汐風 (駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
汐風と金剛
艦歴
計画 1917年度(八四艦隊案
起工 1920年5月15日
進水 1920年10月22日
竣工 1921年7月29日
除籍 1945年10月5日
その後 1945年12月1日特別輸送艦指定
福島県小名浜港防波堤
要目
排水量 基準:1,215トン
公試:1,345トン
全長 102.6メートル
全幅 8.92メートル
吃水 2.79メートル
機関 ロ号艦本式缶4基
パーソンズタービン2基2軸
38,500馬力
速力 39ノット
航続距離 14ノットで3,600カイリ
燃料 重油:395トン
乗員 154名
兵装 45口径12cm単装砲4門
6.5mm単装機銃2挺
53.3cm連装魚雷発射管3基
(魚雷8本)
一号機雷16個

汐風(しおかぜ/しほかぜ)は、日本海軍駆逐艦峯風型の8番艦である。艦名は海上や海岸近くで吹く塩気を含んだ風を意味する。

艦歴[編集]

1917年の大正6年度計画(八四艦隊案)により計画され、舞鶴海軍工廠で、1920年5月15日に起工。1920年10月22日に進水。1921年7月29日に竣工した。竣工と同時に一等駆逐艦に類別され、横須賀鎮守府籍。

12月5日、第3駆逐隊に編入。

1922年12月1日、第3駆逐隊は、第二艦隊第二水雷戦隊指揮下となる。

1923年12月1日、第3駆逐隊は横須賀鎮守府予備艦となる。

1925年12月1日、第3駆逐隊は再度第二艦隊第二水雷戦隊指揮下となる。

1926年12月1日、第3駆逐隊は横須賀鎮守府予備艦となる。

1928年3月9日1100、横須賀湾にて魚雷発射訓練中、速力試験中の伊121と衝突事故を起こして損傷。横須賀に戻って修理を受ける。

1930年12月1日、第3駆逐隊は大湊要港部部隊指揮下となる。

1932年12月1日、第3駆逐隊は横須賀鎮守府部隊指揮下となる。

1933年12月11日、第3駆逐隊は横須賀鎮守府横須賀警備戦隊に編入。

1934年11月15日、第3駆逐隊は馬公要港部部隊に編入。

1935年11月15日、第3駆逐隊は横須賀鎮守府横須賀警備戦隊に編入。

1937年から始まった日中戦争に参加し、華南の沿岸作戦に参加。9月1日、第3駆逐隊は第三艦隊第三水雷戦隊指揮下となる。

12月1日、第3駆逐隊は第四艦隊第五水雷戦隊指揮下となる。

1938年12月15日、第3駆逐隊は解隊され、汐風は横須賀鎮守府部隊指揮下となる。

1940年2月3日、汐風は横須賀鎮守府予備艦となる。

10月15日、姉妹艦の夕風帆風と共に再度第3駆逐隊を編成。

11月15日、第3駆逐隊は第一艦隊第一航空戦隊指揮下となり、トンボ釣りに従事する。

1941年4月10日、第3駆逐隊(汐風、帆風)は第一航空艦隊第四航空戦隊指揮下となる。

太平洋戦争開戦時、汐風は第一航空艦隊第四航空戦隊第3駆逐隊に所属。11月29日、汐風は空母龍驤を護衛して佐世保を出港し、12月5日にパラオに到着。以降は龍驤と行動を共にする。1942年1月10日、第3駆逐隊の解隊に伴い、汐風は第四航空戦隊付属となる。

3月2日、ビリトン島南方80浬地点付近で、汐風は松風と共に蘭掃海艇エンデ(Endeh)を撃沈した。4月10日、汐風は第五艦隊付属となる。

13日、重巡洋艦鳥海を護衛してシンガポールを出港し、23日に横須賀に到着した。

その後、汐風はアリューシャン攻略作戦(AL作戦)に参加するため大湊に移動。以降特設水上機母艦君川丸の護衛を行った。7月3日、君川丸がアガッツ島英語版沖で爆撃を受けて損傷[1]したため、修理を受けるべく内地へ戻る同船を護衛した後、横須賀に戻った。その後、千島列島に向かう輸送船団を護衛した後舞鶴に移動。その後後舞鶴を出港し、南方で船団護衛に従事する。10月1日、汐風は第一海上護衛隊に編入された。

