈴木が放送前にキャスト・スタッフ分の差し入れを持って楽屋を訪れた。しかし、スタッフが引き留めるも「怒られちゃうから帰ります」と言って香取が楽屋入りする前に帰った。[40]

仕事

声優としてのデビュー作は『赤ずきんチャチャ』のリーヤ役[注 4][注 5]

出演作品『TALK LIKE SINGING』や『こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE 〜勝鬨橋を封鎖せよ!〜』の期間限定ブログを行ってきている。

いちばん大切なひと』、『人類資金』などで共演している観月ありさとは小学生の頃から一緒に仕事をしている旧知の仲[41]。観月も香取のことを「幼なじみのような感じなので慎吾君とのお仕事は緊張せずリラックスしてできますね〜」と語っている。[42]

創作活動

2011年にはシルク・ドゥ・ソレイユ『ダイハツ クーザ』の東京公演の開幕を記念して、自身が描いた巨大アート作品を披露していた[43]

草彅剛主演ドラマ『独身貴族』の劇中で、草彅の役・星野守が経営する映画会社のオフィス内に香取作の絵画が7点飾られた。香取の作品がドラマで使用されるのは初。香取は「自分の描いた絵だけがドラマに出演すると言う、はじめての感覚に興奮し、毎回欠かさず観ています。僕の絵が、少しでもシャレオツなドラマを引き立てるワンポイントになれたらうれしいです。最終回までに、もっと他の絵が欲しいと思ったら言って下さいね。すぐに、ツヨポンのために描き上げます!」と語っていた[44]

その他のエピソード

『新選組!』撮影の時点で金歯が4本あったが、全て白いセラミックに替えている。その際、睡眠中の歯ぎしり防止にマウスピースを渡されて使用していることも公表している[45]

2007年公開の映画『スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴ』では映画の冒頭で映画監督でもあるクエンティン・タランティーノと共演している。シーンの内容は元々、香取がタランティーノを撃ち殺すという内容だったが撮影直前にタランティーノの要望により、配役を逆転され香取がタランティーノに負けるという内容に変更された。[46]

受賞歴

  • 1995年 - 第33回ギャラクシー賞(奨励賞)・テレビ部門…『沙粧妙子-最後の事件-』の演技による。
  • 1995年 - 第7回ザテレビジョンドラマアカデミー賞・助演男優賞…テレビドラマ『未成年』の演技による。
  • 1996年 - 第11回ザテレビジョンドラマアカデミー賞・主演男優賞…テレビドラマ『ドク』の演技による。
  • 2000年 - 第17回新語・流行語大賞・大賞:「おっはー」(慎吾ママとして受賞)
  • 2000年 - 第8回橋田寿賀子賞・橋田賞:(香取慎吾と慎吾ママ)
  • 2000年 - 第26回ザテレビジョンドラマアカデミー賞・助演男優賞…テレビドラマ『合言葉は勇気』の演技による。
  • 2001年 - 第29回ザテレビジョンドラマアカデミー賞・助演男優賞…テレビドラマ『Love Story』の演技による。
  • 2002年 - 第32回ザテレビジョンドラマアカデミー賞・主演男優賞…テレビドラマ『人にやさしく』の演技による[47]
  • 2005年 - 第43回ザテレビジョンドラマアカデミー賞・主演男優賞…テレビドラ『新選組!』の演技による[48]
  • 2017年 - GQ MEN OF THE YEAR 2017・インスピレーション賞[49]

出演

バラエティ番組

定期番組

不定期番組

  • 欽ちゃん&香取慎吾の全日本仮装大賞(日本テレビ) - 年1回放送
  • 笑わせます聴かせます まろまろ一笑懸命(テレビ朝日) - 2012年9月17日、2013年5月26日、2015年1月4日放送
  • テレ朝SMAPバラエティ部 スマシプ(2014年3月9日・2015年9月22日、テレビ朝日)

