赤城 (空母)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
赤城
AkagiDeckApril42.jpg
インド洋作戦中の「赤城」飛行甲板(1942年4月)[1]
経歴
運用者  大日本帝国海軍
建造所 呉海軍工廠[2]
起工 1920年12月6日[2]
進水 1925年4月22日[2]
竣工 1927年3月25日[2]
除籍 1942年9月25日
最後 1942年6月6日雷撃処分
母港 横須賀[3]
要目 (近代化改装後[4])
種別 航空母艦
クラス (天城型)
次級 加賀
基準排水量 36,500英トン[5]
公試排水量 41,300トン
全長 260.67m
水線長 250.36m
水線幅 31.32m
吃水 8.71m
出力 133,000hp
速力 31.2ノット
航続距離 8,200カイリ / 16ノット
乗員 最終時 1,630名[6]
兵装 20cm単装砲 6門
12cm連装高角砲 6基12門
25mm連装機銃 14基28門
搭載機 常用66機、補用25機
1941年12月7日保有機[7]
零式艦上戦闘機:21機
九九式艦上爆撃機18機
九七式艦上攻撃機:27機
飛行甲板 249.17m×30.48m
エレベーター3基
着艦識別文字: ア[8]
テンプレートを表示

赤城(あかぎ)は、かつて大日本帝国海軍(以下日本海軍)に所属した航空母艦[9]。同型艦に天城(未成)。太平洋戦争初期の重要な海戦において機動部隊旗艦として活躍し、1942年(昭和17年)6月のミッドウェー海戦で沈没した。

概要[編集]

赤城は、八八艦隊(戦艦8隻・巡洋戦艦8隻の整備計画)のうち天城型巡洋戦艦の2番艦として起工された。だが建造中にワシントン海軍軍縮条約が締結され、巡洋戦艦ではなく航空母艦として完成した。アメリカ海軍のレキシントン級巡洋戦艦も天城型巡洋戦艦と同様の事情および経緯を経て空母へ改造され、レキシントン級航空母艦レキシントンサラトガが就役している[10][11]。 だが日本海軍の場合、天城型1番艦の天城は関東大震災で損傷して廃艦となり、天城の代艦として加賀型戦艦1番艦加賀の空母改造が決定した[12]。完成直後の赤城と加賀は多段式空母として複数の甲板を備えていたが、航空機の性能発展に対応できず、のちにレキシントン級と同様の一段全通甲板へ改造された。赤城と加賀は日本海軍の主力空母として運用され、太平洋戦争初期の重要な海戦に参加(真珠湾攻撃セイロン沖海戦等)。赤城には第一航空艦隊司令長官南雲忠一中将が座乗しており、南雲機動部隊の旗艦として活躍した。開戦から約半年後に生起したミッドウェー海戦で赤城はアメリカ軍急降下爆撃機SBDドーントレス(空母エンタープライズ所属機)の攻撃を受けて炎上[13]。艦内の弾薬が誘爆して航行不能となり、4隻の味方駆逐艦(野分萩風舞風)によって雷撃処分された。

なお1930年代後半にドイツへ赤城の技術と設計図が譲渡され、交換として大和型戦艦建造用の工作機械が導入された。

艦名の由来[編集]

赤城の艦名は赤城山にちなんで命名された[14][15]。日本海軍の軍艦としては、摩耶型砲艦赤城に続いて二隻目[16]。空母でありながら山名に由来する艦名がつけられたままとなった理由は、当時は航空母艦の命名に関する明確な規定が無かったためである。航空母艦命名に関して明確な命名標準が設けられたのは昭和8年12月18日付 海軍大臣から侍従長宛文書「海軍大臣官房 官房機密第2417号」、およびそれに対して返信された同年12月19日付 侍従長から海軍大臣宛書簡によってである[17][18]。日本海軍の命名慣例については日本艦船の命名慣例を参照のこと。

建造経緯[編集]

赤城は日本海軍が計画した八八艦隊計画により、「41cm砲10門、排水量41,000t、速力30ノット」[19]という規模の天城型巡洋戦艦が建造されることになり、1919年(大正8年)7月17日附で1番艦と2番艦にそれぞれ天城と赤城の艦名が与えられた[20]。同日附で長良型軽巡洋艦3隻(長良五十鈴名取)も命名され[20]、いずれの艦も艦艇類別等級表に登録された[21]1920年(大正9年)12月6日、赤城は呉海軍工廠で起工した[2]。完成前の1922年(大正11年)にワシントン海軍軍縮条約が締結されたことから、条約に従い主力艦としての廃艦処分を回避するため、当時は補助艦艇であった航空母艦に改造されることになった[22]

なお、赤城の同型艦でありネームシップ天城も同様に航空母艦に改造される予定であったが[22]関東大震災により竜骨を破損したため破棄されることになり、代艦として加賀型戦艦1番艦であった戦艦加賀が航空母艦に改造された[23]。天城型3番艦・4番艦は高雄および愛宕と命名されていたが[24]、この2隻は廃棄された[25]。のちに艦名のみ高雄型重巡洋艦高雄愛宕に使われている[26]

1923年(大正12年)11月19日、戦艦加賀および巡洋戦艦赤城の空母化が正式に通達された[27]。同日附で航空母艦翔鶴(初代)の建造中止が決まり[28]、航空母艦として登録された加賀、赤城と入れ替わる形で除籍された[29][30]1924年(大正13年)4月14日、加賀型戦艦土佐と紀伊型戦艦紀伊および尾張、さらに天城型巡洋戦艦天城、高雄、愛宕の建造中止が正式に通達された[31]。同日附で土佐、紀伊、尾張、天城、高雄、愛宕は戦艦・巡洋戦艦のそれぞれから削除された[32]。同年4月22日、航空母艦赤城として進水した[2][33]

初期の艦形[編集]

赤城は巡洋戦艦として完成していた船体を無理矢理空母に改造したため、当初から不具合を抱えることになった[34]。計画では、全長254m(770呎)、幅33m(110呎)、排水量27,000t、速力31.75ノット、36機搭載という規模だった[35]。建造当初の赤城の飛行甲板イギリス海軍空母フューリアスの第二次改装を参考にして三段式であった(フューリアスは二段)。ただし、中段には20cm連装砲2基と艦橋があり、飛行甲板としては使用されなかった。しかも下段甲板もほぼ使われていないという有様だった。着艦と大型機の発艦は最上段の発着甲板で行い、中部格納庫(本艦は格納庫も三段式)から伸びた下段飛行甲板は小型機の発艦に使用された。建造中はどの甲板を「上甲板」と解釈するかで議論があった[36]

また煙突は右舷に設置され、重油専焼の第一煙突は飛行甲板上の乱流を防止するため海面側に向け、発着艦時には海水を噴霧して冷却のうえ排煙し、重油・石炭混焼缶の第二煙突を上方に向ける方式がとられた。この独特の構造は世界の過去から現在の空母の中でも後にも先にも赤城だけである。完成後数年で飛行甲板右舷に航海用の小型艦橋が設置された。これは、先に近代化改装工事に入った加賀で改装前に使用されていたものを移設したものである[37]

1929年に撮られた赤城。艦首に20cm連装砲塔2基が見える

上述の通り、赤城と加賀は三段甲板の中段に20cm連装砲2基、後部両舷にそれぞれ単装砲を3基ずつ据え、合計で20cm砲を10門装備する[38]。これはワシントン海軍軍縮条約の規定の上限であり、重巡洋艦と同等である[38]。当時はまだ空母という艦種ができたばかりで用法が定まっておらず、また搭載航空機の航続距離も短く性能も低かったため、空母にも砲戦の機会があると考えられたからである。なお、巡洋戦艦として計画されていたときよりも排水量が大幅に減り(基準排水量で約1万トン減)、喫水が浅くなった。

機密保持がさほど厳しくなかった昭和初期までは艦影が公開されて、広く一般に愛されている[39]。ただし艦要目は「全長232,56m、幅28,04m、常備排水量28,100t、速力28.5ノット」と控えめな数値で公表され、搭載機数については秘密であった[40]。また三段空母時代の艦影は広く知られていたが、飛行甲板一枚に統一された近代化改装以降の姿は有名ではなく、1940年(昭和15年)に発刊された書籍でも「加賀」が改装後の写真を公表している一方、赤城は三段甲板時代の写真が使われていた[41]セイロン沖海戦の前に本艦に乗艦した牧島貞一従軍カメラマンは、三段空母時代の赤城と近代化改装後の赤城の艦影が違うことに驚いている[42]

近代化改装[編集]

航空機の発達にともなって飛行甲板の延長が必要となり、先に大改装を行っていた加賀を参考に1938年(昭和13年)に全通式の飛行甲板に延長するなどの近代化改装が佐世保海軍工廠で施された。艦型は一新され、排水量も41,300t(公試状態)となった。この時、下二段は閉鎖式の格納庫甲板となり拡張されて常用の搭載機も66機に増えた。飛行甲板は中央部が水平で、艦首方向へ0.5度、艦尾方向へ1.5度の傾斜が付けられていた。 ただし赤城の改装は予算上の制約から加賀に比べると、丁寧ではなかったり略式なものにとどまり、用兵側からは不満の残る仕上がりとなった。 例えば飛行甲板では、木製の板の隙間を埋める防水充填剤が板と板の間からはみ出て、それが甲板上に黒く硬くなって残っているなど、他の空母にはこのような雑な飛行甲板の仕上げは見られなかったという[43]。旧石炭庫を居住室に転用するなど、艦内は迷路同然であった[44]

第一煙突と第二煙突は一つにまとめられ、右舷中央部に設置された。また艦橋を艦中央部に設置することになり、右舷のままでは煙突と干渉するため反対側の左舷中央部に設置した。艦の規模の割に艦橋は小さくて狭く、大艦隊の作戦指導を行う際には問題になったとみられる[45]。 また艦隊内の連絡取る時は発光信号を多用するのだが航空母艦特有の低い艦橋と荒天時の視界不良、飛行甲板による阻害等の理由により各航空母艦の奇数番艦は艦橋を左に配置され、加賀と並走する場合の航行序列はお互いの艦橋が近くなるように赤城は右、加賀は左とされており、第二航空戦隊と並走する航行序列の場合には、赤城の左は第二航空戦隊旗艦の飛龍ではなく右艦橋の蒼龍が配置されていた。この左舷艦橋配置については飛龍、翔鶴までが該当するのだが、赤城、飛龍の運用で艦橋を左へ配置する事から発生した障害により翔鶴は建造途中で艦橋を右に変更されている。 艦橋配置による障害は右舷の煙突と相まって気流を乱し、艦載機の着艦を難しくさせた他、排煙が艦橋に流れ込みやすく、見張りに支障をきたすこと、格納庫面積が狭くなるといった欠点があった。航空機の着艦時には煙突内に海水を噴射して煙を吸収させるため、煙突から滝が落ちているように見える[46]。右舷後部の居住区は煙突の排気が流れ込むため窓をあけられず、居住性の悪さから「人殺し長屋」の異名があった[47]。煙突を艦橋と一体化し、煤煙を上方へ逃がす欧米空母型の艦橋・煙突を採用した飛鷹型航空母艦隼鷹を見た赤城の将兵が、これからは軍艦の居住性が良くなると解説した事もある[48]。また赤城では結核赤痢を発症する兵が多く、暑さと空気の悪さのために廊下でハンモックを吊り睡眠する兵や、飛行機格納庫に寝床を作る兵が多かった[49]。食事は上等であったという[50]

