秋風 (駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
IJN Akikaze departing Yokosuka Taisho 12.jpg
艦歴
計画 1917年度(八四艦隊案
起工 1920年6月7日
進水 1920年12月14日
竣工 1921年4月1日
その後 1944年11月3日戦没
除籍 1945年1月10日
要目
排水量 基準:1,215トン
公試:1,345トン
全長 102.6メートル
全幅 8.92メートル
吃水 2.79メートル
機関 ロ号艦本式缶4基
パーソンズタービン2基2軸
38,500馬力
速力 39ノット
航続距離 14ノットで3,600カイリ
燃料 重油:395トン
乗員 154名
兵装 45口径12cm単装砲4門
6.5mm単装機銃2挺
53.3cm連装魚雷発射管3基
(魚雷8本)
一号機雷16個

秋風(あきかぜ)は、日本海軍駆逐艦[1]峯風型駆逐艦(一等駆逐艦)の9番艦である[2][3]。艦名は立秋に秋の気配を感じさせる風を意味する。

艦歴[編集]

「秋風」は1919年(大正8年)5月24日、峯風型姉妹艦や樅型駆逐艦と共に命名された[4]。同日附で一等駆逐艦に類別[5][6]。 本艦は三菱長崎造船所で建造[7]1920年(大正9年)6月7日に起工[7]。同年12月14日に進水[7]1921年(大正10年)4月1日、竣工[7]横須賀鎮守府籍に編入。

日中戦争支那事変)に際して、1938年(昭和13年)以降は華中の沿岸作戦に参加。 1940年(昭和15年)、峯風型4隻(羽風、秋風、太刀風夕風)による第34駆逐隊新編にともない、「秋風」は舞鶴鎮守府に転籍した。同年11月15日より第34駆逐隊は空母2隻(鳳翔龍驤)と共に第一航空艦隊第三航空戦隊(司令官角田覚治少将)を編制する[8]。 4月10日、「夕風」は第34駆逐隊から除籍、34駆は峯風型3隻(羽風、秋風、太刀風)となった[9]。同日附で第34駆逐隊は空母「赤城加賀」と第一航空戦隊(司令官南雲忠一中将)を編制した[10]。 5月1日、第34駆逐隊は第二遣支艦隊に編入され、しばらく中国方面で活動した[11]。 9月15日、第34駆逐隊は第十一航空艦隊(司令長官塚原二四三中将)に編入された[12][13]。第十一航空艦隊は南方作戦で重要な役割を担っており、「秋風」も司令部や基地要員の移動のため南方へむかった[14]

太平洋戦争[編集]

太平洋戦争大東亜戦争)緒戦における第34駆逐隊、南方で輸送、海上護衛作戦に参加[15]。この頃になると峯風型は老朽化が進み、各艦とも最大発揮速力32ノット前後まで落ち込んでいた[15]。 1942年(昭和17年)8月7日以降ガダルカナル島の戦いが始まると、「秋風」も各方面への強行輸送任務(鼠輸送)に投入された。第一次ソロモン海戦では水上機母艦「秋津洲」と共に日本軍基地航空隊(十一航空艦隊)不時着機の救助任務に従事している。9月1日、ブカ島近海で空襲を受け小破[16]。10月25日、空襲を受け中破[16]。本艦は損傷を受けながら活動を続けた。

1942年(昭和17年)12月24日、日本海軍は南東方面艦隊(司令長官草鹿任一中将、参謀長中原義正少将)を編制するが、同艦隊司令部は第十一航空艦隊と兼務であり、「秋風」以下第34駆逐隊もひきつづき南東方面艦隊/第十一航空艦隊直属隊として行動した[17]1943年(昭和18年)1月23日、第34駆逐隊僚艦「羽風」が米潜水艦ガードフィッシュに撃沈され、同隊は2隻編制(秋風、太刀風)となった[16]。 3月14日、「秋風」はニューアイルランド島要港カビエンを出発、15日にカイリル島、16日にロレンガンに立ち寄り、17日カビエン着、18日迄にはラバウルへ戻った[18]。この航海中、下記の虐殺事件が発生した。 4月1日、第34駆逐隊は解隊され、「秋風」は第十一航空艦隊直属となった[19]。 日本軍がニュージョージア島の戦いブーゲンビル島の戦いで米軍に圧倒される中、「秋風」は最前線で行動を続けた。7月27-28日にはニューブリテン島グロスター岬で駆逐艦2隻(睦月型駆逐艦三日月》、初春型駆逐艦有明》)が座礁と空襲により沈没[20]。救助のため「秋風」が派遣され、2隻の乗組員を救助した[21]。8月上旬、ラバウル附近で行動中に空襲を受け大破[22]。佐部鶴吉少佐(秋風艦長)も戦死した。内地に帰投して修理後、ふたたび南東方面の最前線に進出する[22]

