コンスティテューション級

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コンスティテューション級
Constitution class
USS Enterprise NCC-1701 schematic.svg
初代エンタープライズ
登場(最初)宇宙大作戦
所属 宇宙艦隊
概要
攻撃システム フェイザー
光子魚雷
防御システム シールド
推進システム インパルス・ドライブ
ワープ・ドライブ

コンスティテューション級( - きゅう、Constitution class)は、アメリカのSFテレビドラマ/映画『スタートレック』シリーズに登場する惑星連邦宇宙艦隊保有の宇宙船の艦級名の一つである。なお、「コンスティテューション」は英語で憲法という意味である。

概要[編集]

コンスティテューション級は、『スタートレック』シリーズの最初のテレビドラマ作品である『宇宙大作戦』に、主人公のカーク船長の船であるU.S.S.エンタープライズ NCC-1701の艦級として登場する。『宇宙大作戦』には、他にU.S.S.ポチョムキンやU.S.S.ディファイアントなどの同級艦(同型艦)が登場する。

『宇宙大作戦』終了後の劇場版やテレビシリーズで登場する惑星連邦艦はすべてコンスティテューション級のデザインを踏襲したものとなっており、スタートレックの美術面での原点である。

後述にもある通りこの艦級はさまざまなバリエーションがあるが、総じた特徴は23世紀中期の深宇宙探査艦であることである。全長は約300m。最上層階である第1デッキに司令室であるメインブリッジがある。反物質を燃料とし、最高速度はワープ9(光速の729倍)。武装はフェイザー砲と光子魚雷、防御シールドを搭載。転送装置によりクルーは母艦ごと大気圏に突入することなく惑星地表に上陸できる。

なお、非常に類似している名前の艦級として「コンステレーション(英語で星座という意味)級」があるが、この二つは別の艦級であり、文庫本『宇宙大作戦』シリーズでもしばしば間違われている。

デザイン[編集]

初代エンタープライズのデザインはマット・ジェフリーズ。「空飛ぶ円盤」と「ロケット」という宇宙船としてはありきたりなデザインを融合させ、それらをシンプルにまとめたものという、今日でも斬新さを感じさせる優れたデザインがされている。

形状は、円盤状の第1船体(円盤部)と、円筒状の第2船体(推進部)が板状のドーサルネックで接続されている。第2船体背面には翼のように広がるワープナセルパイロンがあり、その先に2対の円筒状のワープナセルが接続する。第2船体艦首にはパラボラアンテナ状のデフレクター盤が設置されている。円柱のデッサン要素のみで構成されているシンプルなデザインであるため非常に印象に残りやすく、「エンタープライズを描けない子供はいない」とまで言われたほどである。

後発シリーズの連邦宇宙艦デザインについては、主人公の艦はコンスティテューション級のデザインを踏襲したものが多く、その他のモブ宇宙艦は第2船体を省略し円盤部とワープナセルが直結したものが多い。

バリエーション[編集]

コンスティテューション級は初代エンタープライズの艦級ということもあり、リメイクによる再登場を繰り返すため、スタートレックの宇宙艦の中で最も形状にバリエーションが多い艦級である。ただし現実世界の軍艦や空母においても、改装によりまったく別の船舶のようになってしまったとしても艦級は変化しない。そのためコンスティテューション級も一見すると同じ船には見えなくとも、スタートレックファンにとっては全てコンスティテューション級である。

初代エンタープライズ型[編集]

1966年に初登場した初代エンタープライズの型。全体的な形状はこの時点ですでに完成されており、スタートレックの全ての惑星連邦宇宙艦の基本の形となっている。全長289m。

エンタープライズA型[編集]

1979年の「劇場版スタートレック」に登場した、リファインされたエンタープライズの型で、「コンスティテューション級・改」と呼ばれる。全体的に直線を多用した精悍なデザインとなっており、デフレクター盤やワープナセルの青い発光、細部に至るまでの細かな機関ディティールや電飾の美しさなど、こちらもスタートレックの連邦宇宙艦デザインの基本となっている。全長305m。

リブート版エンタープライズ型[編集]

2009年の劇場版「スター・トレック」に登場した型で、J・J・エイブラムス監督にちなみ「JJプライズ」とも呼ばれる。前述の2つの型のデザインを組み合わせ、21世紀らしい強くスタイリッシュな船として生まれ変わった。次作の「スター・トレック イントゥダークネス」では劇中で壊滅的なダメージを負い、改装修理を受けた際に細部がマイナーチェンジされる。全長725m。

リブート版エンタープライズA型[編集]

2016年の劇場版「スター・トレック ビヨンド」のラストシーンに登場。リブート版のデザインをさらに切り込み、アレンジしたものとなっている。コンスティテューション級の中では最も流線形で独特である。

ディスカバリー型[編集]

2018年、「スタートレック:ディスカバリー」の15、16話に登場した初代エンタープライズの型。リブート版とは打って変わり、オリジナルの初代エンタープライズ型をほぼ原形そのままに踏襲したデザインとなっている。ただしワープナセルやワープナセルパイロン、インパルスエンジン、各所のライトアップなどが現代風にマイナーチェンジされている。28、29話では大規模な特撮シーンが多く、U.S.S.ディスカバリーと共にこの新しいエンタープライズの雄姿を楽しむことができる。全長442m。