武装面では、加賀と違って旧式の十年式45口径12cm高角砲を、新式の八九式40口径12.7cm高角砲に換装・増強できなかった。設置位置も低い位置のままだったので、依然として反対舷方向は撃てなかった。96式25mm機銃の数は中型空母の蒼龍と同じで飛龍よりも少なく、4万トン級という船体の大きさの割に、真珠湾攻撃に参加した空母6隻の中で対空火力は最も貧弱だった。三段甲板時代、中段甲板に設置されていた砲塔式の20cm砲は撤去されたが、艦尾舷側に装備した計6門の20cm砲は近代化改装後も装備していた。若手士官は「発射すると飛行甲板がめくれあがる無用の長物」と揶揄している[51]ミッドウェー海戦で赤城は20cm砲最低54発を発射しているが[52]、飛行甲板への影響については不明である。飛行甲板に手すりはなかったが、一段低い高角砲と機銃甲板の間にポケットと呼ばれる整備兵退避場所がある[53]。さらにネットが張ってあり、落下事故を防止していた[54]

三段の格納庫も船体の大きさの割には狭く、大蔵省の記録では戦闘機27、攻撃機53、計80、補用機40、総計120(加賀は戦闘機24、攻撃機45、計69、補用機31、総計100)となっているが[55]、実際の搭載機数は加賀、翔鶴瑞鶴より少なかった。太平洋戦争開戦時の常用搭載機数は艦上戦闘機18機、艦上爆撃機18機、艦上攻撃機27機。加賀、翔鶴、瑞鶴はいずれも艦戦18、艦爆27、艦攻27である。航空機はエレベーターで上下するが、乗組員は左舷のタラップで飛行甲板へ上がった[47]

各種の改装によって排水量が1万tほど増加したにもかかわらず、機関出力はあまり向上しなかったため、速力は32.1ノットから31.2ノットに低下した。

航続距離もあまり延長されなかったため、遠距離外洋航行が問題になる真珠湾攻撃作戦の計画段階では蒼龍、飛龍とともに作戦から外されることが検討されたこともあった[56]

戦役[編集]

竣工後[編集]

1927年(昭和2年)3月25日に竣工[2]。1928年(昭和3年)6月、東郷平八郎元帥と岡田啓介海軍大臣等が赤城を訪れ、航空訓練を視察した[57]。1929年(昭和4年)になると山本五十六大佐(のち連合艦隊司令長官)が赤城艦長に着任しており、後年には山本元帥の乗艦としても国民に紹介されている[58]。他艦よりも汚れ、艦内清掃も行き届いていない第一航空戦隊旗艦赤城を見て同戦隊司令官高橋三吉少将が叱責したところ、松永寿雄赤城副長は「観艦式ならともかく、猛訓練を優先すれば、清掃や化粧(艦外観の塗装)が疎かになるのは当然」と反論[59]。山本艦長も「いざ実戦となったら、軍艦のお化粧よりも戦いが先だ。軍艦は散髪屋ではないし、ペンキを塗るのがその本職でもない」と副長の判断を是認した[60]

支那事変[編集]

第一次上海事変発生時には予備艦とされて一部改装工事を受けており、支那事変で空母部隊に出番のあった序盤も近代化改装を受けている最中だったため、ほとんど出番はなかった。1939年(昭和14年)、日本本土に戻った加賀と入れ替わるように第一航空戦隊旗艦となり、1月に横須賀軍港を出港[61]米内光政海軍大臣や草鹿龍之介軍令部第一課長等が主導する海南島攻略作戦に参加する[62]。佐世保軍港で九七式艦上攻撃機を搭載したのち、第二十九駆逐隊(追風、疾風)に護衛されて中国方面へ進出する[63]。赤城の航空戦力は艦戦18、艦爆12、艦攻18であった[64]。2月3日、香港島万山諸島万山湾に投錨[65]。その後、南支方面艦隊(司令官近藤信竹中将[66]、第五艦隊:第九戦隊《妙高名取》、第四水雷戦隊《長良》等[67])と共に2月10日の海南島制圧作戦[68]を実施した[69]。赤城の航空隊は水上機母艦千代田、特設水上機母艦神川丸、陸海軍基地航空隊と協力し、海軍陸戦隊や陸軍部隊の上空掩護、地上支援を任じた[70]。赤城の出番はこれで終わり、有明湾に帰投して飛行機隊の訓練に従事した。日本海軍の海南島占領に対し、中華民国の蒋介石は「1931年9月18日の奉天攻略と対をなす、第二の奉天、太平洋上の満州事変である」と反発[71]。欧米列強も日本が日中戦争の枠を越えたと判断し、東アジアでの敵対構造が鮮明化していった[72]

1941年(昭和16年)9月12日に内示された昭和17年度海軍戦時編制によれば、最新鋭の翔鶴型航空母艦(翔鶴、瑞鶴)は第11駆逐隊(吹雪白雪初雪)と共に第一航空戦隊を編制し[73]、それまでの一航戦(赤城、加賀)は第51駆逐隊(白雲薄雲)と共に第五航空戦隊となる予定であった[74][75]。しかし太平洋戦争の勃発により、赤城、加賀が第五航空戦隊に配属されることはなかった。

太平洋戦争[編集]

赤城にとって、太平洋戦争(大東亜戦争)の真珠湾攻撃が本格的な初陣となり、加賀とともに引続き第一航空戦隊を編成していた。 1941年(昭和16年)11月9日から14日にかけて、重油の入ったドラム缶900本を搭載し、内火艇などもすべて陸揚げした[76]

第一航空戦隊所属の艦載機部隊は、艦上攻撃機隊64機が海軍航空隊鹿児島基地(戦後、旧鹿児島空港となる)、艦上爆撃機隊45機が海軍航空隊富高基地(戦後廃止され跡地は民間に開放、財光寺#沿革参照)を訓練基地として、そして第一航空戦隊ならび第二航空戦隊所属の艦上戦闘機隊72機は海軍航空隊佐伯基地(戦後廃止され跡地は民間に開放、佐伯海軍航空隊#戦後の佐伯飛行場参照)を訓練基地として[77]錦江湾志布志湾佐伯湾で演習を行い、11月16日佐世保基地にいた加賀以外の第一航空艦隊(南雲機動部隊)空母5隻は佐伯湾にて艦載機部隊を各陸上基地から離陸させて着艦収容した。 その時の佐伯湾にはハワイ作戦に参加するほとんどの24隻の艦船が集まっており、翌17日午後に山本五十六連合艦隊司令長官の視察を受けた。各艦船は機動部隊としての行動をごまかすため、11月18日午前4時、第一水雷戦隊旗艦阿武隈と駆逐艦9隻が動き出したのを皮切りに、時間をずらしてバラバラに佐伯湾を離れ、艦隊が最終集結する千島列島択捉島単冠湾を個別に目指した。赤城は同日午前9時に動き出し、単冠湾へ向かった。

11月19日、八丈島沖の赤城では飛行甲板上に全飛行機搭乗員が集められて真珠湾攻撃が訓示され、艦隊集結予定日通り11月22日の朝に単冠湾へ入る[78]。各艦打ち合わせと兵器整備の後、11月26日に単冠湾を出港し、南雲機動部隊の旗艦として一路ハワイ真珠湾へと向かった[79]

赤城からの真珠湾攻撃参加機[80]
第一次攻撃隊第一波
九七式艦攻27機(水平爆撃隊15機=指揮官:飛行隊長淵田美津雄中佐、雷撃隊12機=指揮官:飛行隊長村田重治少佐)、零戦9機=指揮官:飛行隊長板谷茂少佐
第一次攻撃隊第二波
九九式艦爆18機=指揮官:分隊長千早猛彦大尉、零戦9機=指揮官:分隊長進藤三郎大尉

12月8日午前1時30分、淵田中佐率いる第一次攻撃隊第一波は赤城から発進した。日本軍航空隊の奇襲により、アメリカ軍太平洋艦隊は潰滅した。赤城第一波攻撃隊は零戦1機を喪失し、10機が被弾、戦死者2名を出した[81]。赤城第二波攻撃隊は九九艦爆4機を喪失し、13機が被弾、戦死者8名を出した[82]。赤城は日本への帰路につき、12月24日、日本本土に到着した[83]。1942年1月下旬ラバウルを攻撃し[84]、2月中旬のオーストラリアの港湾都市ポートダーウィン空襲[85]、3月5日チラチャップ攻撃と南太平洋を転戦する[86]

3月24日、第17駆逐隊の駆逐艦谷風で負傷者が発生し機動部隊旗艦赤城での治療を依頼したところ、赤痢患者多発のため受け入れを断る[87]。谷風の負傷者は到着したばかりの空母瑞鶴にまわされた。3月26日、セレベス島を出港し、インド洋へ進出する[88]セイロン沖海戦では、他の空母とともにイギリス海軍重巡洋艦ドーセットシャー、空母ハーミーズを撃沈するなど破竹の進撃を続けた[89]。一方でハーミーズの攻撃直前、イギリス軍のウェリントン爆撃機(著作や戦闘詳報ではブリストル・ブレニム爆撃機)から攻撃され、10発近い爆弾が赤城の艦首附近に落下する[90]。対空警戒警報も出されず、爆撃されてからはじめて高高度を飛行するイギリス軍機の存在に気づき、高角砲を撃ち始める有様だった[91]。この時、飛行甲板の下の格納庫では、九七艦攻の装備を対地攻撃用の爆弾から艦艇攻撃用の魚雷に変更している最中だった[92]。護衛駆逐艦の間では「爆弾が赤城に命中していた方が、機動部隊の目が覚めたのではないか」との話があり、またミッドウェー作戦後にも同様の話題が繰り返されたという[93]。増田(赤城飛行長)も1発くらい命中していた方が良かったかもしれないと回想している[94]。インド洋作戦中の1942年(昭和17年)4月1日、「赤城」の常用搭載機数は、艦戦18、艦爆18、艦攻18に減らされ、中型空母の蒼龍や飛龍と同じ航空攻撃力しか持たなくなった。4月24日、母港横須賀港に戻った[95]

ミッドウェー海戦[編集]

