伏見宮貞教親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伏見宮貞教親王

続柄 伏見宮邦家親王の第六王子
称号 真実相院
身位 親王
敬称 殿下
出生 天保7年9月17日1836年10月26日
死去 文久2年10月25日1862年12月16日
配偶者 鷹司積子
  鷹司明子
子女 見喜宮
徳宮
理宮
父親 伏見宮邦家親王
母親 鷹司景子
役職 三品
兵部卿
テンプレートを表示

伏見宮貞教親王(ふしみのみや さだのりしんのう)は、江戸時代末期の皇族伏見宮第21代。伏見宮邦家親王の第六王子。母は鷹司政熙の女景子。幼称は、睦宮(よりのみや)。

生涯[編集]

晃親王ら兄がいたが、正室との子のため嫡子となる。天保13年(1842年)父宮邦家親王の隠居に伴い、7歳で伏見宮家を継承する。弘化4年(1847年仁孝天皇猶子となり、翌嘉永元年(1848年)3月親王宣下を蒙り、貞教と命名される。元服し、兵部卿に任ぜられる。同年5月三品に叙せられる。

文久2年(1862年)10月19日二品に叙せられるが、同月25日(実際には14日)薨去。享年27。法名、真実相院。伏見宮は同母弟の貞愛親王が継承した。

血縁[編集]


伏見宮系図[編集]

崇光天皇
 
(1)栄仁親王
 
(2)治仁王
 
 
後花園天皇
 
後土御門天皇
 
後柏原天皇
 
後奈良天皇
 
正親町天皇
 
A
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(3)貞成親王
(後崇光院)
 
 
(4)貞常親王
 
(5)邦高親王
 
(6)貞敦親王
 
(7)邦輔親王
 
(8)貞康親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(9)邦房親王
 
B
 
 

A
 
誠仁親王
 
後陽成天皇
 
後水尾天皇
 
霊元天皇
 
東山天皇
 
中御門天皇
 
C
 
 
 
 
 
 
 
 
B
 
(10)貞清親王
 
(11)邦尚親王
 
 
(閑院宮1)直仁親王
 
D
 
 
 
 
 
 
 
(12)邦道親王
 
 
(16)邦忠親王
 
 
 
 
 
(13)貞致親王
 
(14)邦永親王
 
(15)貞建親王
 
 
(18)邦頼親王
 
(19)貞敬親王
 
E
 
 
 
 
 
 

C
 
桜町天皇
 
桃園天皇
 
後桃園天皇
 
 
 
 
 
 
(17)貞行親王
 
D
 
(閑院宮2)典仁親王
 
(閑院宮3)美仁親王
 
(閑院宮4)孝仁親王
 
(閑院宮5)愛仁親王
 
 
 
 
 
 
 
光格天皇
 
仁孝天皇
 
孝明天皇
 
明治天皇
 
 
 
 
 
 
E
 
(20/23)邦家親王
 
(山階宮1)晃親王
 
(梨本宮2/山階宮2)
菊麿王
 
(山階宮3)武彦王
(皇籍離脱)
 
 
 
 
 
 
 
 
(梨本宮1)守脩親王
 
 
(久邇宮1)朝彦親王
 
(賀陽宮1)邦憲王
 
(賀陽宮2)恒憲王
(皇籍離脱)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(久邇宮2)邦彦王
 
(久邇宮3)朝融王
(皇籍離脱)
 
 
 
 
 
 
 
(梨本宮3)守正王
 
 
香淳皇后
 
 
 
 
 
 
多嘉王
 
 
第125代天皇明仁
 
 
 
 
 
 
(21)貞教親王
 
 
(朝香宮)鳩彦王
(皇籍離脱)
昭和天皇
 
 
 
 
 
 
(東久邇宮)稔彦王
(皇籍離脱)
 
 
 
小松宮彰仁親王
 
 
(竹田宮1)恒久王
 
(竹田宮2)恒徳王
(皇籍離脱)
 
 
 
 
 
 
(北白川宮2)能久親王
 
 
(北白川宮3)成久王
 
(北白川宮4)永久王
 
(北白川宮5)道久王
(皇籍離脱)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
小松輝久
 
 
 
(華頂宮1)博経親王
 
(華頂宮2)博厚親王
 
 
 
 
(北白川宮1)智成親王
 
 
(25/華頂宮3)
博恭王
 
博義王
 
(26)博明王
(皇籍離脱)
 
 
 
 
 
 
 
 
(22/24)貞愛親王
 
 
邦芳王
 
 
(華頂宮4)
博忠王
 
 
 
 
 
(閑院宮6)載仁親王
 
(閑院宮7)春仁王
(皇籍離脱)
 
 
華頂博信
 
 
 
 
 
(東伏見宮)依仁親王
 
 
伏見博英
 
 


[編集]

  • 鷹司積子(つみこ、天保九年(1838) - 萬延元年(1860))
関白鷹司政通九女。積子との間に3人(男児1人、女児2人)を儲けたが、いずれも夭折している。
  • 鷹司明子(あけこ、弘化二年(1845) - 明治十一年(1878))
関白鷹司輔煕七女。結婚してから半年足らずで死別することとなった。 

外部リンク[編集]