1944年(昭和19年)2月中旬、中部太平洋における日本海軍の最大拠点トラック泊地は、米軍機動部隊艦載機によるトラック島空襲を受け、停泊していた艦艇や地上基地航空隊は大損害を蒙る(峯風型では太刀風が沈没)[22]。米軍機動部隊が去ったあと損傷艦を退避させることになり、駆逐艦「秋風、藤波春雨(途中合流)」は工作艦「明石」、標的艦「波勝」を護衛してパラオ泊地へむかった[23][24]。 5月1日、「秋風」(舞鶴鎮守府籍)と「松風」(横須賀鎮守府籍)は佐世保鎮守府に転籍した[25]。同時に卯月型駆逐艦2隻(卯月夕月)の第30駆逐隊に編入され、同隊は駆逐艦4隻(卯月、夕月、秋風、松風)となった[26]。だが6月9日に「松風」は米潜水艦に撃沈される。そこで日本海軍は8月20日附で第22駆逐隊を解隊し、同隊所属だった駆逐艦2隻(皐月夕凪)を第30駆逐隊に編入する[27]。同日附で、第30駆逐隊は第三十一戦隊に編入される[28]。それから間もない8月25日、「夕凪」は米潜水艦に撃沈され、9月21日には「皐月」がマニラで空襲を受け沈没した。第30駆逐隊は駆逐艦3隻(卯月、夕月、秋風)の3隻となった[29][30]

同年10月30-31日、「秋風」はフィリピン方面への『緊急輸送作戦』に従事する隼鷹型航空母艦1番艦「隼鷹」を護衛することになった[31]。「隼鷹」は空母でありながら航空機をまったく搭載せず、その格納庫に戦艦「大和」を含む第二艦隊(栗田艦隊)用の砲弾、第三十一根拠地隊向けの砲弾、第1挺進集団の一部、第七震洋隊の水上特攻艇震洋」50隻と基地隊員130名を搭載したという[31]。 輸送部隊は隼鷹艦長を指揮官とし、軍艦2隻(空母《隼鷹》、軽巡洋艦《木曾》)、第30駆逐隊(司令澤村成二大佐:夕月卯月、秋風)で編制されている[32]。しかし艦隊の動向は米軍に察知されており、米潜水艦複数(ジャラオアトゥル、ピンタド等)からなるウルフパックが「隼鷹」を狙っていた[33]。 台湾・馬公市に立ち寄ったのちブルネイに向け移動中の11月3日夜、米潜水艦ピンタド(USS Pintado, SS-387)[22]が「隼鷹」に対して魚雷6本を発射[33]、これが「秋風」に命中し22時53分、大爆発により「秋風」の艦体は分断され艦尾は22時58分に沈没した[34]。「夕月」が救援にあたるが[35]、秋風乗組員は全員行方不明(戦死認定)となった[36]。ピンタドは「卯月、夕月」の爆雷攻撃を受けて退避し、「隼鷹」は難を逃れた。「秋風」の沈没地点はルソン島サンフェルナンド西方北緯16度50分 東経117度11.9分 / 北緯16.833度 東経117.1983度 / 16.833; 117.1983[33]。「秋風」が「隼鷹」の楯となったのか、「隼鷹」を狙って外れた魚雷が偶然「秋風」に命中したのかは定かではない[33]

1945年(昭和20年)1月10日、「秋風」は 峯風型駆逐艦[37]、 帝国駆逐艦籍[38] のそれぞれから除籍された。また多号作戦で第30駆逐隊残存の2隻(夕月、卯月)も沈没、同日附で第30駆逐隊も解隊された[39]

現在、「秋風」の慰霊碑呉海軍墓地にあり、隣には空母「隼鷹」の慰霊碑が建立されている。

駆逐艦秋風虐殺事件[編集]