単発

インターネット動画配信

  • 27Hun ホンノちょっとテレビ(2018年1月1日、AbemaTV ) - 稲垣・草彅と共に司会。また、森が電話で出演した。

テレビドラマ

映画

舞台

テレビアニメ

OVA

劇場アニメ

吹き替え

ラジオ

CM

ソロ曲など

著書

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ ただし本人が考え出したフレーズではなく、声優・俳優である山寺宏一が司会を務めるおはスタテレビ東京)(山寺は2016年4月1日をもって、おはスタを卒業した。)内における挨拶で、許諾無く使用という事実上の盗用であることは香取本人も認めており、山寺には所属事務所を経由し事後承諾という形で承諾を得ており、実際に同年におはスタに出演し山寺に対して番組内で謝罪したうえで慎吾ママとして歌を披露し、山寺と共演している。
  2. ^ 当初は挨拶の一種であり自ら考案したとしていたが、視聴者からおはスタからの盗用である事を指摘されると山寺がおはスタで行っている挨拶の盗用である事を認めたうえで事務所を通じて事後承諾という形で承諾を得ることになる。なお山寺側は盗用されたこともあり、また香取が紅白出演時に行ったコメント内容も暗に自分が生みだしたと言わんばかりの対応であったため面白くなかったものの、事務所側からも大人の対応を求められたとのこと。この件に関する細部は山寺の著書である『やまちゃんの語ってくだけろ』を参照
  3. ^ テレビ朝日の公式応援団長として報道ステーション(2005年1月21日放送 - )などに出演。
  4. ^ アニメ本放送中に製作されたサウンドトラック・アルバムのドラマパートでは権利関係や多忙のためアフレコ参加が不可能となり、狼状態での鳴き声のみでリーヤの台詞が一切ない。
  5. ^ PC-FXで発売されたゲーム版のみ、金子幸伸が代役を務めた。

