八四艦隊案

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

八四艦隊案(はちよんかんたいあん)は、大日本帝国海軍の海軍軍備計画。
八八艦隊整備計画の第1段階である。

計画内容[編集]

大正五年度計画[編集]

八四艦隊案の一部として成立。

  • 計画年次
大正五年度より同八年度までの四ヵ年計画。
  • 計画概要
艦艇8隻建造。
  • 予算総額
艦艇建造予算:4532万7819円

航空隊整備計画[編集]

海軍軍備における最初の航空隊設備予算として成立。

  • 計画年次
大正五年度より同九年度までの五ヵ年計画。
  • 計画概要
航空隊3隊整備。
  • 予算総額
航空隊整備予算:63万円

大正六年度計画[編集]

八四艦隊案の完成案として成立。

  • 計画年次
大正六年度より同十二年度までの七ヵ年計画。
  • 計画概要
艦艇63隻建造。
  • 予算総額
艦艇建造予算:2億6152万2160円

艦艇[編集]

大正五年度計画[編集]

  • 戦艦 - 1隻(2692万4404円×1)
長門
  • 巡洋艦(小型) - 2隻(455万円×2) ※ 1隻は巡洋艦、1隻は水雷戦隊旗艦として計上。
天龍龍田
  • 駆逐艦(大型) - 1隻(202万8415円×1)
谷風
第14(波9
第19(呂11)、第20(呂12
  • 特務艦船 - 1隻(150万円×1)

※ さらに雑船製造費により運送船『剣崎』が建造された。


大正六年度計画[編集]

  • 戦艦 - 3隻(2692万5404円×3)
陸奥
加賀(後に空母に改装)、土佐
天城(空母に改造中関東大震災で損傷、廃艦に)、赤城(空母に改造)
  • 巡洋艦 - 9隻(軽巡:691万5078円×3、小型:455万円×6) ※ 実際は中型×8、小型×1で建造。
球磨多摩北上大井木曾
長良名取五十鈴
  • 駆逐艦 - 28隻(大型:202万8415円×9、中型:139万0814円×18、江風代艦:879万367円×1)
澤風峯風矢風沖風羽風島風秋風汐風灘風
江風[II]
  • 中型
第22(呂14)、第23(呂13)、第24(呂15
第25(呂51)、第26(呂52
第27(呂53)、第28(呂54)、第29(呂55[I])、第30(呂56[I])
第31(呂3)、第32(呂4)、 第33(呂5
第34(呂17)、第35(呂18)、第36(呂19)、第37(呂16)、第38(呂20)、第39(呂21
  • 特務艦 - 3隻(150万円×3)

※ さらに雑船製造費により敷設船『勝力』、運送船『室戸』『野島』が建造された。

航空隊[編集]

横須賀に航空隊3隊を開隊した。

関連項目[編集]

参考文献[編集]