1943年(昭和18年)3月18日、南東方面艦隊(司令長官草鹿任一中将)の指揮下で行動中、ニューギニアの戦いにおいて日本軍が進出したニューギニア島東部(東部ニューギニア)から、一大拠点であるニューブリテン島ラバウルへ向け現地の在住民間人(女子供を含む各国の民間人)を「秋風」にて移送中、秋風艦上において乗員がその全員を処刑・虐殺した戦争犯罪[40]

太平洋戦争における日本海軍・アメリカ海軍(連合軍)は、双方とも洋上における虐殺事件を多数引き起こしているが、「秋風」艦上において処刑された被害者は漂流中の軍人や民間人ではなく、かつ子供をも含むためそれらとは性格を異にする。経過は以下のとおり。

北東部ニューギニアは古くはドイツ植民地帝国植民地であり(ドイツ領ニューギニア第一次世界大戦によるドイツ敗戦以降は同島南東部を領有していたオーストラリア委任統治領となる)、現地には宣教師や農園主等としてドイツ人ら欧米各国人が入植していた。当時、ラバウル方面の作戦全般を指揮していた南東方面艦隊(司令長官草鹿任一中将、参謀長中原義正少将)は[41]、東部ニューギニア・中部ソロモンの防備をかためるため航空基地整備を企図しており、3月9日に「南東方面基地設営計画」、14日に「南東方面基地整備計画」を発令し、4月15日を目標に21ヶ所の陸上基地(新設10)・12ヶ所の水上機基地(新設6)を整備しようとしていた[42]

被害者の内訳は以下の通り。

戦後、連合国は本事件を調査。「秋風」が所属していた当時の第八艦隊司令長官三川軍一海軍中将および、参謀長大西新蔵海軍少将B級戦犯に指名、1947年(昭和22年)1月に拘束した[44]。事件当時の秋風艦長である佐部鶴吉海軍少佐以下主要士官は1943年(昭和18年)8月に秋風大破時に戦死、また「秋風」自体も乗員諸共に戦没(事件当時の秋風乗組員は転勤のため生存者がいる)、裁判の焦点は事件当時の「秋風」所属および命令元となった[40]。 裁判において第二復員省および草鹿任一(当時の南東方面艦隊司令長官)や第八艦隊関係者は事件当時の「秋風」が第八艦隊(三川長官、大西参謀長)の指揮下にあったと主張[40]。 これに対し三川・大西の両名は、事件当時の「秋風」が南東方面艦隊(司令長官草鹿任一中将)の指揮下、南東方面艦隊の命令を受けて行動していたと反論する(両名の主張が正しかった場合、草鹿任一元中将が秋風事件の戦犯となる)[40][45]。当時の軍隊区分において、「秋風」は南東方面艦隊/第十一航空艦隊(第八艦隊の上部組織)附属であるため、第八艦隊とは別の命令系統に所属していた[46][47]。また1943年3月~4月のラバウル方面は、第81号作戦(ビスマルク海海戦)や『い号作戦』実施のため、連合艦隊、南東方面艦隊(第十一航空艦隊)、第三艦隊、第八艦隊、日本陸軍の指揮系統が複雑に絡み合っていた。

1948年(昭和23年)10月上旬、小口茂秋風機関長や秋風乗組員等が被告側の証人となる[45]。10月15日、土肥一夫(海軍兵学校54期)は南東方面艦隊の戦時日誌を裁判に提出[45]。これにより虐殺事件時の「秋風」が南東方面艦隊(司令長官草鹿任一中将。第十一航空艦隊司令長官兼務)の命令を受けていたことが明らかになる[45]。同年10月18日、三川と大西の2名は起訴却下となった[45]。大西は、冷戦によりアメリカの対日政策がかわり、草鹿が起訴される恐れがなくなったことが、第二復員省による南東方面艦隊の戦時日誌提出につながったと推測している[45]。 なお秋風事件当時の連合艦隊参謀長宇垣纏少将(終戦時に特攻で死亡)が記録していた陣中日誌「戦藻録」は太平洋戦争の第一級資料だが、同日誌は黒島亀人(当時連合艦隊先任参謀)が電車に置き忘れたことにより、1943年(昭和18年)1月から3月分(秋風事件前後)の日誌が欠如している。