出典

  1. ^ a b 広告ライブラリー|アサヒ本生ドラフト|アサヒビール|出演者プロフィール”. 2012年2月12日閲覧。
  2. ^ Top 100 Japanese pops Artists - No.69”. ローソンHMVエンタテイメント (2003年9月23日). 2017年4月29日閲覧。
  3. ^ a b c 香取慎吾のプロフィール・ヒストリー”. オリコン芸能人事典. 2012年1月26日閲覧。
  4. ^ 24時間テレビ28「愛は地球を救う」高視聴率を記録! - 日本テレビ(ファイルタイプ:PDF)
  5. ^ 2005年8月26日付スポーツニッポン紙面より。[要ページ番号]
  6. ^ フジテレビムービー:西遊記 - フジテレビ”. 2012年2月12日閲覧。
  7. ^ 香取慎吾 主演『TALK LIKE SINGING』NY公演スタート|演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド”. 2012年2月12日閲覧。
  8. ^ “草なぎ&香取はラジオでファンに感謝 4日連続でメンバー全員が解散言及”. Sponichi Annex. (2016年8月21日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/08/21/kiji/K20160821013205920.html 2016年8月21日閲覧。 
  9. ^ “稲垣、草ナギ、香取、ジャニーズと決別! 退社女性マネと再出発へ”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2017年6月19日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170619-OHT1T50020.html 2017年6月19日閲覧。 
  10. ^ “ジャニーズ事務所 香取ら退所3人を代弁「感謝」…サイトを8日で閉鎖と発表”. Daily Sports Online. (2017年9月4日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/09/04/0010524240.shtml 2017年9月5日閲覧。 
  11. ^ “元SMAP3人がファンサイト「新しい地図」開設 来月16日に始動か”. Sponichi Annex. (2017年9月22日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/09/21/kiji/20170922s00041000088000c.html 2017年9月22日閲覧。 
  12. ^ “元SMAPの3人、新事務所で芸能活動へ”. 朝日新聞DIGITAL. (2017年9月22日). http://www.asahi.com/articles/ASK9Q56M4K9QUCLV00K.html 2017年9月22日閲覧。 
  13. ^ ポポロ』1995年12月号[要ページ番号]
  14. ^ 『TVfan』2011年10月号、32頁。
  15. ^ 『月刊ザテレビジョン』2002年1/26 - 2/28号[要ページ番号]
  16. ^ 『SmaTIMES』#35、2002年7月6日放送後の配布分。
  17. ^ 『CanCam』2004年4月号(2004年2月23日発売)[要ページ番号]
  18. ^ 『SmaTIMES』#113、2004年4月10日放送後の配布分。
  19. ^ 月刊誌『SAVVY』2012年1月号(2011年11月22日発売)、157頁。
  20. ^ 『月刊TVガイド』3月号関東版、東京ニュース通信社、2016年、5頁。
  21. ^ 又兵衛の側近”. BALLAD 名もなき恋のうたオフィシャルブログ『井尻又兵衛と名もなきスタッフブログ』 (2009年9月22日). 2009年9月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年閲覧。...
  22. ^ a b 『burst〜危険なふたり[パンフレット]』. 株式会社パルコ、2015年、5・6頁。
  23. ^ 『月刊ザテレビジョン』2015年7月号(2015年5月23日発行)、139頁。
  24. ^ 草なぎ韓国舞台初日、香取お忍び生観劇『デイリースポーツ』(2013年1月31日)2017年9月23日閲覧。
  25. ^ 草なぎ「夢だった」韓国主演舞台初日!香取も駆け付けた/ Sponichi Annex(2013年1月31日)2017年9月23日閲覧。
  26. ^ 『スポーツ報知』2013年1月31日[要ページ番号]
  27. ^ 『東京中日スポーツ』2013年1月31日[要ページ番号]
  28. ^ 『月刊ザテレビジョン』2015年1月号(2014年11月22日発行)、146頁。
  29. ^ 2016年12月4日放送『おしゃれイズム
  30. ^ 2011年12月25日放送『さんま&SMAP!美女と野獣のクリスマススペシャル
  31. ^ SMAP香取慎吾の留守電に山本耕史「俺をなめるなよ」携帯番号入手法にスタジオ驚愕. model press. (2016年12月5日)2017年9月23日閲覧。
  32. ^ 香取慎吾「堀北真希さん!オレの山本耕史をよろしくお願いします」サンスポ.(2015年8月23日)2017年9月23日閲覧。
  33. ^ “堀北真希が第1子出産、山本耕史の親友・香取がスマステで電撃発表「おめでとう!」”. 産経ニュース. (2016年12月18日). http://www.sankei.com/entertainments/news/161218/ent1612180007-n1.html 2017年9月23日閲覧。 
  34. ^ スマステ香取23日放送最終回ゲストに親友山本耕史”. ORICON NEWS. オリコン (2017年9月17日). 2017年9月20日閲覧。
  35. ^ 香取慎吾「スマステ」“699回”で歴史に幕! ラストは山本耕史と名物企画を放送. ザテレビジョン.(2017年9月17日)2017年9月23日閲覧。
  36. ^ 2014年3月10日放送『SMAP×SMAP』