回避行動中の空母「赤城」

そして赤城は1942年6月に生起したミッドウェー海戦に参加する。ミッドウェー島占領後、基地航空隊の司令となる予定の森田大佐、飛行隊長、整備員達が赤城に乗り込み、士官室は手狭になった[96]淵田美津雄中佐(赤城飛行隊長)や村田重治少佐(雷撃隊隊長)ら飛行搭乗員達は、山本連合艦隊長官と戦艦大和が南雲機動部隊の300浬後方をついてくることに「戦争見物でもするつもりか」と怒りを隠さなかったという[97]。5月27日の海軍記念日に赤城以下南雲機動部隊は日本から出撃する[98]。6月4日、艦橋の周辺にハンモックを丸めたマントレットを装着した[99]。また珊瑚海海戦の戦訓から敵味方識別のため飛行甲板前部に巨大な日の丸を塗装したが、これはアメリカ軍急降下爆撃隊にとって絶好の目標となった[100]

日本時間6月5日午前1時30分、日本軍南雲機動部隊はミッドウェー島のアメリカ軍基地に攻撃部隊を発進させた[101]。赤城からは零戦9機(空中戦で1機喪失[102])、九九艦爆の稼働全18機が発進した。空中攻撃隊総指揮官を務めるはずだった淵田美津雄中佐は盲腸手術からの回復期で出撃できず、飛行甲板から攻撃隊を見送った[103]。その彼の足元の航空機格納庫では、魚雷を搭載した九七式艦上攻撃機が米軍機動部隊出現に備えて待機している[104]。第一次攻撃隊発進後、魚雷を搭載した第二次攻撃隊の九七艦攻が飛行甲板に揚げられた[105]。午前4時、ミッドウェー基地攻撃を終えた第一次攻撃隊が『第二次攻撃の必要性あり』と伝達する[106]。南雲司令官は兵装転換を各艦に命令、第一航空戦隊(赤城、加賀)では飛行甲板の九七艦攻を格納庫に戻して魚雷を外し、陸用爆弾に転換する作業が始まった[107]

その最中、南雲機動部隊はミッドウェー基地から飛来したアメリカ軍航空機の空襲を受けた。赤城は攻撃を全て回避し[108]、直衛の零戦を発進させてアメリカ軍機の攻撃を撃退した[109]。午前4時40分、重巡洋艦利根零式水上偵察機が予期せぬアメリカ軍部隊の存在を報告したため[110]、南雲司令部は兵装転換を45分に一時中止する[45]。直前の珊瑚海海戦で翔鶴索敵機がタンカーネオショーと米空母を取り違えて誤認報告し、その索敵情報を鵜呑みにしたMO機動部隊(瑞鶴、翔鶴)が見当違いの方向に攻撃隊を送り出した戦訓に鑑みたものと思われる[45]。5時20分に詳細が入り敵空母の存在を確認。5時30分、ミッドウェー基地への攻撃をとりやめ、アメリカ軍機動部隊を攻撃するため魚雷兵装転換命令を出す[111]。さらに南雲機動部隊上空に帰還した第一次攻撃隊の着艦や、直衛戦闘機の燃料・弾薬補給の着艦・発艦を優先させた[45]。アメリカの海軍史家は「6月4日の午前7時45分(現地時間)には、南雲に後知恵という便利なものはなかった」と評している[45]。赤城の艦橋はあまりにも狭く、空襲・潜望鏡発見・着艦・発艦のたびに騒々しくなり、南雲が考えをまとめるのは困難だったとみられる[45]。その赤城の格納庫では兵装転換を終えていた6機の九七艦攻への魚雷再装着作業が始まる[112]。格納庫には、取り外された爆弾が乱雑に転がっている状態となった[113]

赤城は第一次攻撃隊27機の収容を優先し、午前6時18分に収容を終える[114]。その後もアメリカ軍は南雲機動部隊に波状攻撃を行い、直掩の零戦隊はアメリカ軍のTBFアベンジャー雷撃機に対応するため海面付近に降下した[115]。各艦の注意が低空に向いていた日本時間午前7時26分、赤城は米空母エンタープライズから発進した艦上機SBD ドーントレス急降下爆撃を受ける[116]。攻撃隊指揮官マクラスキー少佐(エンタープライズ)は戦闘機乗りから急降下爆撃機に転向したばかりなので戦術的過ちを犯し、指揮下のドーントレス32機すべてを空母加賀に集中させた[117]。そこで第六爆撃飛行隊のディック・ベスト大尉は部下の小隊機(3機乃至5機)をひきいて赤城に向かった[117][118]。ベスト隊が直上にきていたのに赤城は高射砲も撃たず、飛行機の発進準備をしつつ(零戦1機が発艦するのが見えたという)直進していた[118]。急降下爆撃がはじまってから面舵にて回避に努めたが2発が命中、1発が至近弾となった[119]。至近弾となった最初の1発は艦橋左舷数十mで炸裂[120][121]、命中した2発は1発目が中部エレベーター付近に命中し[121]、飛行甲板を突き破って格納庫内で炸裂[116]。2発目が左舷後部甲板縁で炸裂[116][121]は取舵20度で固定し、赤城は旋回しかできなくなる[122][123]。赤城の飛行甲板にいた牧島カメラマンによれば、初弾が左舷艦橋附近至近弾、次発が飛行甲板中央命中、三発目が艦尾至近弾となり、飛行甲板後部がめくれあがったという[124]。艦橋にいた増田飛行長や橋本信号兵曹も、三発目は命中弾ではなく艦尾至近弾と回想している[125]。当時、赤城の飛行甲板上では直衛戦闘機の発艦準備中で、零戦1機(木村惟雄一飛曹)が発艦を終えた直後だった[126]。木村によれば、加賀、蒼龍が被弾炎上するのを見て、咄嗟に発進準備中の隊長機に乗り発進したと回想している[127]。滑走中だった二番機は甲板中央で逆立ちとなり、炎上した[128]

当時、赤城の格納庫内には3機の零戦、魚雷装備艦攻18機、第一次攻撃隊として着艦収容したばかりの艦爆18機があった[129]。特に九七艦攻はアメリカ軍機動部隊攻撃のため燃料を満載し、魚雷を装備中だった。その周囲には艦攻から外した陸用爆弾が散乱していたという。中央部に命中したアメリカ軍機の爆弾により、これらが誘爆を始め、赤城の致命傷となった[130][116]。増田(赤城飛行長)は四空母幹部との対談で「四万トンの『赤城』が250キロの爆弾一発でもってゲームセット。全くこれはあっけなかった。脆弱性を如実に示しているんでしょうね」と語っている[131]。仮にベスト大尉率いる5機のドーントレスが攻撃に失敗した場合、健在艦は赤城、飛龍となるため、本海戦の流れ全体が変わっていた可能性がある[122]

機械には異状がなかったが、右舷機関室の兵員は炎上格納庫から流れ込んだ熱気のために全員戦死した[123]。三浦航海長が罐室から機械へ送る蒸気を止めたため、午前7時42分に赤城は洋上に停止[132][123]。乗組員は炎上する飛行甲板にいられず、前部錨甲板か後部甲板に追い詰められてしまう[133]。艦橋にも炎に追われた乗組員が逃げ込んだが、その艦橋にも逆立ちとなった炎上零戦から延焼し[132]、南雲中将や草鹿龍之介参謀長ら司令部は艦橋前面の小窓から飛行甲板に下りた[134]。彼らは艦首前甲板に移り、短艇で赤城を脱出した[135]源田実航空参謀は「(珊瑚海海戦で損傷・消耗した)翔鶴と瑞鶴がいれば…」とつぶやき[136]、その後は南雲中将以下、全員が無言だったという[137]。午前7時46分、南雲第一航空艦隊司令長官と司令部人員は軽巡洋艦長良(第十戦隊旗艦)に移乗した[138][139]。駆逐艦を経由したかどうかは、複数の証言が伝えられる。第10駆逐隊司令艦風雲(駆逐隊司令阿部俊雄大佐)の吉田正義駆逐艦長によれば、赤城内火艇で南雲長官以下司令部が風雲に移乗、続いて長良に移っていったという[140]。牧島カメラマンや橋本の回想では長良に直接移乗している[141]。上空の木村も、赤城から長良へ向かうカッターボートを目撃している[142]。橋本によれば、駆逐艦の(第4駆逐隊司令駆逐艦)が赤城左舷後部至近距離に停泊して南雲司令部の移乗を待っていたところ、赤城の左舷前方500mに停泊した長良からも迎えの短艇2隻が来たため、第十戦隊の旗艦である長良に移乗艦を変更したと回想している[143]戦闘詳報戦史叢書では、この時接近した駆逐艦を野分と記している[132][144]。この南雲司令部が移乗につかったボートは長良艇ではなく野分のものだった可能性もある[123]。長良移動後の南雲は第十戦隊司令官木村進少将に長良による赤城曳航を命じたが、不可能だった[123]

沈没[編集]

赤城は魚雷を被雷しておらず、格納庫内部の誘爆によって内部から焼き尽くされていった。当時赤城雷爆兵器員だった秋本勝太郎によると、総員退艦命令が出たころ、機関科は健在で火災が鎮火し次第いつでも動く状態だったという。そのうち「注水弁開け」と命令があり、注水弁を開口しこれがさらなる誘爆を防いだ結果、被弾したほかの艦よりも生存者が多かったと語っている[145]。甲板士官が独断で防火扉を開放したため、負傷者の移動と応急班員の移動を迅速に行うことが出来たという[146]。午前8時、機関部との連絡が途絶[147]。罐室の機関科兵は脱出に成功したが、タービン室と発電機室の兵は脱出連絡が間に合わず、全員戦死した[148]。午前8時20分、青木泰二郎大佐は火勢が強まった艦橋から飛行甲板前部に移ると[149]、負傷兵の駆逐艦移乗を命じる[150]。この時点で格納庫内の魚雷と爆弾の誘爆により飛行甲板は大火災となり、艦長以下幹部達は艦首錨甲板(飛行甲板と船体の間)に追い込まれた[151]。午前9時3分、赤城はなぜか自然に前進をはじめ、右回りに円を描いた[152]。午前10時38分、昭和天皇の写真(御真影)を野分に移す[153]。この後、後部との連絡が可能となったが、正午ちょうどに前部格納庫で再び大爆発が起きた[154]。午後1時、赤城の青木艦長は赤城は一部の乗組員を野分や嵐に移乗させた[155]。それでも青木艦長は赤城を救おうと努力し、午後3時20分には機関部の復旧を試みたが、ガスと熱気のため作業不可能であった[156]

