若原一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
若原一郎
出生名 田野倉 仲義
生誕 1931年8月1日
出身地 日本の旗 日本. 神奈川県横浜市
死没 (1990-07-16) 1990年7月16日(58歳没)
ジャンル 歌謡曲
職業 歌手
担当楽器
活動期間 1949年 - 1988年
レーベル キングレコード
岡晴夫

若原 一郎(わかはら いちろう、1931年8月1日 - 1990年7月16日)は、日本の歌手。神奈川県横浜市出身。本名は田野倉 仲義(たのくら・なかよし)。娘でタレントの若原瞳養女である。

来歴・人物[編集]

1948年NHKのど自慢で入賞し、翌1949年キングレコードから「船に灯がつきゃ」でデビューする。伸びのある美声に豊かな声量、歌の歯切れの良さにはデビュー当時から定評があったもののヒットが出ず、長い下積み時代が続いた。

1956年に「吹けば飛ぶよな」がヒットすると一躍名が知られるようになり、同年に「風の吹きよで」でNHK紅白歌合戦へ初出場。この年から5回連続で出場している(詳細は下記参照)。

1958年に「おーい中村君」を発売し、50万枚以上を売り上げる大ヒットとなった。

「吹けば飛ぶよな」「おーい中村君」のヒットでコミカルな曲を歌うイメージが強いものの、叙情的な「山陰の道」「少女」といったヒットも出している。また、若原が歌う昭和一ケタ~戦中歌謡、ことに軍歌は根強い人気があった。若原と同じレコード会社の先輩で、敬愛していた岡晴夫の没後は岡のヒット曲を歌い継ぎ、テレビ/ラジオ/ステージ、ファン主催の「岡晴夫を偲ぶ会」で度々歌を披露していた。好評であったこともあり「岡晴夫を歌う」というアルバムも発売した。

昭和30年代後半以降はヒットが途切れ、低迷するものの昭和40年代の懐メロブームで再び脚光を浴び、1970年代以降は懐メロ番組の出演に加えコメディ/バラエティ番組へも進出していった。『欽ちゃんのどこまでやるの!?』では未だに学校を卒業できずにいる中年の学生役に扮し話題を呼び、タレントとしての人気も得た。一方で養女だった若原瞳も芸能界入りを果たし、テレビ番組やCMなどで多数共演した。またこの時期にはアデランスのCMに出演し、カツラを使用していたことをカミングアウトした。

1980年代には瞳の結婚に猛反対(結婚相手が米国人であるため)したこともあった。その後離婚し、若原がイメージキャラクターを務めていたアデランスの社員だった現在の夫と再婚する際には反対せず、良好な関係を持った。

端正な顔立ちで、自他共に認める万年青年であった若原であったが1985年頃から体調を崩し、1988年からは事実上活動を休止した。1990年肝臓癌のため58歳で死去した。癌であることは最期まで若原には告知されることは無かった。遺作は1988年発売の「アカシヤ列車」だった。

代表曲[編集]

  • 船に灯がつきゃ (1949.11)
    作詞:東條寿三郎/作曲・編曲:上原げんと
  • 長崎シャンソン (1952.11)
    作詞:内田つとむ/作曲・編曲:上原げんと
  • 吹けば飛ぶよな (1954.11)
    作詞:東條寿三郎/作曲・編曲:渡久地政信
  • 東京ナイト (1954.12)
    作詞:矢野亮/作曲・編曲:林伊佐緒
  • 港のおりくさん (1955.4)
    作詞:伊藤岸子/作曲:服部鋭夫/編曲:渡久地政信
  • ハンドル人生 (1955)
    作詞:高野公男/作曲・編曲:船村徹
  • 風の吹きよで (1955.5)
    作詞:松江きぬゑ/作曲・編曲:鎌多俊与
  • 裏町のピエロ (1955.8)
    作詞:横井弘/作曲・編曲:江口夜詩
  • 滝の白糸 (1956.6)
    作詞:高橋掬太郎/作曲・編曲:飯田三郎
  • 山陰の道 (1956.11)
    作詞:高橋掬太郎/作曲・編曲:飯田三郎
  • 丘にのぼりて (1957.9)
    作詞:高橋掬太郎/作曲・編曲:飯田三郎
  • おーい中村君 (1958)
    作詞:矢野亮/作曲:中野忠晴/編曲:上野正雄
  • アイヨ何だい三郎君 (1959.3)
    作詞:矢野亮/作曲:中野忠晴/編曲:上野正雄
  • 少女 (1959)
    作詞:鈴木比呂志/作曲・編曲:林伊佐緒
  • カレーとタンゴ (1978)
    作詞・作曲:荒木とよひさ/編曲:丸山雅仁
  • 愛してるかい (1979)
    作詞:芳野薫/作曲:出門英/編曲:高田弘
  • お吉を踊る女 (1985)
    作詞:星野哲郎/作曲:船村徹/編曲:丸山雅仁
  • アカシヤ列車 (1988)
    作詞:石本美由起/作曲:浜圭介/編曲:山田年秋

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

  • 第7回 (1956年12月31日、東京宝塚劇場) 『風の吹きよで』
  • 第8回 (1957年12月31日、東京宝塚劇場) 『丘にのぼりて』
  • 第9回 (1958年12月31日、新宿コマ劇場) 『おーい中村君』
  • 第10回 (1959年12月31日、東京宝塚劇場) 『アイヨ何だい三郎君』
  • 第11回 (1960年12月31日、日本劇場(日劇)) 『ながれ雲』

テレビドラマ出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『紅白歌合戦アルバム NHK20回放送のあゆみ』(デイリースポーツ社、1970年)

外部リンク[編集]