  37. ^ 香取慎吾、天野の婚姻届保証人だったデイリースポーツ(2014年3月10日)2017年9月23日閲覧。
  38. ^ ウド鈴木 清らかに身をひく友が
  39. ^ ウド鈴木 皆さんの真心に 心から感謝の気持ちでいっぱい
  40. ^ 『SmaTIMES』#699(2017年9月23日放送後に配布分)
  41. ^ SmaTIMES || SmaSTATION!!2014年2月5日閲覧。
  42. ^ スマステ 『Alisa Mizuki Official Blog』 2012年5月13日
  43. ^ 香取慎吾、自作巨大アートを披露 『ORICON STYLE』 2011年02月01日
  44. ^ “草なぎ剛が主演をつとめる連続ドラマ『独身貴族』に香取慎吾画伯が絵画を提供!!”. とれたてフジテレビ. (2013年10月29日). オリジナル2014年2月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140225081609/http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2013/i/131029-i198.html 2013年10月29日閲覧。 
  45. ^ 『SMAP NO SHINGO』より[要ページ番号]
  46. ^ 2009年11月16日放送『SMAP×SMAP』内のビストロSMAPにて発言
  47. ^ “ザテレビジョン ドラマアカデミー賞 : 【第32回 主演男優賞】香取慎吾”. ザテレビジョン. オリジナル2007年10月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071025020309/http://blog.television.co.jp:80/drama/academy/2002/04/post_239.html 
  48. ^ “ザテレビジョン ドラマアカデミー賞 : 【第43回 主演男優賞】香取慎吾”. ザテレビジョン. オリジナル2007年10月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071025020500/http://blog.television.co.jp:80/drama/academy/2005/01/post_106.html 
  49. ^ 2017年のGQ MEN OF THE YEARが決定! 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾、佐藤琢磨、長谷川博己、秋山竜次、野田洋次郎、佐藤天彦、斎藤工の全9人が受賞”. GQ JAPAN (2017年11月22日). 2017年11月25日閲覧。
  50. ^ SMAPがNHK「のど自慢」の顔 香取が特別MC”. 2017年9月23日閲覧。
  51. ^ NHKのど自慢”. 2015年7月19日閲覧。[リンク切れ]
  52. ^ NHKのど自慢”. 2015年8月2日閲覧。[リンク切れ]
  53. ^ SMAP香取、騒動後の初生ステージで歌詞間違えていた!?「のど自慢」で告白” (2016年3月13日). 2017年9月23日閲覧。
  54. ^ 日曜劇場『MONSTERS』”. TBS. 2012年8月31日閲覧。
  55. ^ “SMAP香取、“超霊感体質”の教師役でドラマ主演 ヒロイン杏は地縛霊”. ORICON NEWS. (2013年1月22日). http://www.oricon.co.jp/news/2020850/full/ 2017年9月23日閲覧。 
  56. ^ “SMAP香取慎吾がもじゃもじゃ頭の科学捜査研究員に! ミステリーコミック『スモーキングガン』がドラマ化!”. ダ・ヴィンチニュース. (2014年4月9日). http://ddnavi.com/news/190411/a/ 2014年4月12日閲覧。 
  57. ^ SMAP香取慎吾が初の誘拐犯役「俺はまだやれる」”. nikkansports.com (2015年7月29日). 2017年9月23日閲覧。
  58. ^ 香取慎吾、結婚できない“こじらせ男子”に!結婚しないヒロインには上野樹里”. 映画.com (2015年11月12日). 2015年11月12日閲覧。
  59. ^ 香取慎吾主演ドラマ『家族ノカタチ』第1話、こじらせ男女の家族の形”. music.jpニュース (2016年1月24日). 2017年9月23日閲覧。
  60. ^ “香取慎吾主演のサスペンスドラマ 名作漫画『ポーの一族』モチーフに”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2016年2月26日). http://www.oricon.co.jp/news/2067482/full/ 2016年2月26日閲覧。 
  61. ^ “香取慎吾が演じる松本秀樹本人も出演 映画『LOVE まさお君が行く!』”. ORICON STYLE. (2012年1月18日). http://www.oricon.co.jp/news/2005866/full/ 2012年1月21日閲覧。 
  62. ^ “お化け怖い香取慎吾「デリケートなので」”. nikkansports.com. (2011年10月31日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp1-20111031-857218.html 2011年11月2日閲覧。 
  63. ^ bayfm78 LOVE OUR BAY LOVE OUR FUTURE > インフォメーション”. bayfm (2016年12月6日). 2016年12月6日閲覧。
  64. ^ RIZAP公式『香取慎吾 本気で ライザップ中!』”. RIZAP. 2015年4月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年4月15日閲覧。
  65. ^ 稲垣吾郎&香取慎吾の新CMが決定 新『オールフリー』を「全力で応援します!」 2017年11月28日 ORICON NEWS