午後4時20分、赤城の機関長の「自力航行不可能」の報告をもって青木艦長は総員退去を決定する[157]。自沈のため、駆逐艦の魚雷発射を要請した[157]。午後5時、乗組員は艦長の訓示を受け、嵐と野分に移乗を開始する[158]。午後7時、嵐に約500名、野分に約200名が移乗した[159]。ところが午後7時25分、後方の主力部隊・旗艦大和に座乗していた山本五十六連合艦隊司令長官(旧赤城艦長)から「赤城の処分は待て」と命令が入る[138][159][160]。午後7時30分、青木艦長は第4駆逐隊の有賀幸作司令(後の戦艦大和艦長)、三浦中佐(赤城航海長)、増田正吾中佐(赤城飛行長)[161]等の説得により嵐に移った[162][160]。以後の赤城は無人のまま漂流を続けた。日付が変わる頃、沈没した空母加賀の乗組員を救助していた萩風と舞風が合流、有賀司令は「今夜は赤城の警戒に任じ、敵艦来たらば刺違え戦法をもってこれを撃滅せんとす」を発令し、第4駆逐隊各艦は赤城の周囲を往復して警戒を行った[163]

午後11時55分、空母飛龍の喪失により勝敗が決したことを悟った山本司令長官は、連合艦隊電令第161号にてミッドウェー攻略中止を各部隊に命じる[164][165]。日本時間6月5日午後11時50分、山本長官は黒島亀人参謀等の反対論を抑え、かつて艦長をつとめていた赤城の処分を命令した[165][166]。第4駆逐隊は日付変更の時点でも燃えていると報告したが[166]、この頃になると可燃物が全て燃え尽きたため、赤城は焼け焦げた姿で漂流していたという[167][168]。一方、未だ誘爆が起きていたという証言もある[169]。6月6日午前2時、第4駆逐隊各艦(航行順は嵐、野分、萩風舞風)は赤城の右舷に対し各1本を発射した[166][170]。4本の魚雷のうち2ないし3本が命中[171]。1942年(昭和17年)6月6日午前2時10分、北緯30度30分、西経178度40分の地点で、赤城は艦尾から沈んでいった[138][172]。中杉清治(舞風駆逐艦長)は沈没時に赤城から聞こえてきた音について「なにか生きているものの悲鳴のように思えた」と回想している[173]。沈没からしばらくして海中で大爆発音があったという[174]。萩風によれば、沈没時刻は現地時間午前4時55分(日の出五分前)[175]。駆逐艦に分乗した赤城の生存者は連合艦隊主力部隊と合流後、戦艦陸奥等に移乗して日本本土へ向かった。

ミッドウェー海戦時の赤城に乗り組んでいた実員は不明である。これはミッドウェー基地占領時、同島基地に進出するための基地要員や兵員が便乗していた為である。赤城の定員は1,630名、第一航空艦隊司令部員が64名で、准士官以上8名、下士官兵213名の計221名が戦死した[176]。機関科員が閉じ込められた加賀や蒼龍と異なり、その多くが救出されたため人的被害はこの二艦ほど多くはなかった。同海戦における赤城搭載機搭乗員の戦死者は機上3名、艦上4名の合わせて7名(戦闘機4名、艦爆1名、艦攻2名)で[177]、淵田中佐、板谷少佐、村田少佐の3飛行隊長ら多くの搭乗員が救助された。赤城の炎上後も、数機の零戦が飛龍に着艦したが[178]、その後の戦闘や飛龍の沈没によって全機が失われた。赤城被弾直前に発進した木村の零戦も、エルロン故障のため、飛龍へ着艦後海中投棄された[142]

艦歴[編集]

主要要目一覧[編集]

要目 竣工時[179] 近代化改装後[4]
基準排水量 26,900英トン[5] 36,500英トン[注釈 1]
公試排水量 34,364英トン 41,300トン
全長 857 ft 0 in (261.21 m)(763呎)[要出典] 260.67m
水線長 816 ft 9 in (248.95 m) 250.36m
垂線間長 770 ft 0 in (234.70 m)
水線幅 95 ft 0 in (28.96 m) 31.32m
最大幅 110 ft 0 in (33.53 m)[180]
または水線下最大幅 102.05 ft 0 in (31.10 m)
深さ 55 ft 8 in (16.97 m)(上甲板まで)
94 ft 10+3/8 in (28.91 m)(帰着甲板まで)
28.65m(飛行甲板まで)
吃水 26 ft 6 in (8.08 m) 8.71m
飛行甲板 624 ft 0 in (190.20 m) x 100 ft 0 in (30.48 m) (上段)
180 ft 6 in (55.02 m) x 75 ft 0 in (22.86 m)(下段)
エレベーター2基
249.17m×30.48m
エレベーター3基
推進 4軸 同左
主機 技本式タービン(高低圧)8基[5] 同左[5]
出力 131,200hp 131,200hp[5] または 133,000hp
主缶 ロ号艦本式専焼缶11基
同混焼缶8基
ロ号艦本式専焼缶 大型11基
同小型8基
速力 計画 31.0ノット
竣工時 32.5ノット または 32.1ノット[要出典]
1931年3月 31.75ノット[180]
31.2ノット または 30.2ノット[要出典]
燃料 重油 3,900英トン
石炭 2,100英トン
重油 5,770トン または5,775トン(1938年3月)[3]
航続距離 8,000カイリ / 14ノット 8,200カイリ / 16ノット
乗員 竣工時定員 1,400名[181]
1931年3月 1,297名[180]
1934年4月定員 1,299名[182]
1937年4月定員 1,627名[183]
1938年3月 1,340名[3]
最終時 1,630名[6]
兵装 50口径20cm連装砲 2基4門
同単装砲 6門
45口径12cm連装高角砲 6基12門
12cm砲 4門[注釈 2]
留式7.7mm機銃2挺(1931年)[180]
20cm単装砲 6門
12cm連装高角砲 6基12門
25mm連装機銃 14基28門
搭載艇 1931年3月 16隻[180] 12m内火艇2隻、同11m1隻
12m内火ランチ4隻
9mカッター6隻
6m通船1隻
13m特型運貨船2隻[184]
装甲 舷側:5インチVC鋼(傾斜12度)[185] 同左[186]
搭載機 三式艦上戦闘機:16機
一〇式艦上偵察機:16機
一三式艦上攻撃機:28機
合計:60機
1938年[187]
九六式艦上戦闘機:12+4機
九六式艦上爆撃機:19+5機
九六式艦上攻撃機:35+16機
合計:常用66機、補用25機
1941年12月保有機[7]
零式艦上戦闘機:18機
九九式艦上爆撃機:18機
九七式艦上攻撃機:27機
着艦識別文字 [8]
その他 航空機用ガソリン425トン[5]

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』43-46頁、『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」に基づく。

艤装員長[編集]

  1. 海津良太郎 大佐:1925年12月1日 -

艦長[編集]

  1. 海津良太郎 大佐:1927年3月25日 -
  2. 小林省三郎 大佐:1927年12月1日 - 1928年12月10日
  3. 山本五十六 大佐:1928年12月10日 -
  4. 小林省三郎 大佐:1929年10月8日 - 1929年11月1日
  5. 北川清 大佐:1929年11月1日 -
  6. (兼)原五郎 大佐:1930年10月26日 - 12月1日
  7. 和田秀穂 大佐:1930年12月1日 - 1931年8月28日
  8. 大西次郎 大佐:1931年8月28日 - 1931年12月1日
  9. 柴山昌生 大佐:1931年12月1日 - 1932年12月1日
  10. 近藤英次郎 大佐:1932年12月1日 - 1933年10月20日
  11. 塚原二四三 大佐:1933年10月20日 - 1934年11月1日
  12. 堀江六郎 大佐:1934年11月1日 - 1935年11月15日
  13. 松永寿雄 大佐:1935年11月15日 -
  14. 寺田幸吉 大佐:1936年12月1日 -
  15. 茂泉慎一 大佐:1937年8月27日 -
  16. 水野準一 大佐:1937年12月1日 -
  17. 寺岡謹平 大佐:1938年11月15日 -
  18. 草鹿龍之介 大佐:1939年11月15日 -
  19. 伊藤皎 大佐:1940年10月15日 -
  20. 長谷川喜一 大佐:1941年3月25日 -
  21. 青木泰二郎 大佐:1942年4月25日 -

ドイツへの技術供与[編集]

1935年(昭和10年)6月にイギリスとの海軍協定(対英比率35%)を締結したナチス・ドイツ海軍は、2隻の空母建造を計画した。空母建造の経験を持たない同海軍は、事前にフリードリヒ・ハック(日独協会理事、シンツィンガー・ハック商会代理人)を通じて第二次ロンドン海軍軍縮会議予備交渉の帰途にあった大日本帝国海軍中将・山本五十六にアドルフ・ヒトラー総統との面会を打診、ヒトラーとの対面は実現直前にキャンセルされたが、ベルリンにてエーリヒ・レーダー海軍軍令部部長、ヨアヒム・フォン・リッベントロップ軍縮問題担当全権代表、ポール・ベンケ英語版提督と山本の会談が実現する[188]。日本海軍とドイツ航空産業との関係は深く、また山本も九九式艦上爆撃機や新型艦上戦闘機(零式艦上戦闘機)の開発にあたってドイツの技術に強い関心を示していた[189]。実際に、赤城の視察はハインケル社からの急降下爆撃機の技術導入が交換条件の一つであり、ドイツ側も、かつて山本が艦長を務めた赤城を敢えて指定した可能性がある[190]。当時、ドイツ陸軍は蒋介石中華民国)と密接な関係を持ち軍事支援を行う一方、日本陸軍に対しては非常に冷淡であった[191]。日本側も、空母を巡る交流からドイツの最新技術を取り入れたい思惑があり、軍務局の黒島亀人艦政本部が準備を進めた[192]

なお、ドイツに技術提供がなされた当時の赤城は三段飛行甲板であり、大改装前の状態である[193]

1935年1月24日、山本のベルリン訪問直後にドイツ海軍は「ドイツ海軍将校によるに日本の軍艦調査」の依頼を通知、続いて駐日ドイツ海軍武官ヴェネガ―中佐が赤城を見学、4月に鹿屋にて赤城搭載機訓練が許可された[193]。8月、日独海軍間で正式に協定が結ばれ、「航空母艦赤城について、その設計から訓練方法まで、一切の秘密を公開し、ドイツ側の技術者及び飛行将校の視察」が許可される[193]。日本帰国後の山本は12月に航空本部長職に着任するまで出仕のままであったが、思い入れのある赤城の技術移転に何らかの指導力を発揮したと思われる[193]。9月、ドイツ技術使節がアメリカ経由で日本に到着すると、海軍省で赤城のブループリントが提供された[194]。これら赤城の技術を参考して建造が開始されたのが、ドイツの空母グラーフ・ツェッペリン(1936年末起工)であった。