その後も南方での船団護衛に従事するが、1943年1月18日に一旦横須賀に戻って整備を受けた後、再び南方での船団護衛に従事する。

9月10日1700、汐風は台湾行きの第195船団を護衛して門司を出港する。しかし、9月13日0206、北緯30度06分 東経123度33分 / 北緯30.100度 東経123.550度 / 30.100; 123.550舟山群島東福山島東方77km地点付近を航行中、船団は米潜水艦スヌーク(USS Snook, SS-279)の雷撃を受ける[2][3]。船団前列を航行中の陸軍輸送船大和丸(日本郵船、9,655トン)の左舷2番船倉に魚雷1本が命中し、0300に沈没する[2][4]。汐風はスヌークへ向けて爆雷攻撃を実施するが、取り逃がしてしまう。

10月10日1505、汐風は帝海丸(帝国船舶所有/三井船舶運航、7,691トン/元ドイツ船フルダ)、陸軍輸送船志かご丸(大阪商船、6,182トン)、特設運送船(給油船)さんらもん丸(三菱汽船、7,309トン)、海軍徴用船日営丸(三菱汽船、2,436トン)、1K型戦時標準貨物船玉嶺丸(東亜海運、5,588トン)等輸送船10隻からなる高雄行きの第105船団を単独で護衛して門司を出港。しかし、10月14日未明、北緯24度30分 東経120度28分 / 北緯24.500度 東経120.467度 / 24.500; 120.467台湾彰化沖を航行中、船団は米潜水艦タリビー(USS Tullibee, SS-284) に発見される[5][6]。船団はタリビーに追跡され、翌15日0110、北緯24度30分 東経120度28分 / 北緯24.500度 東経120.467度 / 24.500; 120.467塩水港沖にいたったところでタリビーの雷撃を受ける。魚雷1本が志かご丸の左舷機関室に命中し、0151に沈没した[6][7][8][9]。さんらもん丸、日営丸、玉嶺丸が志かご丸の生存者を救助する。船団は同日に高雄に到着した。

24日1650、汐風は貨客船加茂丸(日本郵船、8,524トン)、貨客船富士丸(日本郵船、9,138トン)、貨客船鴨緑丸(大阪商船、7,362トン)で編成された門司行きのマ08船団を護衛して基隆を出港[10][11]。 しかし、27日未明、北緯28度25分 東経128度02分 / 北緯28.417度 東経128.033度 / 28.417; 128.033奄美大島久慈湾西方108km地点付近を航行中、船団は米潜水艦グレイバック(USS Grayback, SS-208)、シャード(USS Shad, SS-235)のウルフパックに発見される。0027、加茂丸の船首にシャードの魚雷1本が命中し、沈み始める。0140に船体放棄がされた加茂丸は0210に沈下が止まった。0620、停止して加茂丸から脱出した乗船者達の救助作業をしていた富士丸にグレイバックの魚雷が左舷船尾と左舷4番船倉に命中し、0650に沈没した[12][13][14]。 鴨緑丸は富士丸の生存者の救助を終えて避退した後、進路を戻して航行を開始。汐風は引き続き救助を行った。しかし、1225にグレイバックの魚雷が鴨緑丸に命中。魚雷は不発だったが、汐風は作業を打ち切った。28日2000、汐風と鴨緑丸は門司に到着した[11][15][16]。 一方、救助されなかった漂流者達や加茂丸乗船者達は未だ浮いている加茂丸に戻って応急修理を行い、2230に沈没を防ぐべく久慈湾に座礁[10][17][18]。後に復帰した[注釈 1]

大戦末期、損傷修理を切っ掛けに、波風と同様回天搭載艦へ改造された。

終戦を呉港で迎えた。1945年(昭和20年)10月に除籍され、同年12月、特別輸送艦の指定を受け復員輸送に従事。その後解体され、船体は福島県・小名浜港1号埠頭先端の防砂防波堤として埋設された。