外部リンク

おじゃマップ

おじゃMAP!!
ジャンル 旅番組 / バラエティ番組
放送時間 水曜日 19:00 - 19:57(57分)
放送期間 2012年1月25日 - 2018年3月(予定)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
監修 戸渡和孝(フジテレビ)
プロデューサー 上野貴央(フジテレビ)
西敏也、ながさわコーヤ、三浦雅登
黒木彰一(フジテレビ、CP
出演者 香取慎吾
山崎弘也アンタッチャブル
ほか
ナレーター 平野義和
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
外部リンク 公式サイト

特記事項:
初回放送は20:54までの2時間スペシャル放送。
旧タイトル名:おじゃマップ( - 2015年3月
テンプレートを表示

おじゃMAP!!』は、フジテレビ系列2012年1月25日から毎週水曜日の19:00 - 19:57(JST)に放送されているバラエティ番組である。初回放送は20:54までの2時間スペシャル放送。キャッチフレーズは「あなたの街をおじゃMAP!!」。

2015年3月までのタイトルは『おじゃマップ』で、2015年4月放送分より現在のタイトルに変更となった[1]

ステレオ放送文字多重放送[2] を実施。

概要

2012年1月25日から毎週水曜日の19:00 - 19:57(JSTゴールデン枠)で放送開始。この放送枠では2005年10月以降『クイズ!ヘキサゴンII』が放送されてきたが、司会を務めていた島田紳助芸能界を引退したことから2011年9月で打ち切りと暫定的なつなぎ番組を編成していたが、正式な後番組として本番組がレギュラー番組として開始された。

本番組は2011年1月から単発の特別番組として合計5回放送され、香取慎吾アンタッチャブル山崎弘也が全国各地の「日本一」にちなんだの数々を訪れ、人々との出会いを通して番組独自の地図おじゃマップ」を作り上げる旅番組紀行番組として視聴者の高評価を得てレギュラー放送化した。毎回、香取と山崎の他に2組程度のゲストが登場する。

2012年10月以降から視聴者からの投稿を元にその願いを叶えるという趣旨の回が増え、香取は11月28日の放送で「ハッピーサプライズ番組」と称した。2013年4月から2014年3月まで、ゲスト数名とグルメスポットを訪れて名物メニューとご飯10合(2時間版は20合、2013年12月25日の2時間30分SPは25合)を平らげるグルメロケ「おジャーマップ」や、テーマパーク・百貨店などの観光スポットなどを司会・ゲストが変装して訪れる回などの新企画が行われた。2014年4月から日本各地にある人気店の社長に訪問するロケ「ご当地社長におじゃマップ」や様々な依頼の中から面白い依頼に応える「オモシロご依頼におじゃマップ」などの企画が行われている。

2015年4月からタイトルロゴが変更され「おじゃMAP!!」に改題。2015年3月まで基本的にすべてロケの番組構成であったが、改題に伴ったリニューアルにより、これまで頻繁に登場したゲストを中心にした「おじゃMAP!!ファミリー」が、古民家の茶の間風のスタジオでロケパートを見る構成に変更となった。香取・山崎が「今後レギュラーになってほしい」、「自らレギュラーになりたい」ゲストらを迎えてロケを行ったが、スタジオパートの挿入は数回程度で取り止められた。

2015年6月放送回からタイトルロゴが再度変更されて「おじゃ」と「!!」が黒の細字、「MAP」は様々な色で表した太字になった。

ケーブルテレビ局のNCVニューメディア函館センターで函館を紹介する本番組と同名の「おじゃマップ」が放送されているが、無関係である。

2017年10月4日の放送は、香取のジャニーズ事務所独立後初めての放送となった。内容は同じくジャニーズ事務所を独立した草彅との2人旅であった。また偶然にも収録日の2017年9月22日新しい地図のサービス開始日であった。同年11月1日には未公開シーンと新たに収録されたスタジオパートが放送された。

2018年3月をもって本番組を放送終了することが発表された[3]

出演者

レギュラー

  • 香取慎吾
  • 山崎弘也アンタッチャブル
    • 民家でのロケ交渉などアポイント取りは山崎曰く「アポ取り名人」の香取が、ロケ地での購入品などの荷物持ちは山崎の役目となっている。また、山崎はほかの番組ではボケたり共演者を弄ったりしているが、本番組では香取のボケをツッコむ(「おジャーマップ」の企画では、香取がご飯以外の主食(例:ラーメンなど)をこっそり食べているシーンがあり、それを山崎が注意する)役目を担っている。
    • 番組では「慎吾ママ」を登場させる回(2012年2月22日放送分)もある。
    • ちなみに、両者とも『笑っていいとも!』のレギュラーであったが、一度も同じ曜日レギュラーになることはなく、特大号のみの共演であった。

ナレーター

現在
  • 保村真(2016年6月22日 - 、番組全体を担当)
  • 高塚正也(レギュラー放送開始~2015年12月23日放送回まで、2016年1月13日以降は予告スポットを担当)
過去