1936年(昭和11年)2月、小島秀雄(在ドイツ日本大使館附海軍駐在武官兼艦政本部造船造兵監督官兼航空本部造兵監督官)がドイツに着任、レーダー海軍総司令官から赤城技術移転について感謝されたのち、小島は呉海軍工廠用の1万5000トン水圧機と室蘭用ローリングマシーン、最新防御甲鉄板(クルップ社)を発注する[195]大和型戦艦建造のために絶対必要な技術であり、また赤城の技術移転の交換条件の一つでもあった[195]。一連の日独技術交流は、いわば空母赤城と戦艦大和の交換であった[193]

その後、第二次世界大戦勃発後には赤城の設計図が九五式酸素魚雷などと共にドイツに届けられた(遣独潜水艦作戦)が[196]、空母グラーフ・ツェッペリンは遂に完成されることはなかった。1942年6月上旬のミッドウェー海戦で赤城が沈没すると、海軍(山本と黒島)はグラーフ・ツェッペリンを買収して日本海軍に編入しようとした[197]。しかしドイツ側はグラーフ・ツェッペリンの極東回航は不可能であると拒否し、代艦として神戸港に係留されていた客船シャルンホルストを譲渡、同船は1943年(昭和18年)12月、空母神鷹として竣工した[197]

赤城が登場する作品[編集]

1945年以前
  • 安倍季雄 著[他]『幼年冒険小説集』(1929年、国民図書) - 子供向け冒険小説。最新鋭艦として物語中盤から登場し、恐竜を探す主人公達が乗艦する。海賊退治のため南方へ派遣される。
  • 『日本ニュース第99号<凱歌高しインド洋>』(1942年4月28日) - セイロン沖海戦全般を国民に向け報道するニュース映画で、赤城の飛行甲板上で零戦の発艦作業及び零戦と九七式艦攻の発艦シーンが撮影されている。NHK戦争証言アーカイブスにて全編を無料視聴可能。
  • ハワイ・マレー沖海戦』(1942年、東宝) - 記録映像の流用やミニチュアによる特撮映像のほか、艦橋や飛行甲板を再現した実物大のセットが千葉県の海岸に建てられ、攻撃隊の発艦シーンなどが撮影された。
1946年 - 2000年
  • 太平洋の鷲』(1953年、東宝) - 真珠湾攻撃の場面を中心に『ハワイ・マレー沖海戦』や戦中の記録映像を流用した。なお、ミッドウェイ海戦の場面はミニチュアや実物大セットを用いて新規に撮影されている。
  • ハワイ・ミッドウェイ大海空戦 太平洋の嵐』(1960年、東宝) - 洋上航行が可能な大型のミニチュアが製作され、航行シーンが三浦半島沖で撮影された。
  • 連合艦隊司令長官 山本五十六』(1968年、東宝) - 瀬戸内海に停泊する姿やミッドウェイ海戦の場面で特撮映像が新規撮影されたが、発艦シーンなどは『ハワイ・ミッドウェイ大海空戦 太平洋の嵐』で飛龍として撮影したものを一部流用した。
  • トラ・トラ・トラ!』(1970年、20世紀フォックス) - 日本側での撮影用として福岡県の海岸に実物大セットが製作された。なお、アメリカ側で撮影された攻撃隊発艦シーンの撮影にレキシントンを使用した関係上、実物大セットや特撮用ミニチュアの艦橋配置は実物と異なる右側とされている。
  • ダイ・ハード』(1988年、20世紀フォックス) - ナカトミコーポレーションの債券が納められた金庫のセキュリティロックを解除するためのパスワードとして登場。戦歴のみが表示される画面から赤城という艦名を割り出し、然る後赤城を英訳した「RED CASTLE」を端末に入力することでロックが解除されるというもの。
  • 新スタートレック第101話(第5シーズン#1) "Redemption II" (クリンゴン帝国の危機・後編」にライジェル級U.S.S AKAGI(NCC-62158)として登場する。次作のDS-9においてもアーミテージ級U.S.S アカギ(NCC-62158-A)登場している。共に、かつて史実で戦いあったアカギとホーネットは、共に仲間として、2艦並んで防衛線を守る動きをしている。後にアメリカでゲーム化されたStar Trek Onlineにおいても、U.S.S.アカギA(NCC-62158-A)が登場する。なお、これらの前時代設定にあたるコンスティテューション級としてU.S.S.アカギ(NCC-1779)が小説に存在する為、作品中に三世代に渡って名前を引き継いでいる事になる。
  • チョロQマリン Qボート』(1998年、タカラ(現・タカラトミー)) - プレイヤーが使用可能なQボート(チョロQと同じようにデフォルメされた船)として登場(ゲーム中での分類は「戦う船」)。
2001年以降
  • 『日本海軍艦艇集【下】』(2005年、コニービデオ発売。ASIN B000A6K8AG) - 過去に発売されていたVHS製品のDVD版。日本海軍が撮影したフィルムのうち未公開の映像を集めて解説を加えた物。真珠湾攻撃に出撃する直前に赤城の外舷を塗装している模様などが撮影されている。
  • 永遠の0』(2013年、東宝) - 甲板のオープンセットが千葉県南房総市白浜運動公園の崖に建設され、SBDドーントレスから急降下爆撃を受け被弾するシーン等が約2ヶ月間撮影された。ミッドウェー海戦での航行、沈没のシーン等は、海上自衛隊保有のたかなみの協力の下、それまでの邦画としては最大規模の空撮とVFXを用いて再現された。[198]

なお、『ミッドウェイ』(1976年、ユニバーサル映画)や『連合艦隊』(1981年、東宝)でも赤城は登場するが、映像の多くは『ハワイ・ミッドウェイ大海空戦 太平洋の嵐』や『トラ・トラ・トラ!』などから流用、編集したものである。

参考文献[編集]