軍事評論家の伊藤正徳は著書『連合艦隊の栄光』の中で、以下のようなエピソードを紹介している。アメリカ軍はソロモン諸島における日本軍(航空隊、艦隊)の動向をいち早く察知するため、多数のコースト・ウォッチャーズ(沿岸監視員)を配置して諜報活動を行っていた[48]。沿岸監視員は軍人だけでなく民間人も多く、無線機でアメリカ軍に連絡をとっていた[48]。ソロモン作戦の後期、日本軍は電波探知により諜報網を検挙、スパイとみなしたドイツ人、オーストラリア人、豪州人等、現地人、すくなくとも60名以上を駆逐艦の甲板上で処刑したという[48]。しかし、伊藤はこの駆逐艦の艦名については言及しておらず、また処刑された民間人集団がスパイ・沿岸監視員だったという証拠もないが、スパイではなかったとする証拠もない。なお彼らの子供も処刑されている。

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』228-229頁による。階級は就任時のもの。

  • (心得)山本松四 少佐:1921年4月1日 - 1922年12月1日[49]
  • 山本松四 中佐:1922年12月1日[49] -
  • (心得)山本弘毅 少佐:1923年11月10日 - 1924年12月1日[50]
  • 清水長吉 少佐:1924年12月1日 - 1925年12月1日[51]
  • 伊藤長 少佐:1925年12月1日 - 1929年2月1日[52] ※1926年12月1日より予備艦
  • 津田源助 少佐:1929年2月1日 - 11月1日
  • 平塚四郎 少佐:1929年11月1日 - 1931年12月1日 同日より予備艦
  • (兼)田原吉興 少佐:1931年12月1日 -
  • (兼)有賀幸作 少佐:1932年2月12日 - 1932年12月1日
  • 大江覧治 少佐:1932年12月1日 - 1933年11月1日
  • 小田操 少佐:1933年11月1日 -
  • 中村健夫 大尉:1934年8月10日 -
  • 山代勝守 少佐:1934年11月1日 - 1935年10月31日[53]
  • 山本皓 少佐: 少佐:1935年10月31日[53] - ※1937年3月20日より予備艦
  • 赤沢次寿雄 少佐:1937年12月15日 -
  • 青木久治 少佐:1938年3月5日 -
  • 有本輝美智 少佐:1938年12月15日 -
  • 東日出夫 少佐:1939年11月15日 -
  • 森卓次 少佐:1941年4月10日 -
  • 佐部鶴吉 大尉:1942年10月25日 - 1943年8月2日戦死
  • 山崎仁太郎 少佐:1943年8月10日 - 1944年11月3日戦死

脚注[編集]