スタッフ

  • ナレーター:高塚正也庄司宇芽香寺瀬今日子平野義和保村真小幡研二津野まさい若本規夫
  • 構成:鈴木おさむ、松田敬三、佐藤大地、本松エリ、岩本哲也
  • スタイリスト:黒澤彰乃
  • メイク:石崎達也、中村いと(維斗子)
  • タイトル:田中秀幸フレイムグラフィックス
  • TP:高瀬義美
  • TD・カメラ:宮本直也
  • VE:武田和浩
  • 音声:浮所哲也
  • 照明:加藤紗絵子
  • TK:楮本眞澄
  • 編集:宮下圭介、篠原一瑞
  • MA:東口智大
  • オフライン:坂口雄祐(一時離脱→復帰)
  • 音響効果:高島慎太郎、長濱麻衣子
  • 美術プロデューサー:三竹寛典(以前は美術制作→一時離脱)
  • 美術進行:中村秀美
  • デザイン:邨山直也
  • 大道具:山本和成
  • 装飾:川合将吾
  • アクリル装飾:犬塚健
  • 編成:渋谷謙太郎(一時離脱→復帰)、春名剛生(以前はプロデューサー)、加藤達也
  • 広報:山本麻祐子
  • デスク:宮崎由佳
  • FD:北村高雄、大熊一成(以前はAD)
  • AD:川口翼、雲越昭弘、中山拓也、後亮佑、後閑雄介、鈴木勇介、山口ひとみ、宮崎弘平、水主惟弘、鈴木雅己(巳)、芳賀直之、新垣拓也、芝内竜成、岡本暸、永井玲名、阿部渚
  • ディレクター:井熊俊博(以前は総合演出→D)、石武士、渡辺剛、松清弘卓、岡田純一、前場智也(以前はFD)、東隆志、井上融、角山僚祐、松永健太郎、印田弘幸
  • プロデューサー:上野貴央、ながさわコーヤ(以前は制作プロデューサー)、西敏也、三浦雅登
  • 監修:戸渡和孝
  • チーフプロデューサー:黒木彰一
  • リサーチ:フォーミュレーション、リベラス、近藤雄亮、大石依里香
  • CG:グレートインターナショナル
  • 技術協力:ニューテレスプログレッソOMNIBUS JAPAN、東京オフラインセンター
  • 制作協力:ビー・ブレーン、LOGIC ENTERTAINMENT、フナヤ278
  • 制作:フジテレビ編成局制作センター第二制作室(旧バラエティ制作センター→制作局第二制作センター)
  • 制作著作:フジテレビ

過去のスタッフ

  • スタイリスト:内田あゆみ
  • メイク:中逸あゆみ
  • リサーチ:LLPプラモ、ビスポ、高木美嘉、PLAMO
  • 技術:ヴァーテック千代田
  • TP:志水敏明(ヴァーテック千代田)
  • SW:横山政照
  • CAM:野口弘、平野善男、深澤克仁、植田和彦、永島良一、桧山賢一郎
  • MIX:津田浩之、湯沢春城、池上行大、清家克己
  • VE:山口聡、関文彦、久保翼、高橋正直
  • 照明:向出進、熊田毅、本郷朋之、佐藤博樹
  • 装飾:門間誠、山下正美
  • 電飾:田上淳子
  • 植木装飾:広田明
  • MA:小川るみ
  • 車両:増田功
  • 音響効果:斉藤信之
  • 編集:梅本大介
  • オフライン:安部華子、崔豪成、中村広嗣
  • TK:小島美和子、松下絵里
  • 広報:稲葉恵子、小中ももこ
  • デスク:保坂美帆
  • FD:浅倉俊之
  • AD:長谷部敏史、高松晃希、池田健吾、井上未来、森実慶太郎、山浦秀也、秦彰宏、林昇平、山脇達雄、早川大介、百田真規、植木やよい、配藤麻衣
  • AP:鈴木貴也、後藤央、中村悦子
  • 制作進行:陣川友裕
  • ディレクター:竹山耕太郎、橋本康弘、陣川友裕、樋谷昌史、中島太一、山中豪、斉藤カツオ、阿部和孝、熊澤謙一、後藤啓一、松田由紀子、濱口賢治、山田晃久、中川大輔、渋川大輔、鈴木圭介、相澤雄、大森千代美
  • チーフディレクター:制野慎太郎、田中慶、鈴木隆浩、川名良和
  • 演出:かわのけいすけ
  • プロデューサー:鬼頭貴彦
  • 技術協力:千代田ビデオワインド・アップFLTfmt
  • 協力:ジャニーズ事務所