  • 近代デジタルライブラリー - 国立国会図書館
    • 安倍季雄 著[他]『幼年冒険小説集』(国民図書、1929年)
    • 中島武『航空母艦』(三省堂、1930年)
    • 海軍有終会編 『幕末以降帝国軍艦写真と史実』 海軍有終会、1935年11月。
    • 海軍研究社編輯部 編 『ポケット海軍年鑑 : 日英米仏伊独軍艦集. 1935年版』 海軍研究社、1935年5月。
    • 宇都宮敏雄『軍艦写真帖』(宇都宮本店、1936年)
    • 海軍研究社編輯部 編 『ポケット海軍年鑑 : 日英米仏伊独軍艦集. 1937,1940年版』 海軍研究社、1937年2月。
    • 海軍研究社編輯部 編 『日本軍艦集 2600年版』 海軍研究社、1940年7月。
    • 朝日新聞社 編『航空母艦』(朝日新聞社、1942年)
    • 永松浅造『海軍航空隊』(東水社、1942年)
    • 永松浅造『海軍航空隊』(東水社、1942年)
    • 高橋三吉著『海を征く』(東水社、1943年)
    • 秦賢助 著『聖将:山本元帥伝』(鶴書房、1943年)
    • 大木雄二 著『山本元帥 : 少国民伝記』(講談社、1944年)
  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • Ref.C12070074000 『大正7年 達完/達大正7年5月』。
    • Ref.C12070075900 『大正8年 達完/達大正8年7月』。
    • Ref.C12070076900 『大正9年達完/3月』。
    • Ref.C12070082700 『大正12年 達完/達大正12年11月』。
    • Ref.C12070083400 『大正13年 達完/達大正13年4月』。
    • Ref.C12070088300 『昭和2年達完/6月』。
    • Ref.C11080422300 『在本邦 仏伊大使館附武官との往復文書 大正14年/第508号大正14年2月16日 赤城、加賀、愛岩、高雄の処分』。
    • Ref.C04016182200「軍艦加賀を航空母艦に改造する件」
    • Ref.C04015098600「軍艦天城(赤城)改造工事材料に関する件」
    • Ref.C04015099100「赤城建造予算減額の件」
    • Ref.C04015098800「4月16日附進達呉工機密第182号14航空母艦赤城工事予定概括表の件」
    • Ref.C05034244800「第1168号 10.3.22 横厰工第29号の56航空母艦赤城艦橋見張所新設の件」
    • Ref.C08050174000「軍艦尾張製造の件」
    • Ref.C04015628700「赤城艦隊編入に関する件」
    • Ref.C04015274000「教練運転成績表 赤城」
    • Ref.C08051350900「軍艦赤城」
    • Ref.C04015069300「航空母艦赤城満艦飾不施行の件」(三段空母時代の図面付。艦側面図、機密保持のため消去)
    • Ref.C11110378100 『登號(Y)作戦の爲 第21軍第5艦隊間協定 昭和14年1月21日 於廣東軍司令部』。
    • Ref.C11110378400 『登號(Y)作戦の爲 飯田支隊 第4飛行団 第1航空部隊 第2航空部隊間協定案 昭和14年1月26日 於廣東軍司令部』。
    • Ref.C13071997700 『昭和16年6月30日現在10版内令提要追録第9号(上)原稿:巻1追録/第6類機密保護』。
    • Ref.C14121196200 『昭和17年度 帝国海軍戦時編制(内示案) 昭和16.9.12/ 昭和17年度帝国海軍戦時編制/附表』。
    • Ref.C14121196500 『昭和17年度 帝国海軍戦時編制(内示案) 昭和16.9.12/ 昭和17年度戦時駆逐隊・潜水隊・水雷隊・掃海隊・驅潛隊・通信隊・航空隊編制予定表 昭和17年度警備隊・防備隊附属艦艇及防備機関編制予定表 昭和17年度戦時艦船飛行機搭載予定表/第1表~第9表』。
    • Ref.C08051579600「昭和16年12月~昭和17年6月 赤城飛行機隊戦闘行動調書(1)」
    • Ref.C08051579700「昭和16年12月~昭和17年6月 赤城飛行機隊戦闘行動調書(2)」
    • Ref.C08030023800「昭和17年5月27日~昭和17年6月9日 機動部隊 第1航空艦隊戦闘詳報 ミッドウェー作戦(1)」
    • Ref.C08030023900「昭和17年5月27日~昭和17年6月9日 機動部隊 第1航空艦隊戦闘詳報 ミッドウェー作戦(2)」
    • Ref.C08030024000「昭和17年5月27日~昭和17年6月9日 機動部隊 第1航空艦隊戦闘詳報 ミッドウェー作戦(3)」
    • Ref.C08030024100「昭和17年5月27日~昭和17年6月9日 機動部隊 第1航空艦隊戦闘詳報 ミッドウェー作戦(4)」
    • Ref.C13071964800「昭和20年1月31日現在 10版 内令提要 巻3、第13類 艦船(2)」
  • アジア歴史資料センター(公式)(国立公文書館)
    • Ref.A09050370500「飛行機格納数」
    • Ref.A06031028400『週報 第122号』
    • Ref.A06031028500『週報 第123号』「海南島攻略の新展開」
    • Ref.B04122588300「3.資料(一)(艦船要目、艦船表、その他)分割3」
  • 相澤淳 『海軍の選択 再考 真珠湾への道』 中央公論新社、2002年12月。ISBN 4-12-003304-x
  • 秋本実編 『伝承・零戦空戦記2 零戦の攻防 母艦部隊の激闘/ミッドウェー海戦、南太平洋海戦、ガ島戦』 光人社、2010年3月。ISBN 978-4-7698-1459-7
    非情の海ミッドウェー・アリューシャン「赤城戦闘機隊最後の戦い」 元赤城戦闘機隊・海軍一飛曹 木村惟雄(15-22頁)
  • 生出寿 『烈将 山口多聞』 徳間書店、1989年8月。ISBN 4-19-598853-5
  • 生出寿 『戦艦大和最後の艦長 海上修羅の指揮官』 光人社NF文庫、1996年
  • 海軍大臣官房 『海軍省編 海軍制度沿革 巻八』 原書房(原本:1940年海軍省)、1971年10月。
  • 『海軍制度沿革 巻十の2』明治百年史叢書 第183巻、海軍省/編、原書房、1972年4月(原著1940年)。
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 亀井宏 『ミッドウェー戦記 さきもりの歌』 光人社、1995年2月。ISBN 4-7698-2074-7
  • 川崎まなぶ 『日本海軍の航空母艦 その生い立ちと戦歴』 大日本絵画、2009年ISBN 978-4-499-23003-2
  • 木俣滋郎 『日本空母戦史』 図書出版社、1977年7月。
  • 草鹿龍之介 『連合艦隊参謀長の回想』 光和堂、1979年- 1952年、毎日新聞社『聯合艦隊』、および1972年行政通信社『聯合艦隊の栄光と終焉』の再版。戦後明らかになったアメリカ軍側の情報などは敢えて訂正していないと言う(p.18)。
  • 倉橋友二郎 『駆逐艦隊悲劇の記録 海ゆかば・・・』 徳間書店、1967年6月。
    倉橋は1941年9月~1942年9月まで駆逐艦萩風の砲術長勤務。
  • 『日本海軍艦艇写真集 航空母艦・水上機母艦』 呉市海事歴史科学館/編、ダイヤモンド社、2005年ISBN 4-478-95056-3
  • 小林健ほか 『リバイバル戦記コレクション 証言・昭和の戦争 戦艦「大和」主砲指揮所に地獄を見た』 光人社、1989年12月。ISBN 4-7698-0478-4
    • 渡辺義雄『ああ「瑞鶴」飛行隊帰投せず』(著者は整備科。1938年12月17日、赤城配属。1940年5月10日転勤)
  • 小林昌信ほか 『証言・昭和の戦争 戦艦大和檣頭下に死す』 光人社、1995年ISBN 4-7698-2087-9
    • 小谷光四郎『海は燃えている 「加賀」から見たミッドウェー海戦の決定的瞬間』(加賀整備員、昭和42年7月号)
  • 小福田晧文 『指揮官空戦記 ある零戦隊長のリポート』 光人社、1978年8月。ISBN 4-7698-0127-0
  • 佐藤静夫 『駆逐艦野分物語 若き航海長の太平洋海戦記』 光人社NF文庫、2004年1月。ISBN 4-7698-2408-4
  • 澤地久枝『滄海よ眠れ』(全6巻)、毎日新聞社、1984年9月~1985年3月、のち文春文庫(全3巻)
  • 澤地久枝 『記録ミッドウェー海戦』 文藝春秋社、1986年5月。
  • エドワード・P・スタッフォード 著、井原裕司 訳 『空母エンタープライズ THE BIG E 上巻』 元就出版社、2007年ISBN 978-4-86106-157-8
  • ピーター・C・スミス著、地主寿夫訳 『天空からの拳 艦爆の神様・江草隆繁』 PHP研究所、2009年ISBN 978-4-569-77149-6
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 ISBN 4-7698-1246-9
  • イアン・トール著、村上和久訳 「第十二章 決戦のミッドウェイ」『太平洋の試練 真珠湾からミッドウェイまで 下』 文藝春秋、2013年6月。ISBN 978-4-16-376430-6
  • 戸高一成編 『[証言録] 海軍反省会3』 PHP研究所、2012年2月。ISBN 978-4-569-80114-8
  • 中山雅洋 『中国的天空(上)沈黙の航空戦史』 大日本絵画、2007年ISBN 978-4-499-22944-9
  • チェスター・ニミッツ/E・B・ポッター、実松譲・富永謙吾訳 『ニミッツの太平洋海戦史』 恒文社、1962年12月。
  • 『昭和造船史(第1巻)』明治百年史叢書 第207巻、(社)日本造船学会/編、原書房、1981年(原著1977年10月)、第3版。ISBN 4-562-00302-2
  • 橋本敏男田辺弥八ほか 『証言・ミッドウェー海戦 私は炎の海で戦い生還した!』 光人社、1992年ISBN 4-7698-0606-x
  • 橋本敏男田辺弥八ほか 『証言・ミッドウェー海戦 私は炎の海で戦い生還した!』 光人社NF文庫、1999年ISBN 4-7698-2249-9
    • 精鋭二一型で知った母艦屋の天国と地獄 元空母「赤城」戦闘機隊・海軍中尉木村惟雄
    • 生き残ったミッドウェーの主役たち 作家 亀井宏
  • 橋本廣 『機動部隊の栄光 艦隊司令部信号員の太平洋海戦記』 光人社、2001年ISBN 4-7698-1028-8
    橋本は南雲司令部信号兵、艦橋勤務。1938年12月15日赤城に配属。回想中に牧島貞一も登場する。
  • 長谷川藤一 『軍艦メカニズム図鑑 日本の航空母艦』 グランプリ出版、1998年12月(原著1997年9月)、第3刷。ISBN 4-87687-184-1
  • 淵田美津雄 『真珠湾総隊長の回想 淵田美津雄自叙伝』 講談社、2007年12月。ISBN 978-4-06-214402-5
  • ゴードン・ウィリアム・プランゲ著、千早正隆訳 『ミッドウェーの奇跡 上巻』 原書房、2005年ISBN 4-562-03874-8
  • ゴードン・ウィリアム・プランゲ著、千早正隆訳 『ミッドウェーの奇跡 下巻』 原書房、2005年ISBN 4-562-03875-6
  • 福井静夫 『海軍艦艇史 3 航空母艦、水上機母艦、水雷・潜水母艦』 KKベストセラーズ、1982年4月ISBN 4-584-17023-1
  • 文藝春秋編 『完本・太平洋戦争(上)』 文藝春秋、1991年12月。ISBN 4-16-345920-0
    • 源田實『奇蹟の成功・真珠湾攻撃』/淵田美津雄『真珠湾上空一時間』/小瀬本国雄(蒼龍艦爆隊)『ハーミスを撃沈せり-インド洋作戦』/草鹿龍之介『運命のミッドウェー海戦』/C・W・マックラスキー(エンタープライズ飛行隊長)『逆転!赤城への第一弾』/丸山泰輔(飛龍艦攻、甲種予科練三期)『友永雷撃隊突撃す』
  • 防衛庁防衛研修所戦史室編『戦史叢書10 ハワイ作戦海戦』(朝雲新聞社、1967年)
  • 防衛庁防衛研修所戦史室編 『戦史叢書26 蘭印・ベンガル湾方面 海軍進攻作戦』 朝雲新聞社、1969年5月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史部編『戦史叢書43 ミッドウェー海戦』(朝雲新聞社、1971年)
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『海軍軍戦備<1> 昭和十六年十一月まで』戦史叢書第31巻、朝雲新聞社、1969年
  • 牧島貞一 『炎の海 報道カメラマン空母と共に』 光人社、2001年ISBN 4-7698-2328-2
    牧島は日映カメラマン。赤城に乗艦し、セイロン沖海戦、ミッドウェー海戦を体験。
  • 牧島貞一 『続・炎の海 激撮報道カメラマン戦記』 光人社、2002年ISBN 4-7698-2339-8
    『炎の海』より、ミッドウェー海戦部分のみ詳しく描写している。前作は南太平洋海戦まで収録。
  • 『海軍造船技術概要』 牧野茂福井静夫/編、今日の話題社、1987年ISBN 4-87565-205-4
  • 松田憲雄 『忘れ得ぬ「ト連送」 雷撃機電信員50年目の遺稿』 光人社、1993年10月。ISBN 4-7698-0663-9
    松田は九七式艦上攻撃機電信員。ミッドウェー海戦後、嵐に救出され、翔鶴に転属。
  • 写真日本の軍艦 第3巻 空母I』 雑誌『』編集部/編、光人社、1989年9月ISBN 4-7698-0453-9
  • 雑誌「丸」編集部 『空母機動部隊 私は非情の海空戦をこう戦った!』 光人社、2010年7月。
    • 当時飛龍に乗組・元海軍大尉榎本哲『ミッドウェー海戦飛龍の奮戦 山口多聞少将と加来止男大佐の最後の姿
    • 当時赤城の飛行長・元海軍大佐増田正吾、当時加賀の飛行長・元海軍大佐天谷孝久、当時飛龍の飛行長・元海軍大佐川口益、当時蒼龍の雷撃隊・元海軍少尉森拾三『空母飛行長かく戦えり 座談会/ミッドウェー大海戦の顛末
  • 宮尾直哉 『空母瑞鶴から新興丸まで 海軍軍医日記抄』 近代文藝社、1992年3月。ISBN 4-7733-1211-4 著者は1941年11月18日~1943年2月15日まで瑞鶴勤務。
  • 山川新作 『空母艦爆隊 艦爆搭乗員死闘の記録今日の話題社1985年ISBN 4-87565-118-x
    山川は加賀九九艦爆操縦者。1942年4月29日、空母春日丸(大鷹)に転勤。調書と異なる回想もある。
  • 吉田俊雄 『指揮官たちの太平洋戦争 青年士官は何を考え、どうしようとしたか光人社、1984年8月。ISBN 4-7698-0242-0
  • ウォルター・ロード、実松譲訳 『逆転 信じられぬ勝利』 フジ出版社、1969年7月。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ #戦史叢書31海軍軍戦備1付表第四その一「昭和十三年三月調艦艇要目等一覧表その1 軍艦、駆逐艦」に1938年3月時点の排水量で38,800噸(英トン)ともある。
  2. ^ #海軍造船技術概要p.239に記載があるが、それ以外の文献には記載がない。

出典[編集]