  1. ^ #海軍制度沿革(巻8、1940)p.207『◎一等驅逐艦汐風外四隻、二等驅逐艦菊外四隻、特務船佐多外一隻命名ノ件 軍備補充費ヲ以テ大正八年度ニ於テ建造ニ着手スヘキ一等驅逐艦五隻二等驅逐艦五隻及特務船二隻ニ左ノ通命名ス|一等驅逐艦五隻 シホカゼ アキカゼ ユフカゼ カゼ カゼ|二等驅逐艦五隻 キク アフヒ ハギ ススキ フヂ|特務船二隻  
  2. ^ #艦艇類別等級表(昭和12年6月1日)p.3『艦艇類別等級表|驅逐艦|一等|峯風型|峯風、澤風、沖風、島風、灘風、矢風、羽風、汐風、秋風、夕風、太刀風、帆風、野風、波風、沼風』
  3. ^ #海軍制度沿革(巻8、1940)pp.64-65『◎艦艇類別等級 大正十五年十一月二十九日(内令二三八)艦艇類別等級別表ノ通定ム|艦艇類別等級表|驅逐艦|一等|峯風型|峯風、澤風、沖風、島風、灘風、矢風、羽風、汐風、秋風、夕風、太刀風、帆風、野風、波風、沼風』
  4. ^ #達大正8年5月(2)p.8『達第九十五號 軍備補充費ヲ以テ大正八年度ニ於テ建造ニ着手スヘキ一等驅逐艦五隻二等驅逐艦五隻及特務船二隻ニ左ノ通命名ス|大正八年五月二十四日 海軍大臣加藤友三郎|一等驅逐艦五隻 汐風(シホカゼ) 秋風(アキカゼ) 夕風(ユフカゼ) 太刀風(タチカゼ) 帆風(ホカゼ)|二等驅逐艦五隻 菊(キク) 葵(アフヒ) 萩(ハギ) 薄(ススキ) 藤(フヂ)|特務船二隻 佐多(サタ) 野間(ノマ)』
  5. ^ #達大正8年5月(2)p.8『達第九十六號 艦艇類別等級表中驅逐艦一等ノ欄「羽風」ノ次ニ「、汐風、秋風、夕風、太刀風、帆風」ヲ、同二等ノ欄「栂」ノ次ニ「、菊、葵、萩、薄、藤」ヲ加フ|大正八年五月二十四日 海軍大臣加藤友三郎』
  6. ^ #海軍制度沿革(巻8、1940)p.58『大正八年五月二十四日(達九六) 艦艇類別等級表中驅逐艦一等ノ欄「羽風」ノ次ニ「、汐風、秋風、夕風、太刀風、帆風」ヲ、同二等ノ欄「栂」ノ次ニ「、菊、葵、萩、薄、藤」ヲ加フ』
  7. ^ a b c d #海軍制度沿革(巻11、1940)p.573『秋風|一等驅逐艦|(艦要目略)|三菱長崎造船所|大正9-6-7|大正9-12-14|大正10-4-1』
  8. ^ #第34駆逐隊支那事変第9回功績p.2『自昭和十五年十一月十五日至昭和十六年四月九日|第一艦隊第三航空戦隊ニ属シ教育訓練竝ニ沿岸防備ニ従事對支那事變内地待機』
  9. ^ #内令昭和16年4月(3)p.37『内令第三百六十二號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル|昭和十六年四月十日 海軍大臣及川古志郎|第三十四驅逐隊ノ項中「、夕風」ヲ削ル』
  10. ^ #第34駆逐隊支那事変第9回功績p.2『自昭和十六年四月十日至昭和十六年四月三十日|第一航空艦隊第一航空戦隊ニ属シ教育訓練竝ニ沿岸防備ニ従事對支那事變内地待機』
  11. ^ #第34駆逐隊支那事変第9回功績pp.2-3『自昭和十六年五月一日至昭和十六年五月三十一日|第二遣支艦隊ニ附属シ南支沿海ニ行動シ南支沿岸ノ警備支那船舶ノ交通遮断宣言地區ニ於ケル第三國船舶ノ交通遮断敵軍事施設ノ破壊沿岸要地ノ急襲作戦資料ノ調査ニ従事シ併セテ要局即應ノ順準備ニ任ズ』
  12. ^ #第34駆逐隊支那事変第10回功績p.2『一六-九-一五|役務変更第十一航空艦隊ニ編入』
  13. ^ #海軍駆逐隊、2015272-273頁『二十年の老体を駆って』
  14. ^ #第34駆逐隊支那事変第10回功績p.3『秋風|勤労乙|16-9-15 16-11-30|第十一航空艦隊ニ属シ教育訓練竝ニ沿岸防備ニ従事對支那事變内地待機/勤労丙|16-10-18 16-11-30|高雄方面ニ進出シ第十一航空艦隊司令部基地移動及飛行機隊ノ教育訓練ニ協力シツツ十一月五日南方部隊航空部隊ニ編入セラレ大東亜戦争作戦準備ニ任ズ』