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』226-228頁による。階級は就任時のもの。

艤装員長
  • (心得)山本松四 少佐:不詳 - 1920年11月15日[19]
  • (心得)高橋為次郎 少佐:不詳 - 1921年6月8日[20]
駆逐艦長
  • (心得)高橋為次郎 少佐:1921年6月8日[20] - 12月1日[21]
  • 高橋為次郎 中佐:1921年12月1日[21] - 1922年11月20日[22]
  • 有地十五郎 中佐:1922年11月20日 - 1923年12月1日
  • (心得)白石邦夫 少佐:1923年12月1日[23] - 1924年12月1日[24]
  • 神山忠 中佐:1924年12月1日 - 1925年8月25日[25]
  • 有馬直 少佐:1925年8月25日[25] -
  • 中円尾義三 少佐:1925年9月21日 -
  • 有馬直 中佐:不詳 - 1926年12月1日[26] ※同日より予備艦
  • (兼)古瀬倉蔵 少佐:1926年12月1日[26] - 1927年6月10日[27]
  • 池田七郎 少佐:1927年6月10日 - 1928年12月10日
  • 佐藤慶蔵 少佐:1928年12月10日 - 1929年11月1日[28]
  • (兼)清水他喜雄 少佐:1929年11月1日[28] - ※1929年12月1日より予備艦
  • 板倉得止 少佐:1930年11月1日 - 1931年12月1日
  • 高間完 中佐:1931年12月1日 - 1932年8月5日
  • 新美和貴 中佐:1932年8月5日 - 1934年6月1日
  • 中島千尋 中佐:1934年6月1日 - 11月1日[29]
  • 中村健夫 大尉:1934年11月1日[29] - 1935年11月15日[30]
  • 福岡徳治郎 少佐:1935年11月15日 - 1936年12月1日
  • 中原義一郎 少佐:1936年12月1日 -
  • 豊島俊一 少佐:1937年12月1日 -
  • 有馬時吉 少佐:1938年12月1日 -
  • 松原瀧三郎 少佐:1939年3月1日 -
  • 小野四郎 少佐:1939年11月15日 - 1940年2月3日 同日より予備艦
  • 石井汞 少佐:1940年10月15日 -
  • 種子島洋二 少佐:1941年4月10日 -
  • 道木正三 少佐:1942年11月20日 -
  • 佐古加栄 少佐:1943年6月5日 -
  • 安元至誠 大尉:1944年3月10日 -
  • 市瀬信 少佐:1945年6月1日 -
  • 河辺忠三郎 少佐:1945年7月15日 -

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 米軍では当初、賀茂丸を撃沈したと判断しており、シャードとグレイバックの共同戦果となっていた(#SS-235, USS SHADpp.154-155, p.163)。

出典[編集]

  1. ^ #AL作戦経過概要p.34
  2. ^ a b #大和丸
  3. ^ #SS-279, USS SNOOK p.71
  4. ^ #ばたびや丸
  5. ^ #SS-284, USS TULLIBEE p.45
  6. ^ a b #駒宮 p.95
  7. ^ #SS-284, USS TULLIBEE pp.46-47, pp.55-58
  8. ^ #玉嶺丸
  9. ^ #日営丸
  10. ^ a b #駒宮 p.99
  11. ^ a b #鴨緑丸
  12. ^ #SS-208, USS GRAYBACK p.350-352
  13. ^ #富士丸
  14. ^ #駒宮 pp.99-100
  15. ^ #SS-208, USS GRAYBACK pp.353-354
  16. ^ #駒宮 p.100
  17. ^ #SS-235, USS SHAD pp.143-144
  18. ^ #賀茂丸
  19. ^ 『官報』第2488号、大正9年11月16日。
  20. ^ a b 『官報』第2656号、大正10年6月9日。
  21. ^ a b 『官報』第2801号、大正10年12月2日。
  22. ^ 『官報』第3093号、大正11年11月21日。
  23. ^ 『官報』第3385号、大正12年12月4日。
  24. ^ 『官報』第3684号、大正13年12月2日。
  25. ^ a b 『官報』第3903号、大正14年8月26日。
  26. ^ a b 『官報』第4283号、大正15年12月2日。
  27. ^ 『官報』第134号、昭和2年6月11日。
  28. ^ a b 『官報』第854号、昭和4年11月2日。
  29. ^ a b 『官報』第2353号、昭和9年11月2日。
  30. ^ 『官報』第2663号、昭和10年11月16日。

参考文献[編集]