コンスティテューション級宇宙船一覧[編集]

U.S.S.イーグル(U.S.S.Eagle、NCC-956) 
映画第6作「未知の世界」に登場したカーク・マッコイ奪還作戦の計画書に名前とシルエットが描かれている。
U.S.S.イントレピッド(U.S.S.Intrepid、NCC-1631) 
2268年、ガンマ7A星系の近くで遭遇した宇宙アメーバの攻撃を受け撃沈された。なお、クルーは全員バルカン人だった。船名はアメリカの軍艦によく用いられる名称(イントレピッド (空母)など)。
U.S.S.エクセター(U.S.S.Exeter、NCC-1672[1]) 
ロナルド・トレーシー大佐の指揮。2268年、船長がオメガ4号星から持ち込んだ細菌に感染し、船長以外の全クルーが死亡した。船名はイギリスの重巡洋艦エクセターに由来。
U.S.S.エンタープライズ(U.S.S.Enterprise、NCC-1701) 
エンタープライズ (スタートレック)を参照。
U.S.S.エンタープライズA(U.S.S.Enterprise、NCC-1701-A) 
エンタープライズ (スタートレック)を参照。
U.S.S.コンゴウ(U.S.S.Kongō、NCC-1710) 
船名は日本の軍艦金剛に由来。画面・セリフには一切登場しないが、ST6の作戦計画書の画面に写っていない部分にその名が見られる。また当初よりプラモデルのデカールに含まれており、設定としては古くから存在した。
U.S.S.コンスティテューション(U.S.S.Constitution、NCC-1700) 
コンスティテューション級の一番艦と考えられている。もともとコンスティチューションと名付けられる予定だったスペースシャトルの試作機がエンタープライズと名付けられた返礼のような形でそれまで「スターシップ級」と呼ばれていた本クラスが「コンスティテューション級」とされたもの。
U.S.S.コンステレーション(U.S.S.Constellation、NCC-1017) 
マット・デッカー准将の指揮。2267年、L-374星系の近くで超巨大無人兵器「惑星の殺し屋」と交戦し大破、放棄される。その後応急修理で再稼動し、「惑星の殺し屋」を内部から破壊するため自爆させられた。船名は星座の意。
U.S.S.ディファイアント(U.S.S.Defiant、NCC-1764) 
U.S.S.ディファイアントを参照。
U.S.S.ファラガット(U.S.S.Farragut、NCC-1647) 
ガロヴィック大佐の指揮。2257年、ダイコス4号星で遭遇したダイキロニウム・ガス怪獣の攻撃を受け、クルー200名が死亡した。ジェームズ・T・カークが最初に配属された船で、カークは生存者の一人である。アメリカ南北戦争の北軍提督デヴィッド・ファラガットに由来。
U.S.S.ヨークタウン(U.S.S.Yorktown、NCC-1717)
ジョエル・ランドルフ大佐の指揮。2286年、太陽系にやって来た異星人の探査機の影響で機能不全に陥った。船名はアメリカの空母ヨークタウン (CV-5)に由来。なお、最初期の草稿においては主役艦の名はエンタープライズではなくヨークタウンだった。
U.S.S.リパブリック(U.S.S.Republic、NCC-1371) 
2250年頃、宇宙艦隊アカデミーの学生だったジェームズ・T・カークが少尉として訓練乗務していた船。
U.S.S.レキシントン(U.S.S.Lexington、NCC-1709) 
ロバート・ウェスリー准将の指揮。2268年、M-5コンピューター演習に参加したがM-5に乗っ取られたU.S.S.エンタープライズの実弾射撃を受け、クルー53名が死亡した。船名はアメリカの空母レキシントン (CV-2)に由来。
U.S.S.エクスカリバー(U.S.S.Excalibur、NCC-1664) 
ハリス大佐の指揮。2268年、M-5コンピューター演習に参加したがM-5に乗っ取られたU.S.S.エンタープライズの実弾射撃を受け、クルーは全員死亡した。船名はアーサー王物語の聖剣エクスカリバーに由来。
U.S.S.フッド(U.S.S.Hood、NCC-1703) 
2268年のM-5コンピューター演習に参加した船の一隻。船名はイギリスの戦艦フッドに由来。
U.S.S.ポチョムキン(U.S.S.Potemkin、NCC-1657) 
2268年のM-5コンピューター演習に参加した船の一隻。船名はロシアの軍艦ポチョムキンに由来。なお上記4隻は、旧TV版では「四分割したTV画面それぞれにエンタープライズ号の映像を同時表示することで、「四隻」を同時に表示する」手法で登場した(現デジタルリマスター版では、普通にCGで4隻の艦隊が表現されている)。
U.S.S.ルーベン・ジェームズ(U.S.S.Reuben James) 
ジャコボ・ロス准将の指揮。2265年、クリンゴン帝国との中立地帯に近いドロザナ星系の宇宙基地に駐留。船名は19世紀初頭のアメリカ海軍兵士、ルーベン・ジェームズに由来。「Star Trek Online」に登場。

[編集]

  1. ^ 『宇宙大作戦』デジタルリマスター版で設定された番号

関連項目[編集]