  1. ^ #艦艇写真集航空母艦p.24
  2. ^ a b c d e f g #艦船要目公表範囲(昭和16年6月30日)p.18『赤城|航空母艦(艦要目略)|呉工廠|大正9-12-6|14-4-22|昭和2-3-25|(艦装備略)』
  3. ^ a b c #戦史叢書31海軍軍戦備1付表第四その一「昭和十三年三月調艦艇要目等一覧表その1 軍艦、駆逐艦」。ただし改装完成は同年9月。
  4. ^ a b #海軍造船技術概要p.296。長さは小数点以下3位まで記載されているが、最後の桁を四捨五入。
  5. ^ a b c d e f #昭和造船史1pp.780-781
  6. ^ a b 『戦史叢書43 ミッドウェー海戦』
  7. ^ a b 『戦史叢書10 ハワイ作戦』p.344
  8. ^ a b #写真日本の軍艦第3巻p.63の写真より。
  9. ^ #ポケット海軍年鑑(1935)p.41『航空母艦"赤城 あかぎ" 全要目{排水量26,900噸 速力28.5節 備砲20糎砲10門 12糎高角砲12門 起工大正9年12月 竣工昭和2年3月 建造所呉海軍工廠}航空母艦は海上航空部隊の基幹をなすものであり、そして移動自在なる飛行場である。故に我が海軍が云ふところの攻むるに足らず守るに足る原則から云ふと航空母艦は最も攻撃性に富む軍艦である。同時に來襲する敵の航空部隊に對する防禦は亦航空母艦でなされなければ理想とは云はれない。我が帝國が軍縮方針として航空母艦全廃を主張するのは此の攻撃性に所以するのである。しかも荀くも他の一國たりとも之を有する説きは我亦これが充實に遺憾なきを要するや言を俟たない。赤城は元我八八艦隊の一主力艦たるべくして進水したものをワシントン條約の結果航空母艦に改造されたるもの、その全長實に232.56米、我が全艦船中の最長を誇るものである。』
  10. ^ #ポケット海軍年鑑(1935)p.120『航空母艦"レキシントン Lexington" 全要目{排水量33,000噸 速力34.24節 備砲20糎砲8門 12.7糎高角砲12門 搭載航空機各種計76 起工1921年1月 竣工1927年12月 造船所フオアリヴア造船所}全長270.65米、幅32.30米、平均吃水7.35米。速力は實に180,000馬力で得るところの34.24節と云ふ高速力は、何と云つても廣海面を舞臺とする彼等にとつては特に重要視される大威力であらう。"サラトガ"と共に米國海軍が誇る二大航空母艦中の一であつて共に元巡洋戰艦として建造中であつたものを我が赤城、加賀同様ワシントン會議の協定により航空母艦に改造したもので米國海軍第一線用の一大航空威力である。この艦が起工より竣工までに満7ヶ年の日子を費してゐるのは、亦我が赤城、加賀と同じく一度巡戰として計畫したものを中途に於て航母に設計替の已むなきに至つたが爲である。』
  11. ^ #ポケット海軍年鑑(1937)p.106『航空母艦"サラトガ Saratoga" 全要目{排水量33,000噸 速力33.91節 備砲20糎砲8門 12.7糎高角砲12門 搭載航空機各種計79 起工1920年9月 竣工1927年11月 造船所ニューヨーク造船會社}全長270.65米、幅32.30米、平均吃水7.35米。速力33.91節の軸馬力180,000馬力。"レキシントン"と同型である。(サラトガには黒い線が煙突にひいてある)尚この同型艦は共に備砲として上記の外に小砲12門を有してゐる。外に水上機用のカタパルト(これは停泊中發艦させるためのものである)1基を備へてゐる。飛行機の出入は二個のエレヴエーターにより、中央の両舷には安全ネツトが張つてある。飛行甲板の長さ268米、幅25m。水面よりの高さ18米である。』
  12. ^ #幕末以降帝国軍艦写真と史実p.116『加賀(かが)|(艦種)航空母艦|(艦名考)國名なり、加賀國に採る|(艦歴)大正9年7月19日神戸川崎造船所に於て起工、昭和3年3月31日横須賀工廠にて竣工。此艦は戰艦(排水量39,900噸)として起工せられ進水を了したるも、華府條約の結果、一旦廃艦することとなり、更に関東大震災後天城の代艦として大正12年11月19日航空母艦に改造することと爲り、昭和3年春竣工したるものなり。昭和6-7年事變(日支)従軍:同7年2月上海及揚子江方面警備(艦長大佐大西次郎)』
  13. ^ #ロード、逆転261-262頁『一.ディック・ベストと第六爆撃機中隊の第一小隊は〈赤城〉を攻撃した。』
  14. ^ #幕末以降帝国軍艦写真と史実p.36『赤城(あかぎ)【初代】|艦種砲艦 二檣「トップスル・スクーナー」姉妹艦に愛宕・鳥海・摩耶あり。|艦名考山名に採る、赤城山は上野國勢多郡の北方に在り、黒保根村上田澤より3里、敷島村深山より3里、宮路村市之關より3里、利根郡赤城根村日影南郷下水良より3里にして其山頂に達す、標高6,247尺、妙義・榛名と併称して上毛の三名山の名あり。(艦歴略)』
  15. ^ #幕末以降帝国軍艦写真と史実p.116『赤城(あかぎ)【二代】|艦種航空母艦|艦名考初代赤城の項参照(p.45)。|艦歴此の艦は巡洋戰艦として大正9年12月6日呉工廠に於いて起工の處、海軍々備制限に關する華府條約の結果に由り、同12年11月19日航空母艦に改造することと爲り、昭和2年3月25日竣工。|要目 長232.56米|幅28.04米|吃水6.45米|排水量26.900噸|機關 タルビン艦本式罐19臺|馬力131,000|速力28.5|兵装 20㎝砲10 12糎高角砲12|起工大正9-12-6|進水14-4-22|竣工昭和2-3-25|建造所 呉工廠』
  16. ^ 『幼年冒険小説集』p.27
  17. ^ #海軍制度沿革 巻八第十五篇「艦船」、第四章「進水命名本籍」、第二節「命名」、第二項「雑件」の「航空母艦命名手續キニ關スル件」。
  18. ^ 海軍大臣官房 『内令提要巻3(昭和20年1月31日現在)』、第31画像。
  19. ^ 「軍艦尾張製造の件」pp.17-19
  20. ^ a b #達大正8年7月p.6『達第百二十三號 軍備補充費ヲ以テ大正八年度建造ニ着手スヘキ巡洋戰艦二隻及二等巡洋艦三隻ニ左ノ通命名セラル|大正八年七月十七日 海軍大臣加藤友三郎|巡洋戰艦二隻 天城 アマギ 赤城 アカギ|二等巡洋艦三隻 長良 ナガラ 五十鈴 イスズ 名取 ナトリ』
  21. ^ #達大正8年7月p.6『達第百二十四號 艦艇類別等級別表中巡洋戰艦ノ欄「霧島」ノ次ニ「、天城、赤城」ヲ、巡洋艦二等ノ欄大井ノ次ニ「、長良、五十鈴、名取」ヲ加フ|大正八年七月十七日 海軍大臣加藤友三郎』
  22. ^ a b 「軍艦天城(赤城)改造工事材料に関する件」
  23. ^ 「軍艦加賀を航空母艦に改造する件」
  24. ^ #大正9年達3月p.19『達第三十號 軍備補充費ヲ以テ建造ニ着手スヘキ巡洋戦艦二隻及二等巡洋艦一隻ヲ左ノ通命名セラル 大正九年三月二十六日 海軍大臣加藤友三郎|巡洋戦艦二隻 高雄(タカヲ)、愛宕(アタゴ)|二等巡洋艦一隻 由良(ユラ)』、p.21『達第三十二號 艦艇類別等級別表巡洋戦艦ノ欄赤城ノ次ニ「、高雄、愛宕」ヲ、巡洋艦二等ノ欄「名取」ノ次ニ「、由良」ヲ加フ』
  25. ^ #赤城加賀愛宕高雄の処分p.1『愛宕 龍骨ヲ据付テ後解体廃棄|高雄 仝右』
  26. ^ #達昭和2年6月p.41『達第八十六號 補助艦艇製造費ヲ以テ昭和二年度ニ於テ建造ニ着手ノ一等巡洋艦二隻ニ左ノ通命名セラル|昭和二年六月二十三日 海軍大臣岡田啓介|横須賀海軍工廠ニ於テ建造 一萬頓級巡洋艦 高雄タカヲ|呉海軍工廠ニ於テ建造 一萬頓級巡洋艦 愛宕アタゴ』
  27. ^ #達大正12年11月p.16『達第二百二十四號 軍備補充費ヲ以テ建造中ノ戰艦加賀及巡洋戰艦赤城ノ艦種ヲ航空母艦ニ改メラル 大正十二年十一月十九日 海軍大臣 財部彪』
  28. ^ #達大正12年11月p.16『達第二百二十六號 軍備補充費ヲ以テ大正十年度ニ於テ建造ニ着手スヘキ航空母艦翔鶴ノ建造ヲ取止メラル 大正十二年十一月十九日 海軍大臣 財部彪』
  29. ^ #達大正12年11月p.16『達第二百二十五號 艦艇類別等級表中航空母艦ノ欄鳳翔ノ下ニ加賀、赤城ヲ加ヘ戰艦ノ欄加賀及巡洋戰艦ノ欄赤城ヲ削除ス|大正十二年十一月十九日 海軍大臣財部彪』
  30. ^ #達大正12年11月p.16『達第二百二十七號 艦艇類別等級表中航空母艦ノ欄「翔鶴」ヲ削除ス 大正十二年十一月十九日 海軍大臣 財部彪』
  31. ^ #達大正13年4月p.9『達第四十號 軍備補充費ヲ以テ建造スヘキ左記軍艦ノ建造ヲ取止メラル|大正十三年四月十四日 海軍大臣村上格一|記 戰艦 土佐、紀伊、尾張|巡洋戰艦 天城、高雄、愛宕』
  32. ^ #達大正13年4月p.9『達第四十一號 艦艇類別等級表中戰艦ノ欄ヨリ土佐、紀伊、尾張ヲ、巡洋戰艦ノ欄ヨリ天城、高雄、愛宕ヲ削除ス|大正十三年四月十四日 海軍大臣村上格一』
  33. ^ 「軍艦赤城」p.14等
  34. ^ 「赤城艦隊編入に関する件」pp.6-7
  35. ^ 「軍艦加賀を航空母艦に改造する件」p.2-3
  36. ^ 「赤城建造予算減額の件」p.7-8
  37. ^ 『世界の艦船 2011年1月号増刊 日本航空母艦史』21頁
  38. ^ a b #ポケット海軍年鑑(1937)p.21『航空母艦"加賀 かが" 全要目{排水量26,900噸 速力23.0節 備砲20糎砲10門 12糎高角砲12門 起工大正9年7月 竣工昭和3年3月 建造所横須賀海軍工廠}全長217.93米、最大幅31.24米、平均吃水6.50米。赤城と同様ワシントン條約のため戰艦から航母に改造され、大正9年7月起工され、約9年半後の昭和3年3月やつと竣工を遂げた。今日の趨勢では大型航空母艦よりも7,000噸乃至10,000噸のものが多く建造されてゐるが、三段の甲板を持ち、搭載機の着發甲板が夫々別になつてゐる大型航空母艦の價値も自ら別のものがある。20糎砲10門の一等巡洋艦と7,000噸の航空母艦とを一艦に合せたものがこれであると思へば、造艦の魔術に對して今更に脅威の目を瞠らざるを得ない。』
  39. ^ #続 炎の海16頁
  40. ^ 「3.資料(一)(艦船要目、艦船表、その他)分割3」pp.5,29
  41. ^ 『日本軍艦集 : 2600年版』p.13-14
  42. ^ #続 炎の海24頁
  43. ^ 歴史群像シリーズ太平洋戦史スペシャルvol.3「決定版 日本の航空母艦」学研パブリッシング p.10
  44. ^ #続 炎の海33頁
  45. ^ a b c d e f #太平洋の試練(下)251-252頁
  46. ^ #続 炎の海41頁
  47. ^ a b #炎の海149頁
  48. ^ #続 炎の海51頁
  49. ^ #続 炎の海38-39頁
  50. ^ #続 炎の海91頁
  51. ^ #続 炎の海42頁
  52. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.10
  53. ^ #続 炎の海30頁
  54. ^ #炎の海147頁
  55. ^ 「飛行機格納数」(航空隊設備関係説明資料)
  56. ^ 『戦史叢書10 ハワイ作戦』111頁、文芸春秋『完本・太平洋戦争〈上〉』1991年39-40頁
  57. ^ 『海を征く』(東水社、1943年)p.6
  58. ^ 『山本元帥 : 少国民伝記』p.55、『聖将:山本元帥伝』p.98
  59. ^ 『聖将:山本元帥伝』p.99
  60. ^ 『聖将:山本元帥伝』p.100
  61. ^ #橋本信号員47頁
  62. ^ #海軍の選択p.139-140
  63. ^ #大和檣頭下に死す214頁
  64. ^ #登號(Y)作戦の爲第21軍第5艦隊間協定p.18
  65. ^ #橋本信号員48頁
  66. ^ 『週報 第123号』p.17
