上野正雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
上野 正雄(昭和初頭)

上野 正雄(うえの まさお、1890年明治23年)7月16日 - 1965年昭和40年)2月16日)は、日本の華族海軍軍人。爵位は伯爵、最終階級は海軍少将。旧姓は永田[1]

経歴[編集]

東京府出身。生母は福井県士族前波某の娘の栄[2]北白川宮能久親王の第六男であると判明したため、1897年明治30年)7月1日、伯爵を授けられ華族に列した。

軍歴[編集]

1912年明治45年)7月17日、海軍兵学校を卒業(40期)。翌年12月、海軍少尉任官し「金剛」乗組となる。1918年大正7年)12月から1年間、海軍水雷学校高等科で学んだ。

1919年大正8年)12月、「扶桑分隊長となり、「龍田」分隊長、「浦風水雷長兼水雷学校教官、「汐風」水雷長などを経て、1923年大正12年)3月、海軍大学校選科学生となった。1925年大正14年)4月、「阿蘇」分隊長となり、同年12月、海軍少佐に昇進し「迅鯨」水雷長に就任。

1926年大正15年)12月1日、「五十鈴」水雷長となり、「古鷹」水雷長、「灘風駆逐艦長、兼「夕風」駆逐艦長、「榛名」水雷長などを経て、1937年昭和12年)12月、海軍中佐に進級し「鳴戸」副長に就任。1933年昭和8年)11月、「多摩」副長となり、「木曾」副長、「対馬艦長、第4駆逐隊司令、「嵯峨」艦長などを歴任し、1938年昭和13年)11月、海軍大佐に進級。同年12月、「北上」艦長に就任し、鎮海要港部軍需部長を経て、1941年昭和16年)4月、鎮海軍需部長となり太平洋戦争を迎えた。

1943年昭和18年)3月、横須賀鎮守府付となり、第9特別根拠地隊付、第11潜水艦基地隊司令、兼第9警備隊司令、横須賀鎮守府付を歴任し、同年11月、海軍少将に進級。同月、軍令部出仕となり、翌月、待命・予備役編入となった。

栄典[編集]

親族[編集]

系図[編集]


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 森岡清美『華族社会の「家」戦略』索引p.13
  2. ^ 森岡清美『華族社会の「家」戦略』p.397
  3. ^ 『官報』第2106号「叙任及辞令」1919年8月12日。

参考文献[編集]

  • 海軍歴史保存会編『日本海軍史』第9巻、発売:第一法規出版、1995年。
日本の爵位
先代:
叙爵
伯爵
上野(正雄)家初代
1897年 - 1947年
次代:
(華族制度廃止)