  15. ^ a b #海軍駆逐隊、2015271-272頁『峯風型はタフガイ駆逐艦』
  16. ^ a b c #海軍駆逐隊、2015276-277頁『羽風、太刀風ソロモンの苦闘』
  17. ^ #S1712南東方面艦隊日誌(1)p.6『二.十二月二十四日附(一)第八艦隊及第十一航空艦隊ヲ以テ南東方面艦隊ヲ編成聯合艦隊ニ編入』
  18. ^ #S1712南東方面艦隊日誌(2)pp.14-15『四.麾下艦船部隊ノ行動(其ノ一)南東方面艦隊附属|秋風|』
  19. ^ #内令昭和18年4月(1)p.26『内令第五百七十九號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和十八年四月一日海軍大臣嶋田繁太郎|第二驅逐隊ノ項中「村雨、」ヲ削ル|第九驅逐隊ノ項中「朝雲、峯雲」ヲ「朝雲、薄雲、白雲」ニ改ム|第十一驅逐隊ノ項中「白雪、」ヲ削ル|第十六驅逐隊ノ項中「、時津風」ヲ削ル|第八驅逐隊、第二十九驅逐隊及第三十四驅逐隊ノ各項ヲ削ル』
  20. ^ #戦史叢書96ガ島撤収後249-250『経過概要と南東方面部隊等の作戦指導』
  21. ^ #S1807三水戦日誌(1)p.21『三日月亦大破離礁ノ見込ナキニ至リシ處、1800秋風現地着、30dg司令ハ総員退去ヲ決意、両艦ノ乗員ノ大部分ヲ同艦ニ収容、29日0730「ラバウル」帰着』
  22. ^ a b c d #海軍駆逐隊、2015277-278頁『生きた日本海軍興亡史』
  23. ^ #S1902三水戦日誌(1)p.23『秋風|自二.一九至二.二四|自「トラック」至「パラオ」間明石波勝警戒|任務完遂』
  24. ^ #S1812二水戦日誌(4)p.49『24日(天候略)春雨藤波明石波勝護衛「パラオ」着』
  25. ^ #内令昭和19年5月(1)p.1『内令第六百十號 横須賀鎮守府在籍 驅逐艦 松風|舞鶴鎮守府在籍 驅逐艦 秋風|右本籍ヲ佐世保鎮守府ニ改定セラル|昭和十九年五月一日 海軍大臣嶋田繁太郎』
  26. ^ #内令昭和19年5月(1)pp.3-4『内令第六百十一號 驅逐隊編成中左ノ通改定セラル|昭和十九年五月一日 海軍大臣嶋田繁太郎|第二十二驅逐隊ノ項中「水無月」ノ下ニ「、夕凪」ヲ加フ|第三十驅逐隊ノ項中「夕月」ノ下ニ「、松風、秋風」ヲ加フ』
  27. ^ #秘海軍公報昭和19年8月(4)pp.45-46『内令第九七七號 驅逐隊編成中左ノ通改定セラル|昭和十九年八月二十日 海軍大臣|第二十二驅逐隊ノ項ヲ削ル|第三十驅逐隊ノ項中「秋風」ノ下ニ「皐月、夕凪」ヲ加フ』
  28. ^ #S1906三十駆日誌(1)p.9『八月二十日|聯合艦隊第三十一戦隊ニ編入サル』
  29. ^ #S19.9-12秘海軍公報号外/10月(2)pp.35-36『内令第一一六二號 驅逐隊編成中左ノ通改定セラル 昭和十九年十月十日 海軍大臣 第十九驅逐隊ノ項ヲ削ル 第二十七驅逐隊ノ項ヲ削ル 第三十驅逐隊ノ項中「、夕凪」ヲ削ル 第四十三驅逐隊ノ項中「松、」ヲ削リ「槇」ノ下二「、桐」加フ』
  30. ^ #S19.9-12秘海軍公報号外/11月(2)p.27『内令第一二五〇號 驅逐隊編成中左ノ通改定セラル 昭和十九年十一月十日 海軍大臣 第三十驅逐隊ノ項中「、皐月」ヲ削ル』
  31. ^ a b #日本空母戦史790-791頁『隼鷹の砲弾緊急輸送(十~十一月)-戦艦大和へ四十六センチ砲弾を-』
  32. ^ #S1906第30駆日誌(3)p.4『10月30日/夕月、卯月、隼鷹、木曽護衛「ブルネイ」ニイ向ケ佐世保発(作戦緊急輸送)秋風馬公ニ向ケ大島出港|31日/秋風、夕月卯月ニ合同ス』
  33. ^ a b c d #日本空母戦史792-793頁