  67. ^ #登號(Y)作戦の爲第21軍第5艦隊間協定pp.12,14,44
  68. ^ 『週報 第122号』p.17「大本営陸海軍部公表、昭和14年2月10日、海南島奇襲上陸に成功せり」
  69. ^ #大和檣頭下に死す215-217頁、#橋本信号員47頁
  70. ^ #登號(Y)作戦の爲飯田支隊第4飛行団第1航空部隊第2航空部隊間協定案p.13
  71. ^ #海軍の選択pp.157-158
  72. ^ #海軍の選択pp.180-181
  73. ^ #昭和17年度帝国海軍戦時編制・駆逐隊他p.1『呉|第十一驅逐隊|吹雪、白雪、初雪|(戦時編制ニ依ル所属)第一航空戦隊』
  74. ^ #昭和17年度帝国海軍戦時編制・駆逐隊他p.1『呉|第五十一驅逐隊|薄雲、白雲|(戦時編制ニ依ル所属)第五航空戦隊』
  75. ^ #昭和17年度帝国海軍戦時編制p.5『艦隊|第一航空艦隊|第一航空戦隊/翔鶴、瑞鶴、第十一驅逐隊|第二航空戦隊/蒼龍・飛龍・第十二驅逐隊|第四航空戦隊/龍驤、《飛鷹》、《隼鷹》、第三驅逐隊|第五航空戦隊/赤城、加賀、第五十一驅逐隊|第六航空戦隊/《第三十一驅逐隊》/特設航空母艦三』
  76. ^ #橋本信号員64頁
  77. ^ 面白いほどよくわかる太平洋戦争 日本文芸社 p.37
  78. ^ #電信員遺稿11-12頁
  79. ^ #電信員遺稿14頁
  80. ^ 「赤城飛行機隊戦闘行動調書(1)」pp.1-3
  81. ^ 「赤城飛行機隊戦闘行動調書(1)」pp.1-2
  82. ^ 「赤城飛行機隊戦闘行動調書(1)」pp.3-4
  83. ^ #電信員遺稿30頁
  84. ^ 「赤城飛行機隊戦闘行動調書(1)」pp.10-29
  85. ^ 「赤城飛行機隊戦闘行動調書(1)」pp.30-36
  86. ^ 「赤城飛行機隊戦闘行動調書(2)」pp.2-5
  87. ^ #海軍軍医日記抄40頁
  88. ^ #炎の海155頁
  89. ^ 「赤城飛行機隊戦闘行動調書(2)」pp.17-24
  90. ^ #橋本信号員98頁。#炎の海184頁
  91. ^ #橋本信号員99頁。#炎の海185頁
  92. ^ #電信員遺稿109-110頁
  93. ^ #駆逐艦隊悲劇の記録26頁
  94. ^ #空母機動部隊(2010)98頁
  95. ^ #橋本信号員102頁
  96. ^ #炎の海198頁
  97. ^ #続 炎の海58頁、64-65頁
  98. ^ #橋本信号員108頁
  99. ^ #続 炎の海97-98頁
  100. ^ #太平洋の試練(下)271頁
  101. ^ #橋本信号員108頁。「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.6
  102. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(4)」p.46
  103. ^ #淵田自叙伝197-198頁
  104. ^ #電信員遺稿114頁、#続 炎の海112頁
  105. ^ #電信員遺稿115頁
  106. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.7
  107. ^ #電信員遺稿117頁、「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.9
  108. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」p.38
  109. ^ #橋本信号員123-126頁
  110. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.20
  111. ^ #橋本信号員130-131頁
  112. ^ #電信員遺稿121頁
  113. ^ #電信員遺稿122頁
  114. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.17
  115. ^ #橋本信号員136頁
  116. ^ a b c d 「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」p.39
  117. ^ a b #太平洋の試練(下)278頁
  118. ^ a b #ロード、逆転154-155頁
  119. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.26
  120. ^ #橋本信号員137頁
  121. ^ a b c 「第1航空艦隊戦闘詳報(4)」p.20
  122. ^ a b #太平洋の試練(下)280頁
  123. ^ a b c d e #ロード、逆転168-169頁
  124. ^ #炎の海256頁、#続 炎の海151頁
  125. ^ #空母機動部隊(2010)86頁、#橋本信号員138頁
  126. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.26、「赤城飛行機隊戦闘行動調書(2)」p.32
  127. ^ #零戦の攻防19頁、#証言(文庫)100頁
  128. ^ #電信員遺稿123頁、#炎の海255-256頁、#橋本信号員139頁
  129. ^ #橋本信号員139頁
  130. ^ #続 炎の海154頁
  131. ^ #空母機動部隊(2010)87頁
  132. ^ a b c 「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.28
  133. ^ #橋本信号員143頁
  134. ^ #炎の海259頁、#続 炎の海155-156頁
  135. ^ #電信員遺稿129頁、#炎の海261頁
  136. ^ #続 炎の海161頁
  137. ^ #炎の海262頁
  138. ^ a b c 「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」p.40
  139. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.29
  140. ^ #戦艦大和最後の艦長153頁
  141. ^ #続 炎の海165頁、#橋本信号員147-148頁
  142. ^ a b #零戦の攻防20頁
  143. ^ #橋本信号員147-148頁
  144. ^ #戦艦大和最後の艦長153-154頁
  145. ^ 「太平洋戦争証言シリーズ7 運命の海戦 ミッドウェー敗残記」月刊「丸」p.129
  146. ^ #続 炎の海158頁
  147. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.30
  148. ^ #続 炎の海219頁
  149. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.31
  150. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.32
  151. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.33
  152. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.35
  153. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.41
  154. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.43
  155. ^ #電信員遺稿130頁、「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.46
  156. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(3)」p.2
  157. ^ a b 「第1航空艦隊戦闘詳報(3)」p.5
  158. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(3)」p.6
  159. ^ a b 「第1航空艦隊戦闘詳報(3)」p.8
  160. ^ a b #ロード、逆転221-222頁
  161. ^ #戦艦大和最後の艦長162頁
  162. ^ #空母機動部隊(2010)89-90頁
  163. ^ #戦艦大和最後の艦長162-163頁、#駆逐艦隊悲劇の記録73頁
  164. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(3)」pp.13-14
  165. ^ a b #太平洋の試練(下)318-319頁
  166. ^ a b c 「第1航空艦隊戦闘詳報(3)」p.14
  167. ^ #橋本信号員171頁
  168. ^ #駆逐艦隊悲劇の記録78頁
  169. ^ #電信員遺稿131頁
  170. ^ #戦艦大和最後の艦長164頁
  171. ^ #駆逐艦隊悲劇の記録82頁(萩風の砲術長によれば嵐と萩風の魚雷起爆、野分不発)
  172. ^ #電信員遺稿132頁、#続 炎の海221頁。#亀井戦記515頁
  173. ^ #証言(文庫)328-329頁
  174. ^ #野分物語(文庫)25頁(古閑野分駆逐艦長の回想)
  175. ^ #駆逐艦隊悲劇の記録83頁
  176. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(4)」p.47
  177. ^ #澤地記録
  178. ^ 「赤城飛行機隊戦闘行動調書(2)」p.32
  179. ^ #海軍造船技術概要pp.238-239
  180. ^ a b c d e #戦史叢書31海軍軍戦備1付表第三その一「昭和六年三月調艦艇要目等一覧表その1 軍艦」
  181. ^ #海軍制度沿革巻十の2p.685。大正十四年四月二十二日(内令一一〇)航空母艦定員表 其三。士官59人、特務士官17人、准士官24人、下士官376人、兵924人。
  182. ^ #海軍制度沿革巻十の2p.727。昭和九年四月一日(内令一三九)航空母艦定員表 其ノ二。士官65人(内兼務1人)、特務士官17人、准士官24人、下士官295人、兵899人。
  183. ^ #海軍制度沿革巻十の2p.767。昭和十二年四月二十三日(内令一六九)第五十表、航空母艦定員表 其二。士官77人、特務士官41人、准士官58人、下士官505人、兵946人。
  184. ^ #長谷川-日本の航空母艦p.296
  185. ^ #海軍艦艇史3p.330
  186. ^ #海軍艦艇史3p.333
  187. ^ #長谷川-日本の航空母艦p.325
  188. ^ #海軍の選択p.62頁
  189. ^ #海軍の選択p.63
  190. ^ #海軍の選択p.72
  191. ^ #海軍反省会3p.223
  192. ^ #海軍の選択p.73、#海軍反省会3p.224
  193. ^ a b c d e #海軍の選択pp.69-71
  194. ^ #海軍反省会3p.225
  195. ^ a b #海軍の選択pp.74-75
  196. ^ 吉村昭 『深海の使者』
  197. ^ a b #海軍の選択pp.76-78
  198. ^ 映画『永遠の0』を制作した白組のオフィスに潜入”. WiredJapan. 2014年1月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]