ネット局と放送時間

放送対象地域 放送局 系列 放送曜日・時間 備考
関東広域圏 フジテレビ(CX) フジテレビ系列 水曜 19:00 - 19:57 制作局
北海道 北海道文化放送(UHB) 同時ネット
岩手県 岩手めんこいテレビ(MIT)
宮城県 仙台放送(OX)
秋田県 秋田テレビ(AKT)
山形県 さくらんぼテレビ(SAY)
福島県 福島テレビ(FTV)
新潟県 新潟総合テレビ(NST)
長野県 長野放送(NBS)
静岡県 テレビ静岡(SUT)
富山県 富山テレビ(BBT)
石川県 石川テレビ(ITC)
福井県 福井テレビ(FTB)
中京広域圏 東海テレビ(THK)
近畿広域圏 関西テレビ(KTV)
島根県鳥取県 山陰中央テレビ(TSK)
岡山県・香川県 岡山放送(OHK)
広島県 テレビ新広島(TSS)
愛媛県 テレビ愛媛(EBC)
高知県 高知さんさんテレビ(KSS)
福岡県 テレビ西日本(TNC)
佐賀県 サガテレビ(STS)
長崎県 テレビ長崎(KTN)
熊本県 テレビ熊本(TKU)
宮崎県 テレビ宮崎(UMK) フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
鹿児島県 鹿児島テレビ(KTS) フジテレビ系列
沖縄県 沖縄テレビ(OTV)
大分県 テレビ大分(TOS) フジテレビ系列
日本テレビ系列
不定期放送[4] 遅れネット
山口県 テレビ山口(tys) TBS系列 日曜 13:54 - 14:54
青森県 青森放送(RAB) 日本テレビ系列 土曜 12:30 - 13:30
  • 四国放送徳島県、日本テレビ系列)では土日の空いた編成枠を使って不定期放送が行われている。


脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 「おじゃマップ」から「おじゃMAP!!」に変更!初回はダレノガレ明美の両親がテレビ初登場”. シネマトゥデイ (2015年4月8日). 2015年4月8日閲覧。
  2. ^ ちなみに字幕では、香取の声が黄色、山崎の声が緑色(レギュラー前までは他の出演者と同様白)で表示される。
  3. ^ フジ「おじゃMAP」3月終了…香取唯一のレギュラーTV番組が改編対象に”. スポニチアネックス (2018年1月1日). 2018年1月1日閲覧。
  4. ^ 開始当初は水曜16:53 - 17:53に放送されていた。その後、水曜9:50 - 10:50→木曜14:56 - 15:52に移動してレギュラー放送していたが、2015年秋頃から不定期放送になった。不定期放送降格当初はあまり放送されていなかったが、2017年以降放送される機会(中でも草彅剛がゲスト出演した回については全て放送されている)が増えており、TOSにおける『SMAP×SMAP』の終了時点の放送時間であった火曜 24:54 - 25:54で放送されたこともある。

関連項目

  • サタ☆スマ:同局系でかつて放送されていたバラエティ番組。香取が出演。ロケ演出、視聴者参加型番組の点が同様。
  • SMAP×SMAP:同局系でかつて放送されていたバラエティ番組。香取が出演。スタッフも共通。
  • 笑っていいとも!:同局系でかつて放送されていたバラエティ番組。香取・山崎が出演。スタッフも共通。
  • SmaSTATION!!別系列でかつて放送されていた情報バラエティ番組。香取が出演。香取は当該番組とこちらを「姉妹番組」とみなしている。

外部リンク

フジテレビ系列 水曜19:00 - 19:57枠
前番組 番組名 次番組
クイズ!ヘキサゴンII
(2005年10月 - 2011年9月)

つなぎ番組
おじゃマップ

おじゃMAP!!
(2012年1月 - 2018年3月予定)
未定


警告: 既定のソートキー「かとり しんこ」が、その前に書かれている既定のソートキー「おしやまつふ」を上書きしています。