  34. ^ #S1906第30駆日誌(3)p.27『秋風十一月三日2253N16度50分E117度11.9分ニ於テ敵潜制圧中雷撃(2又ハ以上ヲ受ケ)大誘爆ト共ニ艦体両断僅ニ尾部ヲ残シアリシガ2258遂ニ沈没セリ』
  35. ^ #S1906第30駆日誌(3)p.21『11月3日2253秋風敵潜ノ雷撃ヲ受ケ沈没隼鷹ヨリ「人員ヲ救助シタル後合同セヨ」ノ命アリタリ|卯月ハ護衛続行、夕月ハ現場ニ残リ敵潜掃蕩竝ニ秋風生存者ヲ捜索救助セントス』
  36. ^ #S1906第30駆日誌(3)p.27『被害 秋風沈没 秋風乗員総員行衛不明』
  37. ^ #秘公報昭和20年1月(2)p.2『内令第一六號 艦艇類別等級別表中左ノ通改正ス 昭和二十年一月十日 海軍大臣|軍艦、巡洋艦二等ノ部中「八十島」ヲ、同航空母艦大鷹型ノ項中「神鷹、」、同敷設艦ノ部中「、厳島」ヲ削ル|驅逐艦、一等峯風型ノ項中「、秋風」ヲ、同「卯月型 卯月、夕月」ヲ、初雪型ノ項中「曙、」ヲ、同初春型ノ項中「初春、」ヲ、同満潮型ノ項中「満潮、朝雲、山雲、」ヲ、同不知火型ノ項中「、浦風」「、野分」ヲ、同夕雲型ノ項中「長波、濱波、沖波、岸波」「、早霜、秋霜」ヲ、同秋月型ノ項中「、若月、霜月」ヲ、同「 島風」ヲ削ル(以下略)』
  38. ^ #秘公報昭和20年1月(2)pp.8-10『内令第二九號|横須賀鎮守府在籍 軍艦 厳島|呉鎮守府在籍 軍艦 八十島|舞鶴鎮守府在籍 軍艦 神鷹|右帝國軍艦籍ヨリ除カル|横須賀鎮守府在籍 驅逐艦 曙、驅逐艦 満潮、驅逐艦 朝雲、驅逐艦 山雲、驅逐艦 野分、驅逐艦 早霜、驅逐艦 秋霜、驅逐艦 若月、驅逐艦 霜月|呉鎮守府在籍 驅逐艦 浦風、驅逐艦 島風|佐世保鎮守府在籍 驅逐艦 秋風、驅逐艦 卯月、驅逐艦 夕月、驅逐艦 初春|舞鶴鎮守府在籍 驅逐艦 長波、驅逐艦 濱波、驅逐艦 沖波、驅逐艦 岸波|右帝國驅逐艦籍ヨリ除カル(以下略)昭和二十年一月十日海軍大臣』
  39. ^ #秘公報昭和20年1月(2)p.7『昭和二十年一月十日海軍大臣|第二驅逐隊ノ項中「早霜、秋霜」ヲ削ル|第四驅逐隊ノ項ヲ削ル|第七驅逐隊ノ項中「曙、」ヲ削ル|第十七驅逐隊ノ項中「浦風、」ヲ削ル|第二十一驅逐隊ノ項中「初春、」ヲ削ル|第三十驅逐隊及第三十一驅逐隊ノ各項ヲ削ル|第四十一驅逐隊ノ項中「霜月、」及「、若月」ヲ削ル』
  40. ^ a b c d #海軍生活放談577-580頁『戦犯裁判の実態』
  41. ^ #S1712南東方面艦隊日誌(2)pp.9-10『二.人員ノ現状(イ)司令部(一)職員氏名』
  42. ^ #戦史叢書96ガ島撤収後84-86頁『航空基地整備計画』
  43. ^ Series MP742/1, item number 336/1/1444, "Akikaze Massacre", National Archives of Australia, <http://naa12.naa.gov.au/scripts/Imagine.asp>
  44. ^ #海軍生活放談567-568頁『拘置二年、第一夜』
  45. ^ a b c d e f #海軍生活放談582-8584頁『戦犯裁判の実態』
  46. ^ #戦史叢書96ガ島撤収後93-94頁『昭和十八年度帝国海軍戦時編制』
  47. ^ #S1712南東方面艦隊日誌(2)pp.3-4『編制配備(イ)艦隊編制|南東方面艦隊|第十一航空艦隊|附属|第三十四驅逐隊|秋風、太刀風』
  48. ^ a b c #連合艦隊の栄光(角川)104頁
  49. ^ a b 『官報』第3102号、大正11年12月2日。
  50. ^ 『官報』第3684号、大正13年12月2日。
  51. ^ 『官報』第3982号、大正14年12月2日。
  52. ^ 『官報』第627号、昭和4年2月2日。
  53. ^ a b 『官報』第2651号、昭和10年11月2日。

参考文献[編集]

  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • 『大正8年達完/5月(2)』。Ref.C12070075500。
    • 『昭和16年1月~4月 内令1巻/内令昭和16年4月(3)』。Ref.C12070150300。
    • 『昭和18年1月~4月 内令1巻/内令昭和18年4月(1)』。Ref.C12070176200。
    • 『自昭和19年1月至昭和19年7月内令/昭和19年5月(1)』。Ref.C12070195200。
    • 『昭和19年8月~9月 秘海軍公報/8月(4)』。Ref.C12070496200。
    • 『昭和19年9月~12月 秘海軍公報 号外/10月(2)』。Ref.C12070497400。
    • 『昭和19年9月~12月 秘海軍公報 号外/11月(2)』。Ref.C12070497800。
    • 『自昭和20年1月.至昭和20年8月秘海軍公報/1月(2)』。Ref.C12070503600。
    • 『昭和12年6月1日現在10版 内令提要追録第2号原稿 巻3追録/第13類艦船』。Ref.C13071972600。
    • 『支那事変 第8回功績概見表綴 駆逐隊 潜水隊 水雷隊 掃海隊 海軍武功調査/34駆隊機密68号の104 第34駆逐隊支那事変第8回功績概見表』。Ref.C14120971900。
    • 『支那事変 第9回功績概見表綴 海軍武功調査/支那事変第9回駆逐隊功績概見表/34駆隊機密第64号の19 第34駆逐隊支那事変第9回功績概見表』。Ref.C14120980900。
    • 『支那事変 第10回功績概見表綴/支那事変駆逐隊第10回功績概見表/34駆機密第40号の2 第34駆逐隊支那事変第10回功績概見表』。Ref.C14120989700。
    • 『昭和17年12月1日~昭和18年4月16日 南東方面艦隊戦時日誌戦闘詳報 第2段作戦(1)』。Ref.C08030026100。
    • 『昭和17年12月1日~昭和18年4月16日 南東方面艦隊戦時日誌戦闘詳報 第2段作戦(2)』。Ref.C08030026200。
    • 『昭和18年7月1日~昭和18年12月2日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030105800。
    • 『昭和19年2月1日~昭和19年4月29日 第3水雷戦隊戦時戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030107400。
    • 『昭和18年12月1日~昭和19年2月29日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。Ref.C08030102100。
    • 『昭和19年6月1日~昭和19年12月13日 第30駆逐隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030149600。
    • 『昭和19年6月1日~昭和19年12月13日 第30駆逐隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030149700。
    • 『昭和19年6月1日~昭和19年12月13日 第30駆逐隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030149800。
    • 海軍大臣官房 『海軍制度沿革. 巻4(1939年印刷) info:ndljp/pid/1886711』 海軍大臣官房、1939年
    • 海軍大臣官房 『海軍制度沿革. 巻8(1940年印刷) info:ndljp/pid/1886716』 海軍大臣官房、1940年
    • 海軍大臣官房 『海軍制度沿革. 巻11(1940年印刷) info:ndljp/pid/1886713』 海軍大臣官房、1940年
  • 伊藤正徳 『連合艦隊の栄光』 角川書店、1974年7月。
  • 大西新蔵 『海軍生活放談 日記と共に六十五年原書房、1979年6月。ISBN 031-40870-6945。
  • 海軍歴史保存会編『日本海軍史』第7巻、発売:第一法規出版、1995年。
  • 寺内正道ほか 『海軍駆逐隊 駆逐艦群の戦闘部隊編成と戦場の実相』 潮書房光人社、2015年9月。ISBN 978-47698-1601-0
    • 戦史研究家塚田享『ラバウル海域の雄「峯風型」の三十四駆逐隊 羽風、秋風、太刀風。艦齢二十年の老体ながら第一線を疾駆した三隻の航跡
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 ISBN 4-7698-1246-9
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書96 南東方面海軍作戦(3) ガ島撤収後』 朝雲新聞社、1976年8月。
  • 木俣滋郎 『日本空母戦史』 図書出版社、1977年7月。
  • 『丸スペシャル』第51号 日本の駆逐艦Ⅱ、潮書房、1981年。

関連項目[編集]